南アフリカランドの見通し最新2024年版!10年後のAI予想&爆死しないコツ

南アフリカランドの見通し

南アフリカランドは、高金利通貨として知られており、新興国で今後成長が期待されています。そのため、今後の見通しに注目している人も多いのではないでしょうか。

南アフリカの経済指標や政治情勢などが今後の値動きに大きく影響をもたらすため、今後の見通しなどもしっかり把握しておく方が、値動きも予測しやすくなります。

この記事では、南アフリカランドの今後の見通しや南アフリカランドの運用のコツなど、南アフリカランドに絞って情報を提供していきます。

今後、南アフリカランドで取引していきたい人、南アフリカランドの取引を強化していきたい人も是非参考にしてみてください。

【FXで最速利益を出す秘訣】

FXで効率よく利益を出す最大の秘訣は、自分に合ったFX口座を使うことです。

「稼げるFX口座が分からない」「どの口座を開設するか迷っている」という方は、以下のFX口座を2つとも開設しておき、両方を1ヶ月使ってみて自分に合う口座を使い続けるのがおすすめです!

迷ったらコレ!
  • 裁量取引(自分自身でFXトレード)をしたい方は
    → 総合的なバランスが取れた圧倒的大人気の定番口座GMOクリック証券
  • FXに興味があるけれど、自分の力で稼げるか不安な方は
    → プロのFX取引を24時間自動で完全コピー!自動売買No.1の外為オンライン

どちらも完全無料で口座を開設できるので、気軽に開設して、使い勝手を自分の目で確かめてくださいね!

目次

南アフリカの基本情報

まずは、南アフリカの基本情報について見ていきましょう。

南アフリカは、アフリカの最南端に位置する国で、正式国名は南アフリカ共和国といい、アフリカの中でも群を抜いた経済力を持っています。

国名南アフリカ共和国Republic of South Africa
通貨ランド(Rand)
人口6,004万人(2021年)
面積122万平方キロメートル(日本の約3.2倍)
首都プレトリア
言語英語、アフリカーンス語、バンツー諸語など合計11言語
主要産業【農】畜業、メイズ、サトウキビ、大豆、柑橘類、その他の野菜・果物類、ジャガイモ、小麦、羊毛、皮革類【鉱】金、プラチナ、鉄鉱石、石炭、銅、クロム、マンガン、ニッケル、ダイヤモンド、バナジウム、チタン【工】食品、製鉄、化学、繊維、自動車
主要貿易品目【輸出】白金、鉄鉱石、金、石炭、自動車等【輸入】原油、機械部品、石油製品、自動車及びその部品等
GDP4,199億米ドル(2021年)
経済成長率4.9%(2021年)
物価上昇率4.6%(2021年)
主要貿易相手国【輸出】中国、米国、ドイツ、日本、英国(2021年)【輸入】中国、ドイツ、米国、インド、サウジアラビア(2021年)
総貿易額【輸出】1,185億ドル(2021年)【輸入】898億ドル(2021年)
政策金利8.25%(2024年3月)
参照:外務省「南アフリカ基礎データ」

南アフリカは、アフリカ大陸でも唯一G20に参加している国です。

豊富な資源を抱えており「資源国通貨」に位置付けられており、南アフリカの産業である、金やプラチナの価格は相関関係があるので、為替レートだけでなく貴金属のコモディティにも着目した方が今後の予測もつきやすくなります。

また、主要貿易相手国の中でも中国と強い繋がりがあるため、中国経済の影響も受けやすい特徴があります。

南アフリカランドでは2009年に国内貧困対策の取り組むべき優先課題として、経済成長加速化、持続的生計創出、経済・社会インフラ整備、土地改革及び食糧安全保障、人材開発、保健、治安、国際協力、資源管理、行政サービス向上等を掲げられているのも特徴です。

現在、南アフリカでは「失業率の高さ」「電力不足」「食料価格の高騰」が解決すべき大きな課題となっています。

特に「失業率」は深刻な問題となっており、アパルトヘイトや植民地時代の影響が未だ払拭されず長期的な構造問題に加え、そこにコロナの影響も加わり失業率が世界最高水準となっています。 

また、南アフリカの国内電力の約9割をになっている国営電力会社が経営難に陥り、インフラが老朽化したままの状態であるため、充分な電力が共有されず計画停電が行われています。

干ばつの影響で​​2022年には大洪水も発生し、自然災害が多く勃発しています。

そしてこれらも、南アフリカの経済に大きな悪影響を与えているのです。

南アフリカランドの特徴

南アフリカランドの特徴は、資源価格の影響を受けやすいという点です。

実際に2004年〜2008年頃資源価格の高騰の影響で、南アフリカランドは価格が上昇しました。

また、2015年~2016年頃には中国経済の低迷の影響を受けて価格が下落するなど、諸外国の経済影響にも左右されるのが特徴です。

2008年のリーマンショックの影響を受けて大きな下落を経験、経済悪化を背景に政策金利も継続的に引き下げを行いました。

その後、2014年に2度、政策金利の値上げを実施、現在では8.25%と高金利通貨として人気を集めています。

さらに付け加えていうと、南アフリカは、経済の自由化を促進し、経済成長の強化に取り組んでいます。

南アフリカは「BRICS」の1つとして数えられるほど経済発展をしています。

また、南アフリカランドのような新興国の通貨は、先進国の通貨に比べると流動性が低く、取引量が少ないです。

外国資本が急激に流出し通貨価格が暴落するというリスクもついてきます。

実際の例をあげると2008年のリーマンショックでの価格暴落です。

南アフリカランドと円の特徴

南アフリカランドの特徴は、なんといっても政策金利が8.25%(2024年3月)と高金利国であることです。

一方、日本はマイナス0.1%と低金利国です。

そのため、政策金利差でスワップポイントがもらえる長期取引に向いている通貨ペアと言えます。

また、先述した通り南アフリカランドは金やプラチナの価格と相関性があり、資源価格の推移にも注目する必要があります。

南アフリカと円をトレードする際には、南アフリカランドの為替レートだけではなく資源価格も参考にしましょう。

南アフリカランド円の取引には「GMOクリック証券」がおすすめです!

