FXでサラリーマン・会社員は稼げる?サラリーマンFX手法のポイントを紹介

FXのサラリーマン

会社に勤めている多くのサラリーマンは、1日のほとんどの時間を本業に費やしていることでしょう。

しかし、昇進・昇給のチャンスが訪れない、期待していたほどのボーナスを受け取れなかった、という理由から「FX取引で副収入を得られたら生活が楽になるのに」と思っている方もいるのではないでしょうか。

先に結論を述べると、自分のトレードスキルに見合った取引や利益を狙うのであれば、FXでお小遣い程度のお金を稼ぐことは可能です。

この記事では、FXに興味があるサラリーマンに向けて、押さえておくべきコツやおすすめのFX会社を紹介していきます!

【FXで最速利益を出す秘訣】

FXで効率よく利益を出す最大の秘訣は、自分に合ったFX口座を使うことです。

「稼げるFX口座が分からない」「どの口座を開設するか迷っている」という方は、以下のFX口座を2つとも開設しておき、両方を1ヶ月使ってみて自分に合う口座を使い続けるのがおすすめです!

迷ったらコレ!
  • 裁量取引(自分自身でFXトレード)をしたい方は
    → 総合的なバランスが取れた圧倒的大人気の定番口座GMOクリック証券
  • FXに興味があるけれど、自分の力で稼げるか不安な方は
    → プロのFX取引を24時間自動で完全コピー!自動売買No.1の外為オンライン

どちらも完全無料で口座を開設できるので、気軽に開設して、使い勝手を自分の目で確かめてくださいね!

目次

FXでサラリーマン・会社員が稼ぐことは可能?

終身雇用が崩れかけている現代では、副業や資産運用を意識しているサラリーマンも増加傾向にあります。

その中には、身近な投資として株取引やFX取引を挙げる方も多いと思いますが、「株はなんとなく馴染みがあるけれど、FXで利益を出すのは難しそう」と感じている方もいるでしょう。

冒頭でも述べた通り、サラリーマンでもFX取引で稼ぐチャンスはあります。

FXを始めたばかりの時は損失を出してしまうことの方が多いものの、トレード経験を着実に積み上げていくことで、毎月数千円~数万円を儲けられるようになります。また、本業の収入以上に稼ぐサラリーマントレーダーもいます。

ちなみに、毎年数千万円~数億円の規模で稼ぐ「億トレーダー」のイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際に億トレーダーになる人はほんの一握りです。ここでは、現実的にどのくらい稼げるのかを見ていきましょう。

FXで稼ぐサラリーマンは約6割

2018年に金融先物取引業協会が実施した調査によると、FX経験者の約6割が利益を出しているようです。

利益を出している人の割合を職業別に比較したものがこちらです。

職業利益を出している人の割合
自営業主・自由業・家族従業者63.6%
常勤雇用(役員・管理職)73.6%
常勤雇用(非管理職)60.4%
パート・アルバイト53.5%
専業主婦・主夫54.3%
無職・年金受給者53.4%
その他25.0%

このように、サラリーマンに分類される常勤雇用(役員・管理職)は73.6%、常勤雇用(非管理職)は60.4%がFX取引で儲けていて、平均以上の利益を上げていると言えます。

ちなみに、トレーダー全体の利益額は「20万円未満」が35.6%で最多となっており、大きく稼ぐというよりは、お小遣い程度を稼いでいる人がほとんどです。

実際、サラリーマンがFXで一攫千金を狙うのにはかなり大きなリスクも伴います。FX取引に挑戦する際には、「趣味に充てられるお金を稼ぐ」「将来に向けて資産形成を少しずつ行う」という気持ちを持った方が良いでしょう。

また、FX取引は投資の一種なので、当然損失を抱えるリスクもありますが、リスクコントロールを徹底し、トータルの損益をプラスにすることを意識すれば、サラリーマンでも稼ぐチャンスがありますよ。

FXでサラリーマンが稼いでも副業にはならない

副業禁止の会社に勤めているサラリーマンの中には、「FXは副業になるのでは」と心配している方もいるかもしれませんが、一般的に「FXは副業に該当しない」と言われています。

そもそも副業とは「主な収入を得るために携わる本業以外の仕事・労働のこと」と定義されるものです。FX取引や株取引などの投資は仕事・労働とは言えないため、副業と見なされません。

また、公務員は副業を全面的に禁じられていますが、公務員でもFX取引で稼ぐことは可能です。

国家公務員法・地方公務員法では以下のように副業を禁止する条文があるものの、投資自体を禁止するとは書かれていないので安心してくださいね。

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

国家公務員法 第103条第1項

職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

国家公務員法 第104条第1項

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。ただし、非常勤職員(短時間勤務の職を占める職員及び第二十二条の二第一項第二号に掲げる職員を除く。)については、この限りでない。

地方公務員法第38条

つまり、公務員がアルバイトなどの兼職をしたり、企業経営をしたりするのは規約違反になります。一方、FX取引・株取引は「投資」なので、副業には該当しないと覚えておきましょう。

サラリーマンや公務員など、本業が忙しい方でもFXの自動売買ツールを活用することで、お小遣い程度の金額を稼げるチャンスは十分あります!

特に外為オンラインの「iサイクル2取引」は初心者を含む全体の利益実績が95.75%と、これからFXを始める方でも儲けやすくなっています。自動売買なら、仕事をしている時間でも利益を狙ってくれるので、本業との両立もしやすいですよ!

\ 最大150,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

サラリーマンのFX手法は何がおすすめ?意識すべきコツを解説

続いて、サラリーマンがFXを始める際に意識しておきたいことを紹介します。

ここで紹介するポイントは、サラリーマン以外の経営者や主婦、大学生がFX取引をする場合にも当てはまる、基本的な考え方になるので、しっかり押さえておきましょう。

  • FXに関する知識を身に着ける
  • デモトレードや少額トレードから始める
  • 自分の生活スタイルに合ったトレードを行う
  • 利益を出すには負けも必要だと理解する

それぞれ解説していきます。

FXに関する知識を身に着ける

1つ目は「FXに関する知識を身に着ける」です。

FXをギャンブルの一種だと勘違いしている方もいますが、FXは投資に分類されます。

確かに、相場は上昇するか下落するかの2択のため、「なんとなく」で取引してもビギナーズラックで勝てることもあります。しかし、それでは安定して稼ぐのはほぼ不可能で、いずれ大きな損失を抱えることになるでしょう。

FX取引で安定した収入を得るのであれば、FXの仕組みをしっかり理解する必要があります。

近年の資産形成ブームに伴い、FXに関する書籍も多数出版されていますし、FX未経験者向けのWEB記事・動画・セミナーなどの教育コンテンツを配信するFX会社も少なからず存在します。

特にFX会社の教育コンテンツなら無料、または少額でFXに関する知識を身に着けられるので、自分に合った方法で勉強することをおすすめします。

「FXの基礎知識について理解できたら、それらを実際にトレードの練習で生かす」など、焦らず着実にステップを踏んでいくことで、利益を出せるようになります。最初の目安として、相場分析できるくらいの知識を目指しましょう。

デモトレードや少額トレードから始める

2つ目は「デモトレードや少額トレードから始める」です。

多くのFX会社が対応している「デモトレード」とは、仮想資金を使って実際のチャート・取引ツールをもとにトレードの練習を行えるサービスのことです。

デモトレードではリアルマネーを使わない分、勝っても負けても実際の損益はゼロのままです。そのため、リスクを一切負うことなくFXの練習に集中したい方や、気軽にFX取引の雰囲気を味わいたい方にぴったりです。

また、デモトレードでは本番ならではの緊張感を味わえないので、少額からリアルトレードで実戦経験を積むトレーダーも多く存在します。例えば、松井証券やSBI FXトレードなら1通貨からの超少額取引に対応しています。

例えば、米ドル円が150円の場合、150円からポジションを保有できます。最大25倍のレバレッジをかけると、150÷25=6円からリアルトレードできるので、デモ取引と似たような感覚で取引することも可能です。

FX会社のほとんどは最低取引単位を1万通貨に設定していますが、最近は1,000通貨からの取引に対応する会社も増えてきました。1,000通貨なら5万円程度で低リスクの取引ができるため、デモ取引よりも良い経験になるでしょう。

自分の生活スタイルに合ったトレードを行う

3つ目は「自分の生活スタイルに合ったトレードを行う」です。

FX取引は基本的に平日24時間いつでも行えます。インターネット環境さえ確保できれば、通勤時間やお昼の休憩時間などのスキマ時間を活用して取引することも可能なので、平日勤務のサラリーマンでも利益を狙いやすいと言えます。