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカランド/円の今後の見通し

南アフリカランド/円の今後の見通しは、短期的にも長期的にも大きく上昇することが期待できないことが予想されています。

それは以下のようないくつかの要因によって、予測されています。

  • 政策金利が据え置かれる
  • 経済成長率が減速している(失業率、電力不足など)
  • 世界的に不透明な経済状況
  • 資源価格の高騰

南アフリカは、政策金利が据え置かれる状況になり、大きな上昇が期待できない状況です。

電力不足、失業率上昇などの影響で経済成長率が低迷するなどの国内情勢の不透明さ、中国とアメリカの経済状況の影響も、大きく上昇するのが厳しい要因となっています。

ただし、資源価格の高騰が南アフリカランドの上昇を後押ししていることもあり、大きな下落のリスクも薄いと予測されています。

南アフリカランドのトレード戦略

南アフリカランドでは、オーソドックスな為替差益の取引や、政策金利差を活かしたスワップポイント狙いの取引がおすすめです。

具体的な戦略を詳しく見ていきましょう。

為替差益取引

南アフリカランドが上昇したら買い、下落したら売るを繰り返し行う手法です。

為替差益を狙って利益を出していく方法には以下のようなトレード手法があります。

それぞれ特徴も一緒にご紹介するので、自分に合う手法を取り入れてみましょう。

デイトレード10分以上1日未満の間で売買取引をするトレードスタイルです。ポジションを保有して1日持ち越しをせずに、その日のうちに決済できるので、相場変動による損失を受けにくいです。
スキャルピング短時間で何度も売買取引を行うトレードスタイルです。数秒〜数分で売買を積み重ね、小さい利益を積み重ねていくのが特徴です。相場変動による損失を受けにくいですが、レートを常に見ておく必要があります。
スイングトレード2日~5日の間で売買取引をするトレードスタイルです。デイトレードよりもポジションは長い期間保有するため、レートをずっと確認する必要がありません。一度に狙える利益が大きくなるのが特徴ですが、その分、損失も大きくなります。

スワップポイント狙いの取引

スワップポイントとは、2ヵ国の通貨の間の金利差に応じた利益のことです。

スワップポイント狙いの取引は、ポジションを決済せずに保有し続け、ロールオーバーするとスワップポイントを受け取ることができる仕組みになっています。

小さい利益をコツコツ溜めていく手法で、長期的な視点で取引をしていく必要がある手法です。

南アフリカランド/円(高金利/低金利)買いポジションは、スワップポイントを受け取れますが、逆に売りポジションはマイナススワップになるので損失となるので支払いが必要になるので注意が必要です。

総合的に評価した上で南アフリカランドの取引におすすめなのは、「GMOクリック証券」です!

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカランド/円の為替チャート

南アフリカランドは、日足、週足ともに上昇トレンドが落ち着いている状況です。

ここ数年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、経済が縮小傾向にありました。

しかし、脱コロナが進み景気回復に加え、資源価格が高騰したことで南アフリカランド・円も8円台まで上昇しました。

現在は、コロナ前の水準まで戻っています。

(参照:三菱UFJ銀行公式サイト「外国為替相場チャート表」)

南アフリカランドの相場分析をするコツ

為替チャートでもご説明しましたが、南アフリカランドは以下のような要因で相場変動がされる傾向にあります。

南アフリカランドの今後を予測するには、以下の要因と動きに着目するようにしましょう。

  • 経済成長率の動き
  • 資源価格の値動き
  • 政策金利の上げ下げ
  • 貿易収支
  • 失業率
  • 製造業生産高

南アフリカランドは、諸外国の景気の影響を受けやすいことに加え、資源価格と為替レートは相関性が高いので、資源価格にも目を向けることが大切です。

また、国内情勢にも注意を向けることも重要で、貿易収支や製造業生産高、また南アフリカの課題でもある失業率もチェックしてみましょう。

南アフリカの今後の見通しを予測するために、重要な指標となるでしょう。

南アフリカランドの見通し10年後【金融機関別】

南アフリカランドの今後の見通しですが、金融機関でもぞれぞれ見解が異なるので、1つの情報に絞るのではなく、いくつかの情報を見比べておくことも大切です。

金融の専門家たちが、過去や今のデータなどから今後の見通しについて予測しているので、実際にそれぞれの見解について見ていきましょう。

野村証券

野村証券の「国際金融為替」の報告によると、南アフリカランドの今後の見通しは以下のように言及されています。

今後のランドは対ドルで軟調推移を辿ると見込まれる。電力不足問題の改善でランドの大幅減価リスクは後退したものの、財政収支への懸念がランドの逆風となるだろう。 需給面でも世界経済減速で資源価格が下落すれば、経常収支赤字の拡大がランド安圧力となる可能性がある。南ア中銀は11月23日の金融政策会合でも政策金利を据え置くと見込まれ、金融政策によるランドの大幅押し上げ効果も期待しにくい。