しかし、深夜帯でもFX取引できるからといって、朝方までトレードに熱中してしまい寝不足だったり、レートを気にするあまり本業の仕事が手につかなくなったりしては本末転倒です。

サラリーマンがFX取引で狙うのは、あくまでお小遣い程度の金額で、専業トレーダーのようにFXで得た利益だけで生活するわけではありません。本来の目的は収入源を増やすことなので、本業とFXを上手に両立することが一番です。

そのため、自分の生活スタイルを無理に変えることなく、今まで通りの生活の中でスキマ時間を有効活用するようにしましょう。

利益を出すには負けも必要だと理解する

4つ目は「利益を出すには負けも必要だと理解する」です。

FX専業トレーダーでも勝ち続けられることはなく、誰でも勝ったり負けたりを繰り返しながら、トータルの損益がプラスになることを目指しています。

FX取引において重要なのは「勝率」よりも「トータルの損益」なので、負けた回数の方が多いとしても、利益額が損失額を上回っていれば成功だと言えるでしょう。

そのような状態にするには、損切りを徹底させることが欠かせません。FX初心者の場合、「放置していれば、もとに価格に戻るはずだ」と考えて、予想以上に損失を膨らませてしまう人もたくさんいます。

損切りは自分のトレード資金を守るために行うものなので、一定以上相場が逆行した場合は思い切って損失を確定させましょう。また、損失分を取り返すために無理ある取引を行うのもおすすめできません。

自分で損切りできないのであれば、エントリー後に「逆指値注文」を入れておき、自動で損切りできる仕組みを作っておくようにしてください。また、メンタルに左右されやすい方は自動売買ツールの活用も有効です。

感情に振り回されて損切りできない方は、自動売買の利用をおすすめします。

特に外為オンラインの「iサイクル2取引」は相場変動に合わせて自動で追従してくれるので、本業が忙しくFX取引の時間を確保できない方でも利益を狙えます。実際、初心者を含む全体の利益実績が95.75%と非常に高いため、一度使ってみる価値はありますよ!

\ 最大150,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

FXでサラリーマン・会社員が稼ぐのにおすすめのFX会社【裁量トレード】

「FXを始めたいけれど、どのFX会社を使ったら良いのか分からない」という方向けに、サラリーマントレーダーにおすすめのFX会社を紹介します。

取引コストの安さ・取引ツールの操作性・サポート体制などを総合的に見て、サラリーマンに合っている口座を厳選したので是非参考にしてくださいね!

FX会社GMOクリック証券GMO外貨みんなのFX
おすすめ度★★★★★ 5.0★★★★☆ 4.0★★★★☆ 4.0
口座数約100万口座約44万口座約54万口座
最低取引単位1,000通貨1,000通貨1,000通貨
取引手数料0円~0円~0円~
通貨ペア20種類24種類34通貨ペア
キャッシュバック
※2024年3月現在
最大55万円最大55万円最大100万円
公式公式公式公式

それぞれ見ていきましょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 総合力が圧倒的に高く、幅広い層に人気
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供
  • 1つの口座でさまざまな投資を試せる

GMOクリック証券は総合力の高いFX会社で、総口座開設数も約100万口座と他社よりも圧倒的です。

そんなGMOクリック証券は、1,000通貨から取引可能&業界最狭水準のスプレッドを提供しており、少額トレードしやすい環境が整えられています。また、取引ツールの評判も良く、スキマ時間にスマホから取引したい方にもぴったりです。

もちろん、高性能な分析も可能で、「プラチナチャート+」というツールを使うと、38種類のテクニカル指標を使ったチャート分析を行えます。さらに、チャート画面から即発注できるスピード注文も利用可能です。

GMOクリック証券で口座開設すれば、FXだけでなく、株式やCFD、投資信託、債券などの取引も行えます。新規口座開設&取引で最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非この機会に口座開設してくださいね!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

GMO外貨

GMO外貨
GMO外貨のおすすめポイント
  • 圧倒的に狭いスプレッドで取引できる
  • レバレッジをコントロールできる
  • 即時出金に対応している

GMO外貨は、他社と比較してもスプレッドが圧倒的に低く、手元に残る利益が多いと評判のFX会社です。

最大の特徴はレバレッジを「1倍」「10倍」「25倍」のコースから選択できることで、FX初心者でもリスクコントロールしやすい環境になっています。

また、即時出金に対応しており、「300万円以下の出金」「8時50分~14時30分に依頼」のどちらも満たしていれば、出金手続きが完了してすぐに銀行口座へ着金されます。

GMO外貨なら給料日前で現金の足りない時でも、FXで得た利益をすぐに引き出すことが可能です。これからFXを始めるサラリーマンにとってメリットが多いので、是非使ってみてくださいね!

\ 口座開設&取引で最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaikaex.com/

みんなのFX

みんなのFX
みんなのFXのおすすめポイント
  • スワップポイントが高く、長期投資でも稼げる
  • 約定率が99.9%と高い
  • 手間なく入手金を行える

みんなのFXは、全体的にスワップポイントが高いFX会社です。

メジャー通貨ペアはもちろん、トルコリラ円やメキシコペソ円、南アランド円といった高金利通貨ペアも、ワンランク上のスワップポイントで利益を狙えます。そのため、長期運用で定期収入を得たいサラリーマンにもぴったりです。

また、みんなのFXでは自社開発したシステムが高速の約定スピードを達成しており、約定率99.9%を記録しています。その上、スリッページのリスクも極めて低く、相場の急変時でも安心して利益チャンスを狙えます。

みんなのFXは全国約340行の金融機関に対応し、PCやスマートフォンからダイレクト入金可能なので、思い立ったらすぐにトレードできます!気軽にFX取引を行いたい方は、是非みんなのFXを使ってみてくださいね!

\ 口座開設&取引で最大100万円キャッシュバック /

公式サイト:https://min-fx.jp/

FXでサラリーマン・会社員が稼ぐのにおすすめの自動売買ツール

「本業が忙しく、FXで取引する時間を確保できない」「つい感情任せのトレードをしてしまう」という方は、自動売買がおすすめです!

ここでは、FXをこれから始めるサラリーマンでも利益を出しやすいFX自動売買ツールを紹介します。

FX会社外為オンラインインヴァスト証券FXブロードネット
取引ツールiサイクル2取引トライオートFXトラッキングトレード
おすすめ度★★★★★ 5.0★★★★☆ 4.0★★★☆☆ 3.0
口座数約67万口座約56万口座約20万口座
最低取引単位1,000通貨から1,000通貨から1,000通貨から
取引手数料0円~片道100円片道200円
通貨ペア26通貨ペア17通貨ペア24通貨ペア
キャッシュバック
※2024年3月現在
最大15万円最大5万円最大6万円
公式公式公式公式

それぞれ見ていきましょう。

外為オンライン(iサイクル2取引)

外為オンライン【iサイクル2取引】
外為オンラインのおすすめポイント
  • FX初心者を含む全体の95.75%が儲けている
  • 24時間いつでも利益チャンスを逃さない
  • 相場変動に自動で追従してくれる

外為オンラインの「iサイクル2取引」は、全体の利益実績が95.75%という圧倒的な成績を誇る自動売買ツールです。

iサイクル2取引は、自分の資金や好みに応じて、いくつかの項目を選ぶだけで簡単にスタートできます。

具体的には、ランキング形式から注文内容を選択する「ランキング方式」、シミュレーション結果をもとに投資戦略を立てられる「マトリクス方式」、売りor買い、変動幅、対象資産を選ぶだけの「ボラティリティ方式」に分けられます。

また、新しく登場した「トレンド機能」では、システムが自動でトレンドを見極めて売買の判断をしてくれるため、本業が忙しいサラリーマンでも利益チャンスを掴みやすいですよ!

\ 最大150,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

インヴァスト証券(トライオートFX)

インヴァスト証券【トライオートFX】
インヴァスト証券のおすすめポイント
  • FX初心者の勝率91.5%と優秀な成績
  • リターン・リスクのバランスが絶妙
  • ランキングからプログラムを選ぶだけでも運用を始められる

インヴァスト証券が提供しているトライオートFXは、リスクを抑えつつリターンを狙っていく自動売買ツールです。

FX初心者の勝率でも91.5%と申し分ない上に、ランキングの中から上位のプログラムを選ぶだけで自動売買を始められる手軽さから人気急上昇中です。

また、インヴァスト証券の公式サイトでは「トライオートの基本」として、FX初心者向けの始め方や運用方法、プログラムを自作する方法などについて分かりやすく解説しているため、理解しながら運用できます。

このように、トライオートFXは「FX自動売買の設定が行えるか不安」という方でも安心して自動売買をスタートできます!運用コストも他社より安く、気軽に始めやすいため、是非使ってみてくださいね!