引用:野村証券「国際金融為替マンスリー」

野村証券では電力不足の改善で大幅下落のリスクはないものの、財政収支が懸念となり需給関係が緩み次第に価格が下落していくと予測しています。

今後も大きな値動きがないとされて、大幅な価格向上も期待できないとしています。

マネースクエア

マネースクエアのマーケット情報によると、南アフリカランドの今後の見通しとして以下のように言及しています。

SARBは7月と9月の2会合連続で政策金利を8.25%に据え置いており、市場では政策金利は今回も据え置かれるとの見方が大勢です。SARBの次の一手は利下げとなり、早ければ24年5月に利下げが行われるとの見方もあります。会合後に行われるクガニャゴSARB総裁の会見が利下げ観測を後退させるような内容になれば、南アフリカランドが堅調に推移する可能性があります。

引用:マネースクエア「マーケット情報」

マネースクエアでは、政策金利が据え置かれることで、大きな価格変動はないと予測しているものの、利下げが行われれば、為替レートも変わってくるでしょう。

利下げが後退されるのであれば、南アフリカランドは緩やかに価格上昇していくのではと予測しております。

マネックス証券

マネックス証券のマーケット情報を配信している「マネクリ」によると、南アフリカランドの今後の見通しについて以下のように言及しています。

リーマン・ショック以降、同かい離率はプラスになることが少なかったことを考えると、2022年に9円近くまで上昇した動きは、かなり「上がり過ぎ」懸念が強くなっていた可能性がある。その意味では、この1年弱で2割以上も南アフリカランド/円が急落した主因は、「上がり過ぎ」の反動ではないか。南アフリカランド/円は最近にかけて5年MAを5%程度下回ってきた。ただ、この10年余り、南アフリカランド/円の5年MAかい離率は0からマイナス30%程度の範囲で推移してきたことを考えると、まだ「上がり過ぎ」の途上に過ぎない可能性もありそうだ。

引用:マネックス証券「マネクリ」

マネックス証券では、南アフリカランドは「上がり過ぎ」の懸念から価格向上を抑える動きが働いているのではという見方を強めていましたが、まだ向上するのではないかという予想をしています。

「どのFX会社で南アフリカランドを取引するか迷う」という方は、GMOクリック証券がおすすめです!

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカ/円の値動きに特徴はある?

南アフリカランド/円の値動きには、世界経済の動向、金やプラチナの価格、政策金利などの影響を受けて値動きが変わっていきます。

南アフリカランドの上昇・下降の特徴をまとめたので、値動き予測の参考にしてみてください。

上昇傾向下降傾向
世界経済の動き好景気傾向にある不景気傾向にある
金やプラチナの価格商品価格の上昇商品価格の下落
金融政策SARBの金融引き締めSARBの金融緩和
経済指標GDPなど市場予想を上回る良い数字GDPなど市場予想を下回る悪い数字

南アフリカランドはグローバル経済にも影響を受けやすいため、世界が好景気で湧けばランドが買われやすくなります。

逆に、世界経済が不景気になると安定通貨が買われ、ランドが売られやすくなり、為替レートに影響を及ぼすのです。

このように、政策金利や経済指標などを参考に、投資家たちが南アフリカランドを売買していくため、経済指標に応じて値動きが発生するのです。

SARBとは?

金融政策の特徴で出てきたSARBとは、南アフリカ準備銀行(South African Reserve Bank)の頭文字を取った略称です。南アフリカ共和国の中央銀行を指します。

南アフリカランドの見通し【2024年】

南アフリカランドの今後の見通しについて以下の視点から見ていきましょう。

それぞれどのように南アフリカランドに影響を及ぼしていくのでしょうか。

政策金利の上昇がゆるやか

南アフリカランドの政策金利は今後もゆるやかに上昇することが予測されます。

南アフリカは、インフレ抑制のために政策金利を引き上げることがありますが、2024年は経済の困難な状況を背景に、政策金利引き上げにより経済活動が抑制されるリスクを避けるために、政策金利の引き上げが難しいと言えるでしょう。

また、南アフリカの失業率の高さ、世界経済の今後の不透明さも考慮され金利引き上げはリスクが伴うとも考えられています。

政策金利の上昇が緩やかになったことで、南アフリカランドの上昇も抑制されるでしょう。

計画停電の長期化

南アフリカは電力共有不足という大きな課題を抱えており、鉱業などの国を支える産業にとどまらず、人々の生活活動や様々な経済活動に悪影響を与えています。

この問題は、電力供給インフラの老朽化によるもので、改善のために政策を打ち出しているものの、問題解決までは時間がかかると予想されています。

これを理由にランドの価値に対するリスクとして見られる傾向にあるのです。

格付けの低下

その国の見通しを予測する1つの材料として、その国が発行した債券に対する「信用格付け」も参考になります。

格付けは格付け会社によって異なりますが、多くの格付け会社で南アフリカランドは「​​非投資適格」としています。

南アフリカの格付けが低下した1つの大きな要因として、南アフリカの財務状況の悪化があります。

南アフリカでは電力不足により、国営電力会社に資金援助を継続的に行う政策を行っており、この政策の予算がここ10年間の予算を大きく占めてしまっているのです。

これが、南アフリカの格付け低下の要因になっているとされています。

中国の先行きが不透明

南アフリカは中国と強い繋がりがあり、中国経済の影響を受けてしまう傾向にあります。

中国では、2023年にゼロコロナ対策が終わり経済回復が期待されていますが、不動産市場の低迷により経済に大きな悪影響をもたらしています。

この市場の低迷は、家計や企業の信頼感の低下を引き起こしてしまい、結果として消費が鈍化、一部のサービス産業にも不確実性が広がり悪循環が生まれています。

そんな中国の先行きが不透明な状態が南アフリカ経済にも影響を及ぼしており、ゼロコロナ対策が行われていた際は、中国への輸出量も減少傾向にありました。

経済成長率の減速

南アフリカは、近年経済成長率が減速傾向にあります。

2004年〜2007年は、雇用・所得環境の改善、通貨高、株価上昇による資産効果を背景に、個人消費拡大で経済成長率を上げてきたものの、リーマンショック以降は個人消費の鈍化、2009年には個人消費、投資、輸出が全てマイナスとなり、経済成長率も減速しました。