\ 高勝率&高収益率が魅力! /

公式サイト:https://www.invast.jp/triauto

トラッキングトレード(FXブロードネット)

トラッキングトレード
FXブロードネットのおすすめポイント
  • 通貨ペアの種類が豊富
  • FX初心者でも簡単に運用をスタートできる
  • スマホからでもスムーズに操作可能

FXブロードネットのリピート系注文「トラッキングトレード」は、シンプルなルールで自動発注されるため、注文の仕組みや利益を出すロジックが分かりやすいと評判です。

また、運用をスタートするのも非常に簡単で、「取引する通貨幅」「買いor売り」「想定変動幅」「運用額」の4つを選ぶだけでOKです。それ以降は、注文幅が相場変動に合わせて調整されるので、本業の忙しい方でも安心です。

さらに、トラッキングトレードはPCのみならず、スマホでも使えます!通勤時間や昼の休憩時間に投資成績をチェックしたり、相場の急変動時にすぐ対応できたりするのは、トラッキングトレードならではの魅力でしょう。

通貨ペアの種類も豊富で、自分が取引したい通貨ペアも見つけやすい環境なので、是非トラッキングトレードを使ってみてください!

\ 利益実績87.3%を実現! /

公式サイト:https://www.fxbroadnet.com/

サラリーマンがFXで利益を狙うメリット

サラリーマンが副収入を得る方法は、FX取引以外にも、株式や投資信託などの投資、クラウドソーシングなど多岐に渡ります。

ここでは、その中でもFX取引をおすすめする理由について、メリットと併せて紹介します。

  • 平日24時間いつでも取引できる
  • 副業扱いにならずに副収入を得られる
  • 少額から始められる
  • 経済全般に関する知識・理解を深められる

それぞれ見ていきましょう。

平日24時間いつでも取引できる

1つ目は「平日24時間いつでも取引できる」です。

ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場など、通貨の売買を行う外国為替市場は世界各地に存在しています。どこかの市場が閉じている時間帯でも、別の市場が開いていることから、FX取引は平日24時間いつでも行えます。

例えば、三大市場の一つである東京市場は、日本時間の17時にクローズする一方、ロンドン市場は日本時間の15時にオープンします。そのため、東京市場がクローズしている時間帯はロンドン市場で取引できることになります。

一方、株式投資は9時~15時しか取引を行えないため、サラリーマンが利益を狙う方法としてはおすすめできません。通勤時間や夜の自由時間にトレードできるのは、FXならではのメリットだと言えます。

ただし、日本時間の深夜~早朝はスプレッドが広がりやすいので、大きなリスクを抱えたくない方は注意してください。

副業扱いにならずに副収入を得られる

2つ目は「副業扱いにならずに副収入を得られる」です。

先述した通り、FXを始めとすると投資は副業になりません。そのため、副業禁止の会社に勤めている方や公務員でもFX取引を行えます。

もちろん、FX取引に熱中するあまり、本業に支障が出たら本末転倒ですが、上手に両立しているのであれば特に問題ありません。

ちなみに、副業に関する疑問点がある人向けに、厚生労働省は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を公表しています。どうしてもFX取引を始めるのが不安な方は、一度目を通してみてくださいね。

少額から始められる

3つ目は「少額から始められる」です。

ほとんどの投資は多額な資金を必要としますが、FXの場合は比較的少額の資金でも取引を始められます。

FXには「レバレッジ」という仕組みがあり、これを活用すると、自己資金以上よりも大きなポジションを保有できるようになるからです。金融庁に登録されている国内FX会社の場合、最大25倍のレバレッジをかけられます。

つまり、米ドル円=150円の時に1万通貨の取引をするのであれば、本来150万円の自己資金を用意しなければいけませんが、レバレッジ25倍をかけることで150万円÷25倍=6万円の自己資金でも取引できることになります。

ただし、ハイレバレッジをかけると、証拠金に対する損失の割合が大きくなり、資金を一気に減らしてしまうリスクも伴います。また、最低証拠金で取引を行うと、わずかな値動きでも強制ロスカットに遭いやすくなります。