その後は個人消費主導で回復した経済成長率も堅調に伸びていったものの、コロナウイルス感染拡大や中国のゼロコロナ対策、計画停電などの要因から経済成長率は再度低迷し、今では低成長国に陥りつつあるとして懸念されています。

インフレが高止まり

南アフリカではインフレが高止まりを見せている状況です。

南アフリカ準備銀行(南ア中銀)の金融政策の基軸となっているのがインフレターゲティングです。

南ア中銀のインフレ率目標レンジはCPI 前年同月比上昇率 3~6%を掲げており、2011年はその目標を上回ったものの、景気鈍化の対策として2012年は政策金利を据え置くことになりました。

しかし、ランド安による輸入物価上昇が続くなかで、インフレ率が目標値を大きく上回ることを警戒し、急ピッチで利上げを実施しました。

これによりインフレ加速に大きく影響を及ぼしました。

現在は、CPI総合指数は2022年7月にピークをつけ、高水準に留まっています。

インフレターゲティングとは?

正式にはインフレーション・ターゲティング(inflation targeting)といい、中長期的なインフレ率の目標値(あるいは目標幅)を数値としてしてしていく、金融政策運営の枠組みのことです。 政策運営の透明性を高められます。

高い失業率

南アフリカでは失業率が大きな課題となっています。

南アフリカの個人消費が低迷している大きな理由には、この失業率があるのです。

実際に南アフリカの失業率は30%を超えており、新興国の中でもかなり高い数値となっています。

特に、黒人の失業率が45%を超えており、南アフリカの人口の8割が黒人を占めているため、失業率低迷の要因となっています。

この失業率の高さの主な原因として、アパルトヘイト時代に黒人の教育環境だったことが今でも影響を及ぼしていることがあげられます。

これを解消するためには、黒人の教育・技能訓練を改善し就労を促進することが必要で、これが南アフリカの今後の経済成長の中核とされています。

新興国からの資金流出

南アフリカのような新興国からの資金流出する動きが活発になっています。

外国人投資家は、新興国市場で資金の流れを反転させ、資金流出のペースを早めています。

その要因となっているのが、記憶に新しいシリコンバレー銀行の突然の破綻など、銀行の健全性や耐久性の不透明さが煽りとなり、安全資産への逃避を引き起こしました。

そのため、通貨の需要が下落し、通貨価格が下落し、さらにインフレに圧力がかかることが予測されます。

世界経済の景気の影響を受けやすい

南アフリカランドは、世界経済の景気に影響を受けやすい特性があります。

新興国通貨という位置付けであるため、世界的なリスクオフ(安全資産への逃避)の際には売られやすくなり、リスクオンの場合には買われやすくなるという流れに乗る傾向にあるのです。

最近、新型コロナウイルスの流行などの影響により、世界経済の先行きは不透明となっています。

また、インフレリスクへの懸念、各国の金融政策の正常化の動きの影響も加わり、ランドへの悪影響が強くなっています。

今後、南アフリカランドにとっては厳しい状況が続くと予想されるでしょう。

資源価格の値動き

南アフリカランドは、「資源国通貨」となっており、金やプラチナなどの貴金属、鉄鉱石などの資源価格の値動きに大きく影響します。

日本貿易振興機構によると、資源価格指数は、2022年をピークに2023年、2024年は段階的に下落するが「過去5年間の平均水準を大幅に上回る」と予測しています。

南アフリカランドもこれにより上向きになる可能性もあります。

南アフリカランド/円を取引するメリット

これまで南アフリカランドの特徴などについて解説してきましたが、南アフリカランド/円で取引するメリットについて見ていきましょう。

少額から取引できる

南アフリカランドは、少額から取引できるため、資金が少ないトレーダーでも取引しやすいメリットがあります。

南アフリカランドは、「1ランド7〜8円程度」の相場で取引がされているため、1000通貨の取引をしていきたい場合、300〜320円程度で取引することが可能です。

米ドルやユーロであれば、1000通貨の取引に約5,000円がかかることになり、比較すると南アフリカランドが少額で取引できることが分かるのではないでしょうか。

スワップポイントが高水準

南アフリカランドは、高金利通貨であるため、日本円のような低金利通貨と組み合わせスワップポイント狙いの取引がしやすく、スワップポイントも高水準であるので利益を生みやすいメリットがあります。

スワップポイントとは?

「金利差調整分」と呼ばれる2カ国間の金利差によって支払われる利益を言います。低金利通貨を売って高金利通貨を買うと、ポジションを保有している日数分だけスワップポイントを得ることができます。

スワップポイントは、ポジションを保有しているだけでコツコツ利益を得ることができるので、時間的にデイトレードが難しい人、忙しい人におすすめの取引手法です。

このスワップポイントが南アフリカランドでは多く得られる点がメリットだと言えるでしょう。

取引コストを抑えられる

南アフリカランドでは、取引コストを抑えた取引ができます。

取引コストはFX会社によっても値段は異なりますが、おおよそ南アフリカランドの場合は、0.8〜0.9銭に設定しているケースが多いです。

スプレッドとは?