リスクとリターンのバランスを取るためには、最低証拠金よりも余裕を持った資金を口座に入れておき、高すぎるレバレッジをかけすぎないように調整することが大切です。

最低取引単位が1,000通貨のFX会社なら、5万円~10万円の資金でリスクを抑えた取引ができると言われています。もちろん、1通貨から取引できる松井証券やSBI FXトレードなら、より少ない資金でもポジションを保有できますよ。

経済全般に関する知識・理解を深められる

4つ目は「経済全般に関する知識・理解を深められる」です。

FX取引において重要となる為替レートは、各国の金融政策・経済状況の影響を受けて変動します。例えば、以下のような経済指標・要人発言に大きく左右されます。

為替レートに影響を及ぼしやすい経済指標
  • 米国の雇用統計
  • 米国のISM製造業景況指数
  • 米国の消費者物価指数(CPI)
  • 米国の実質GDP
  • FOMC(連邦公開市場委員会)
  • 日銀金融政策決定会合
  • 中央銀行による利上げ・利下げ

取引する通貨の発行国はもちろん、上記のようなアメリカの金融政策や経済動向に注目することで、利益を狙いやすくなります。つまり、FX取引をすれば自然と経済知識を得られるようになり、知識・理解を深められるでしょう。

なお、各国の金融政策や経済動向は新聞やニュース番組だけでなく、FX会社の「経済指標カレンダー」で確認できます。FX会社の場合、アナリストレポートを提供しているところも多く、相場分析に役立てやすくなっています。

このような景気動向・経済動向から今後の相場状況を分析する方法を「ファンダメンタル分析」と言います。チャートの動き・パターンから分析する「テクニカル分析」と併せて、非常に重要な分析方法となるので覚えておきましょう。

テクニカル分析が苦手なのであれば、自動売買ツールの活用をおすすめします!

特に外為オンラインの「iサイクル2取引」は相場変動に合わせて自動で追従してくれるため、トレーダーはファンダメンタル分析に集中することも可能です。実際、iサイクル2取引を利用している方の95.75%が稼いでいるので、是非使ってみてくださいね!

\ 最大150,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

サラリーマンがFXで利益を狙うデメリット

続いて、FXでサラリーマンが利益を狙うデメリットを紹介します。

  • 土日の取引に対応していない
  • 元本割れのリスクもある

それぞれ見ていきましょう。

土日の取引に対応していない

1つ目は「土日の取引に対応していない」です。

先述したように、FX取引は平日24時間いつでも行えます。株式投資の場合は9時~15時(昼休憩の1時間を除く)しか取引できないため、サラリーマンにとってはFXの方が取引しやすいと言えるでしょう。

しかし、FX取引も土日祝日やクリスマス、元旦などは取引を行えません。「平日は仕事だから、土日休みにFX取引を行いたい」と考えているのであれば、注意が必要です。

元本割れのリスクもある

2つ目は「元本割れのリスクもある」です。

FXは投資の一つなので、いつでも利益が出るわけではありません。取引した結果、投資に使った資金以上に損する可能性も十分あります。

特にハイレバをかけてFX取引を行う場合、自己資金の25倍にあたる金額を動かせることになりますが、その分一気に大きな損失を抱えるリスクも増えてしまいます。

元本割れのリスクを抱えているのはどの投資も同じですが、くれぐれも生活費や将来のための貯蓄を自己資金として使わないようにしましょう。FX投資は、あくまで余剰資金で行うものだと頭に入れておくことが大切です。

FX自動売買ツールを活用すれば、「感情任せの取引をしてしまった」「損切りをためらってしまった」という原因で損失を抱えることがありません!

特に外為オンラインの「iサイクル2取引」は全体の95.75%が利益を出していて、裁量取引で思うように稼げなかった方でも儲かる可能性もあります!自動売買なら本業との両立もしやすいので、是非試してみてくださいね!

\ 最大150,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

サラリーマンがFXで利益を狙う際の注意点

サラリーマンがFX取引をする場合の注意点について見ていきましょう。

  • 会社にバレたくない場合は住民税を「普通徴収」で支払う
  • 会社員でもFXは確定申告の対象となる
  • 海外FXはトラブルが起きても自己責任
  • 「確実に儲かる」という話には乗らない

それぞれ確認していきます。

会社にバレたくない場合は住民税を「普通徴収」で支払う

1つ目は「会社にバレたくない場合は住民税を普通徴収で支払う」です。

FXは副業に該当しないものの、「会社に知られるのは抵抗がある」という方もいるでしょう。

住民税を納める方法は「特別徴収」と「普通徴収」に分けられますが、会社にバレることなくFX取引を行いたい場合は「普通徴収」を選ぶようにしましょう。2つの違いをまとめたものがこちらです。

住民税の納付方法
  • 特別徴収
    • 会社が毎月の給与から住民税を差し引いて、各自治体へ納付する
    • 手間がかからず、1回あたりの納税金額を抑えられる
    • 給与から天引きされる
  • 普通徴収
    • 各自治体から交付された納付通知書を使って、納税者が自分で納付する
    • 自治体によってはクレカ支払いを認めている
    • 自分のタイミングで納付できるが、滞納・納付忘れのリスクもある
    • 納付手続きを自分で行う必要なある上に、1回あたりの納税金額も大きくなる

住民税は前年度の収入によって決定されるので、FXで利益を出していると「年収=会社の給与+FXの利益」となります。

特別徴収の場合、会社が算出した住民税よりも実際の税金が高くなると、「何らかの方法で収入を得ている」と会社側に疑われてしまいます。一方、普通徴収は自分自身で納付する分、勤務先にバレにくくなるのでおすすめです。

FXで得た利益を普通徴収で支払う場合、第2表の「住民税・事業税に関する事項」→「給与、公的年金等以外の所得に係る住民税の徴収方法」→「自分で納付」を選択してください。

会社員でもFXは確定申告の対象となる

2つ目は「会社員でもFXは確定申告の対象となる」です。

サラリーマンの場合、FXで得た利益(為替差益+スワップ益)が年間20万円を超えると確定申告の対象となります。

対象となっているのにも関わらず確定申告を行わないと、ペナルティとして延滞税が課せられ、本来の納税額よりも高額を納めることになってしまいます。

しかし、FX取引の「損失の繰り越し控除」を活用すれば、取引の有無に関わらず控除期間(最長3年間)が終わるまで確定申告の対象になるものの、期間中に得た利益と損失分を相殺でき、大きな節税効果があります!

また、FXの勉強・練習をするために使ったお金は経費と見なされ、FXで得た利益から控除することも可能です。経費計上できるものをまとめたものがこちらです。

FXで経費として認められるものの例
  • プロバイダー料金
  • 為替に関する資料や書籍代
  • 消耗品や筆記用具など、100,000円未満の物品の取得費用
  • セミナーへの参加代
  • セミナー参加への交通費用
  • セミナー参加に伴う宿泊代
  • 交際費(飲食代など)
  • 家賃・光熱費
  • FXの取引のためにした借金の利息
  • 自動売買やレンタルサーバー代
  • パソコン・モニター代

FXの税金制度について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

海外FXはトラブルが起きても自己責任

3つ目は「海外FXはトラブルが起きても自己責任」です。

FXについて調べる中で、海外FX業者に関するYouTube動画、ブログ、広告を見かけた方もいるでしょう。

海外FX業者は「最大1,000倍ものハイレバ取引を行える」「追証リスクなし」「ボーナスを受け取れる」などのメリットがある一方で、「出金トラブルが多数発生している」「日本語が通じない」といったデメリットもあります。

そもそも、日本に居住している人に向けて金融商品取引を行う場合、金融庁への登録が必要です。海外FX業者はこの登録を受けていないことがほとんどで、トラブルが起きた時は利用者自身で責任を負うしかありません。

国内FX会社や金融庁から認可を受けている外資系FX会社(IG証券など)であれば、安全に使えますし、万が一トラブルが生じた時にFX会社へ追及することも可能です。

金融庁からの登録を受けているFX会社は全て最大レバレッジを25倍までに設定しているので、見分けるポイントにすると良いでしょう。

「確実に儲かる」という話には乗らない

4つ目は「確実に儲かるという話には乗らない」です。

FXに関する商材やセミナー、運用代行はたくさん存在しますが、その中でも「勝率100%」「放置していても稼げる」といった謳い文句で勧誘している業者は危険です。

投資全般において確実に儲かることはなく、勉強や実践トレードを地道に続けないと、安定して利益を出せるようにはなりません。実際、敏腕トレーダーでも負けたり買ったりを繰り返しながら、トータルの損益をプラスにしています。

また、運用代行や投資助言をする場合にも金融庁に無許可で運営することは違法になります。手っ取り早く稼ぎたいという気持ちも分かりますが、上手すぎる話に乗ってしまうと、金銭トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

利回りが高すぎるものや、元本保証と謳っているもの、金融庁の認可を受けていないものは詐欺業者や悪徳業者が運営している可能性も高いので、絶対に利用しないようにしてください。

外為オンラインの「iサイクル2取引」は、金融庁から認可を受けている&全体の勝率が95.75%なので、安心して利益を狙えます!