FX取引をするときの買値と売値の差を言います。FX売買を行う際はこのスプレッドが取引手数料としてかかります。

スキャルピング取引やデイトレードなど取引手数料が頻繁にかかる取引手法をしていきたい人は、取引コストが少なければ少ないほど、取引もしやすくなります。

その点、南アフリカランドは少額で始められ、コストも少額に抑えられるので、FXに投資できるお金に限りがある人には大きなメリットと言えるでしょう。

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカランドは爆死・失敗?デメリットを解説

南アフリカランド/円で取引するメリットも沢山ありますが、もちろんデメリットも存在します。

今度はデメリットについて見ていきましょう。

長期的に下降トレンドを形成

南アフリカランドは、長期的に下降トレンドを形成しやすいデメリットがあります。

スワップポイント狙いで買い注文を行っていた際、下降が続くと為替差損が生まれてしまう可能性があるのです。

南アフリカランドが一時的に下降する恐れがあることを覚えておくようにしましょう。

流動性が低い

南アフリカランドは、取引量が少なく「流動性」が低い点がデメリットです。

この流動性が低いと為替レートも安定せず、狙い通りのレートで取引しにくくなります。

逆に、米ドルやユーロなどのメジャー通貨は、取引量が多く「流動性」が高いので、為替レートも安定しており、狙い通りの注文もしやすいのです。

南アフリカランドは為替レートが変動しやすいので、その点に注意するようにしましょう。

南アフリカランド取引のアドバイス【取引資金別】

南アフリカランドで取引を検討しているトレーダー向けに、取引資金別に投資のコツをご紹介します。

南アフリカランドで取引していく上での参考にしてみてください。

投資資金に余裕がない人

投資資金に余裕がない人は、南アフリカランドだけでなく投資を再検討した方が良いかもしれません。

基本的に投資とは、余剰資金を動かしていくことが前提となります。

余剰資金とは生活していく上で、万が一なくなっても生活に支障をきたさない位置にある資金です。

投資は必ず上手くいくとは限りませんし、マイナスになってしまうこともあります。

また、長期取引の場合はすぐに利益を得ることができないこともあり、焦って判断力が鈍る可能性もあります。

投資にはリスクもあるということを分かった上で、生活に支障のないレベルで投資を行っていくようにしましょう。

余剰資金でFXトレードを行っている人

既に余剰資金でFXトレードを行っている人は、「分散投資」するのがおすすめです。

南アフリカランドは、価格の値動きも激しく、急激に下落するというリスクもある通貨であるため、分散投資を行うことは大切です。

他の通貨ペアなどを購入してリスクに備える通貨ペアを分散させる方法や、一度にまとまったお金を投資するのではなく、毎月いくらと資金と時間を分散して投資する方法があります。

いずれかの分散投資方法で、リスク管理を徹底することをおすすめします。

既に南アフリカランドに投資している人

既に南アフリカランドに投資している人で、為替差損を抱えているなら、一度高い時期に買った南アフリカランドの一部を決済するのがおすすめです。

その後、6円前半の金額で購入し、反発したら売るを繰り返しましょう。

南アフリカランドは基本的に下落する通貨ですが、一時反発が起きて上昇します。

これを狙い、為替差益を積極的に狙うトレードをしていくのが良いでしょう。

また、高い時期のポジションを決済することで、平均購入単価を低下させリスクヘッジを行うことも可能です。

「南アフリカランドを有利に取引したい」という方におすすめなのはGMOクリック証券です!

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカランドを運用する方法

南アフリカランドを運用する方法をご紹介します。

南アフリカランドの高金利を利用したスワップ狙いの取引が有効です。

この章では、例としてスワップ狙いで取引する際の運用方法をご紹介しましょう。

南アフリカランドに投資する手順

南アフリカランドに投資する手順は以下となります。

  • 南アフリカランドのスワップポイントが良いFX会社の口座を開設する
  • 南アフリカランド/円を購入
  • ポジションをそのまま保有する
  • スワップポイントが溜まったら、さらに投資額を増やしスワップポイントを増やしていく

基本的にスワップポイント狙いの取引では、ポジションを保有しているだけでスワップポイントを得ることができます。

そのため、南アフリカランド/円を購入後はポジションを保有するだけで問題ありません。

また、さらに利益を積みたい場合には、さらに投資額を増やしてスワップポイント増加も狙うと良いでしょう。

南アフリカランドを運用する際のポイント

南アフリカランドを運用する際には以下のポイントを抑えておきましょう。

スワップ狙いの取引も上手く運用して行けるようになるはずです。

  • FX会社選定の際はスプレッドは比較不要、スワップポイント重視で選ぶ
  • スワップポイントは​​平均付与額が高いFX会社を選ぶ
  • レバレッジをかけすぎないようにする(5倍以下)
  • ポジション保有後は放置しないようにする