また、外為オンラインは初心者向けの無料セミナーも積極的に開催しており、知識を身に着けながら稼ぐことも可能です。今なら新規口座開設&取引で最大15万円のキャッシュバックを受け取れるので、今のうちに口座開設してくださいね!

\ 最大150,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitameonline.com/

FXをサラリーマン・会社員が始める際によくある質問

サラリーマンでもFXで稼ぐことは可能ですか?

はい。1ヶ月あたり数千円~数万円であれば、サラリーマンでも稼ぐことは可能です。

実際、金融先物取引業協会が実施した調査でも、サラリーマンの約6割が利益を出しています。

FXをサラリーマンが行う時、会社にバレないコツはありますか?

住民税の納付方法を「特別徴収」から「普通徴収」に変更し、自分で納付することをおすすめします。

ただし、自分で手続きを行って納付しなければいけない分、納付忘れには注意が必要です。

サラリーマンのFXブログはありますか?

はい。インターネット上には、サラリーマンが執筆したFXブログもたくさんあります。

トレード手法や目標利益額もさまざまなので、自分の状況に近いブロガーを見つけてみてくださいね。

FXサラリーマンのトレードスタイルおすすめを教えてください。

サラリーマンのFXトレードスタイルは、以下のようなものがおすすめです。

おすすめのトレードスタイル
  • エントリーする時間帯を決める
  • 常にチャートを見る必要のないトレードスタイルを確立する
  • デイトレードやスイングトレードを選ぶ
FXで法人化するのはサラリーマンでも可能ですか?

はい。サラリーマンが副業として法人化することは可能です。

サラリーマンでもFXは税金の対象となりますか?

はい。サラリーマンでもFXの利益が年間20万円を超える場合、確定申告の対象となります。

ただし、FX取引では損失の繰り越し控除や経費計上が認められているので、上手に活用してみてくださいね。

FXでサラリーマンが億り人になるポイントを教えてください。

FXでサラリーマンが億単位を稼げる可能性は低いものの、狙う利益が少額でも多額でも押さえておきたいポイントは一緒です。

押さえておきたいポイント
  • FXに関する知識を身に着ける
  • デモトレードや少額トレードから始める
  • 自分の生活スタイルに合ったトレードを行う
  • 利益を出すには負けも必要だと理解する

FXでサラリーマン・会社員が稼ぐのは可能?【まとめ】

FXでサラリーマンが稼ぐのは可能かどうか、実際にFX取引を行う際の注意点などについて解説してきました。

FXを始めとする投資は副業に該当しないため、副業禁止の会社に勤めているサラリーマンや公務員でもFX取引で副収入を狙うことは可能です。ただし、勉強や実践トレードを地道に積み重ねないと、安定して稼げるようになりません。

「少しでも早く稼げるようになりたい!」という方は、自分が使いやすいと感じるFX会社や、勝率の高い自動売買ツールを使うことをおすすめします。この記事で紹介したFX口座を最後にまとめたので、是非参考にしてください。

【FXで最速利益を出す秘訣】

FXで効率よく利益を出す最大の秘訣は、自分に合ったFX口座を使うことです。

「稼げるFX口座が分からない」「どの口座を開設するか迷っている」という方は、以下のFX口座を2つとも開設しておき、両方を1ヶ月使ってみて自分に合う口座を使い続けるのがおすすめです!

迷ったらコレ!
  • 裁量取引(自分自身でFXトレード)をしたい方は
    → 総合的なバランスが取れた圧倒的大人気の定番口座GMOクリック証券
  • FXに興味があるけれど、自分の力で稼げるか不安な方は
    → プロのFX取引を24時間自動で完全コピー!自動売買No.1の外為オンライン

どちらも完全無料で口座を開設できるので、気軽に開設して、使い勝手を自分の目で確かめてくださいね!

目次