南アフリカランドで取引していくには、FX会社選びから重要になります。

FX会社は、スワップポイントを重視したFX会社を選んでいくのがポイントです。

FX会社の提供するスワップカレンダーを参考に平均付与額が高い会社を選ぶようにしましょう。

また、スワップ狙いの取引の場合はレバレッジのかけすぎにも注意が必要です。

南アフリカランドのように値動きが激しい場合、レバレッジをかけすぎてしまうと損失も大きくなりかねないので、レバレッジは5倍以下に留めるのが良いでしょう。

さらに気を付けたいのがポジションの放置です。

スワップ狙いの取引はポジションを保有しているだけで有効なので、ポジションをそのまま放置する人もいます。

ロスカットを起こしてしまうと、ポジションが自動決済されてしまうので、ある程度は値動きをチェックする必要があります。

南アフリカランドを取引する際には、相性の良いFX会社を使うことも大切です。

特にGMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカランドの取引におすすめのFX会社

南アフリカランドでの取引では、FX会社の選定も今後の取引を上手く運用できるかの鍵を握ります。

この章では、南アフリカランドの取引におすすめの8社をご紹介します。

それぞれのおすすめポイントなども参考にして、FX会社を選定してみてください。

GMOクリック証券

GMOクリック証券
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 業界高水準のスワップポイントを提供
  • マイナー通貨のスプレッドが狭い
  • 高機能チャート「プラチナチャート」を使える

GMOクリック証券は、南アフリカランドのスプレッドが業界高水準で提供している点が魅力です。

GMOクリック証券では南アフリカランドの取引強化を行っており、スワップポイントも増加しています。

さらに、南アフリカランドのスプレッドも狭く、原則固定なのでデイトレードでも使いやすいでしょう。

南アフリカランドの様々な取引手法でも対応できる総合力の高い口座です。

もう1つの魅力が取引ツールで、ニュース指標をカスタマイズできる点が好評です。

38種類のテクニカル指標が使える「プラチナチャート」は操作性も優れていて、分析もしやすいです。

また、ニュース指標もカテゴリ別に閲覧できるので、欲しい情報だけをすぐに入手することができます。

値動きが安定しない南アフリカランドだからこその嬉しい機能です。

最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数20通貨ペア
レバレッジ1~25倍
スプレッド(南アフリカランド/円)0.9銭(原則固定)
スワップポイント(南アフリカランド)買190円/売-190円
取引ツールアプリ版「GMOクリック FXneo」PC版「はっちゅう君FXプラス」
Web版「FXネオ」
ニュース指標相場見通し ・市況速報 ・経済指標 ・要人発言など
GMOクリック証券の概要

南アランド円の取引を有利に進めたい方は、是非GMOクリック証券で口座開設してみてくださいね!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

GMO外貨

GMO外貨
GMO外貨のおすすめポイント
  • レバレッジを自分で設定できる
  • 買スワップが業界内でも高水準で提供アプリが高機能!
  • ニュースやレポートも閲覧できる

GMO外貨は、買スワップが業界でも高水準で提供されており、南アフリカランドの高スワップが魅力のFX会社です。

レバレッジも自分で設定することができるのでリスク管理ができるため、スワップ狙いの長期取引にも向いています。

GMO外貨の最大の魅力は、使い勝手の良い高機能の取引ツールアプリです。

直感で操作ができるデザインと高い操作性が備わっているだけでなく、15種類のテクニカル分析、ニュースなどの情報収集もしやすく、アプリ1つで分析から注文まで完了できます。

トレーダーの注文状況を把握できる「みんなのオーダー」や、アナリストのアドバイスなどを閲覧できるレポートもアプリから入手可能です。

最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数24通貨ペア
レバレッジ個人:1倍、10倍、25倍から選択法人:1倍、10倍、25倍、50倍、100倍から選択
スプレッド(南アフリカランド/円)1.3銭(原則固定)
スワップポイント(南アフリカランド)買190円/売-204円
取引ツールアプリ版「外貨ex」PC版「外貨ex for Windows」
ニュース指標ニュース・経済指標
GMO外貨の概要

長期トレードをメインに考えている方は、GMO外貨で口座開設してくださいね!

\ 口座開設&取引で最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaikaex.com/

みんなのFX

みんなのFX
みんなのFXのおすすめポイント
  • 安定したスワップポイントを提供
  • FX取引に役立つ取引ツールを使える
  • 高い約定力で注文できる

みんなのFXは、南アフリカランドの高スワップを提供しているだけでなく、マイナススワップも低く、全体的にバランスの取れたFX会社です。

スワップ狙いの取引がしやすいだけでなく、スプレッドが0.9銭と狭く、スワップ狙いの取引もしやすい条件が揃っています。

また、みんなのFXでは、FXに役立つ独自ツールが利用できるという魅力もあります。

テクニカル分析が苦手な初心者でもトレンドの把握ができる「通貨強弱」、ニュースに対するトレーダーの反応を可視化できファンダメンタル分析に役立てる「ヒートマップ」が活用できます。

これらのおかげで、南アフリカの値動きも把握しやすくなるでしょう。

最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数33通貨ペア
レバレッジ25倍
スプレッド(南アフリカランド/円)0.9銭
スワップポイント(南アフリカランド)買171円/売-171円
取引ツールアプリ版「FXトレーダー 」PC版「FXトレーダー 」ブラウザ版「Webトレーダー」マイパフォーマンス
ニュース指標投資支援ツール「ヒートマップ」・「通貨強弱」・マーケットレポートなど
みんなのFXの概要

「南アランドの値動きを予想するために優秀なツールを使いたい」という方は、是非みんなのFXを使ってみてくださいね!

\ 口座開設&取引で最大100万円キャッシュバック /

公式サイト:https://min-fx.jp/

松井証券のFX

松井証券
松井証券のFXのおすすめポイント
  • 1通貨から取引できるので少額取引したい人におすすめ
  • レバレッジを自分で選択できる
  • 1通貨からの自動売買をすることができる

松井証券のFXは、1通貨から取引ができ、レバレッジも選択できるので様々なトレード手法に合わせられるFX会社です。

1通貨で取引ができるため少額から取引をスタートできるだけでなく、なんと1通貨から自動売買も利用できます。

また、松井証券のFXではLINEと連携することで、経済指標の結果、マーケットの急変動、売買シグナルをLINEで通知設定することが可能です。

LINEを日常から連絡ツールとして利用しているなら、重要な情報をいち早くキャッチできるのでチャンスを逃しにくくなります。

南アフリカランドのスプレッドも狭く、原則固定なので取引手数料を抑えながら取引できる魅力もあります。

最低取引単位1通貨
取扱通貨ペア数20通貨ペア
レバレッジ1倍・5倍・10倍・25倍から選択可能
スプレッド(南アフリカランド/円)0.4銭(原則固定)
スワップポイント(南アフリカランド)買128/売-155
取引ツールアプリ版「松井証券 FX」 PC版「FXトレーダー・プラス」
ニュース指標投資情報動画・マーケット情報など
松井証券のFXの概要

少額から南アフリカランドの取引を始めたい方は、松井証券のFXを使ってみてくださいね!

\ 100円から取引できる! /

公式サイト:https://www.matsui.co.jp/

LIGHT FX

LIGHT FX
LIGHT FXのおすすめポイント
  • 高水準のスワップポイントを提供している
  • 個人投資家の売買比率と価格分布が見られる
  • 約99%の約定率

LIGHT FXは、南アフリカランドを高水準のスワップポイントで提供しているFX会社です。

買いスワップだけでなく売りスワップも安定しており、スワップ取引がしやすい環境であると言えるでしょう。

また、LIGHT FXの魅力は売買比率と価格分布でトレーダーの動向が分かる情報が提供されるだけでなく、AIが予測した売買サインに合わせ、確率が分かるTMサインなどの独自情報も見ることができることです。

売買タイミングが掴めない初心者でも分析がしやすいです。

値動きが激しい南アフリカランド取引でも強い味方になるでしょう。

最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数33通貨ペア
レバレッジ25倍
スプレッド(南アフリカランド/円)0.9銭
スワップポイント(南アフリカランド)買190円/売-190円
取引ツールアプリ版「FXトレーダー」
PC版「アドバンスドトレーダー」
ニュース指標個人投資家の売買比率と価格分布・売買サイン・TMサインなど
LIGHT FXの概要

「FX初心者でも南アフリカランドの値動きを予測したい」という方は、LIGHT FXで得られる情報を有効活用してみてくださいね!

\ 最大1,000,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://reg.lightfx.jp/account/

外為どっとコム

外為どっとコム
外為どっとコムのおすすめポイント
  • 分析ツールが優秀で初心者でも分かりやすい
  • ユーザーの注文状況やポジションが分かる
  • 南アフリカランドでも「らくらくFX積立」が可能

外為どっとコムは、初心者でも分析がしやすいツールが揃っているのが魅力のFX会社です。

買い・売りのタイミングを天気予報に見立てて知らせてくれる​​「お天気シグナル」、今後の値動きを予測する「みらい予測チャート」を利用できます。

南アフリカランドは不安定な通貨であるため、これらの機能は取引に大きく役立つでしょう。

ユーザーの注文状況や保有ポジションを知ることができるデータも参考にするとより精度の高い分析ができます。

また、外為どっとコムでは「らくらくFX積立」が利用可能です。

南アフリカランドも対象となっているので、低リスクでスワップポイント狙いの取引ができます。

1通貨から積立できるのも魅力です。

最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数30通貨ペア
レバレッジ最大25倍
スプレッド(南アフリカランド/円)0.3銭(原則固定)
スワップポイント(南アフリカランド)買170円/売-270円
取引ツールアプリ版「外貨ネクストネオGFX」 PC版「外貨NEXT NEO」
ニュース指標4社のニュース配信・レポート(20種類以上)など
外為どっとコムの概要

リスクを抑えて南アフリカランドを取引したい方は、外為どっとコムの「らくらくFX積立」を使ってみてください!

\ 条件達成で最大1,002,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.gaitame.com/

SBI FXトレード

SBIFXトレード
SBI FXトレードのおすすめポイント
  • 1通貨から取引可能なので少額取引したい人におすすめ
  • AI為替予想やスワップポイントなどのシミュレーションができる
  • 南アフリカランドで積立FXが可能

SBI FXトレードは、1通貨から取引可能であり、1,000通貨以下の取引であればスプレッドが狭くなるなど、少額取引にぴったりのFX会社です。

ロイターやFXi24などのニュースの取扱がありませんが、AI為替予想やスワップポイントシミュレーションなどの機能を利用できます。

また、積立FXを利用したい人向けの積立FXシミュレーションも可能です。

この積立FXは、外貨預金とFX取引の要素を兼ね備えたシステムで、最大3倍までレバレッジをかけながらコツコツ外貨を積み立てることができます。

南アフリカランドも積立FXを利用できるので、スワップポイント狙いの長期取引を検討しているトレーダーは積立FXも検討してみると良いでしょう。

最低取引単位1通貨
取扱通貨ペア数34通貨ペア
レバレッジ25倍
スプレッド(南アフリカランド/円)0.88銭(原則固定)
スワップポイント(南アフリカランド)買144円/売-154円
取引ツールアプリ版「SBI FXTRADE」
PC版「SBI FXTRADE」
ニュース指標通貨別レポート・ビッグイベント関連特集・雇用統計Liveなど
SBI FXトレードの概要

GMOコイン

GMOコイン
GMOコインのおすすめポイント
  • スキャルピング公認されている
  • マーケット情報が豊富に入手できる
  • 55種類のテクニカル・28種類の描画機能が使える「プライムチャート」

GMOコインは、スキャルピング取引が公認されているFX会社です。

買いスワップポイントも高水準であるため、スワップ狙いの取引から、スキャルピング取引などもすることができます。

また、GMOコインでは豊富なマーケット情報が手に入ることも魅力の1つです。

為替のプロによるレポートやラジオ番組など、FXに関わる情報が手に入りやすいです。

さらに、「プレミアムチャート」を使った分析を行えば、「テクニカル分析」「ファンダメンタル分析」の両方がしっかり行えるでしょう。

南アフリカランドなど諸外国の経済状況など影響を受けやすい通貨では、これらの情報が取引にもしっかり役立ちます。

最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数14通貨ペア
レバレッジ25倍
スプレッド(南アフリカランド/円)0.9銭
スワップポイント(南アフリカランド)買160/売-220
取引ツールアプリ版「PRIMEアプリS」PCWeb取引ツール
ニュース指標ラジオNIKKEI「夜トレ!」・FXコラム、インターバンクの声など
GMOコインの概要

総合的に評価した上で南アフリカランドの取引におすすめなのは、「GMOクリック証券」です!

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

南アフリカランド/円に関するQ&A

南アフリカランド/円に関するよくある質問をまとめました。

南アフリカランドの見通しや予測を立てる際の参考にしてみてください。

南アフリカランドは定期預金におすすめですか?

南アフリカランドは高金利通貨であるため、利回りがよく利益を生みやすいですが、為替レートなどのリスクがあることも覚えておかなければなりません。

南アフリカランドが円に対して下落した際は、利回り以上のマイナスを生んでしまう場合があります。

こうならないためにも、南アフリカの経済状況や政策金利の動向、世界経済の様子などをしっかり把握し、リスクを考えた上で投資判断をするのがおすすめです。

ランド円はどこまで下がるのでしょうか?

南アフリカランド円のレートは、日々変化しているので、どこまで下がるかは明確にすることができません。

南アフリカは、南アフリカの経済状況、政策金利、資源価格、世界経済などあらゆる影響が通貨価格の上昇と下落を左右しています。

これらの動向に基づき、南アフリカランドの価格を予測し、冷静な判断をしていくことが大切です。

南アフリカに投資すると失敗するでしょうか?

南アフリカランドに投資すると失敗するかは、定義することができません。

トレーダーの投資手法や投資のタイミング、トレーダーの経験などによっても変わります。

南アフリカランドは高金利通貨として人気があり、スワップ狙いの取引にぴったりの通貨です。

しかし、リスク管理をしていかなければ、いくらスワップ狙いがしやすい通貨だとしても損失を出してしまう可能性もあるのです。

南アフリカランドへ投資する際には、南アフリカのファンダメンタル分析などをしながら、運用していくようにしましょう。

南アフリカランド/円のリアルタイムチャートを確認したいです。

南アフリカランド/円のリアルタイムチャートは、口座を開設したFX会社のWebページ、取引ツールのチャート画面、金融情報サイトなどで見ることができます。

チャートを見ながら売買注文をしていきたいなら、取引ツールのチャートを参考にしたほうがチャンスも逃しにくくなります。

南アフリカランドの価格に影響を与える要因を教えてください。

南アフリカランドの価格に影響を与える要因は以下となります。

  • 政策金利
  • 世界経済の動向
  • 南アフリカの経済や政治状況(経済成長率、貿易収支、失業率、電力供給の状況など)
  • 資源価格

上記の動向をしっかり把握して、適切な投資判断をするようにしましょう。

これらの情報はFX会社が提供しているコンテンツやWebニュースなどで確認することができます。

南アフリカランド/円の取引におすすめのFX会社はありますか?

南アフリカランド/円の取引をしていくなら、スワップポイントの高さ、取引ツールの使いやすさ、分析のしやすさなどに重点をおき、FX会社を選んでいくと良いでしょう。

その観点でおすすめなのが、GMOクリック証券GMO外貨です。

スワップポイントも高水準であり、スプレッドも狭いので様々な取引に対応できるでしょう。

南アフリカランドの見通し10年後など、長期的な意見を教えてください。

南アフリカランドの長期的な見通しとしては、高い失業率と電力不足により、南アフリカの経済は厳しい状況が続くことが予想されます。

失業率や電力不足が改善されれば、状況も好転し、厳しい状況も脱することができるでしょう。

南アフリカランドの取引は初心者でもできますか?

南アフリカランドは、もちろん初心者でも取引はできますが、価格変動などが大きい通貨であるため、中級者〜上級者向けであると言えるでしょう。

南アフリカランドは流動性が低く、為替レートも安定していません。

さらに、米ドルやユーロ、英ポンドなどの情報に比べると、情報が少ない傾向にあるので、初心者には少々難易度が高いです。

今後の南アフリカの金利見通しを教えてください。

2024年3月現在の南アフリカの政策金利は8.25%となっており、南アフリカの金利上昇は落ち着くと予想されています。

その理由として、南アフリカ国内のインフレ率の落ち着きや、アメリカなどの世界各国の利上げが一服したことが要因としてあげられます。

世界経済のGDPやアメリカの消費者物価指数などを参考にし、南アフリカの今後の金利動向を予測すると良いでしょう。

南アフリカランドの政策金利はどのくらいですか?

2024年3月現在の南アフリカの政策金利は8.25%となっており、日本の政策金利より高い数値となっています。

南アフリカは、2008年のリーマンショックの影響を受けて大きな下落を経験、経済悪化を背景に政策金利も継続的に引き下げを行っていました。

その後、2014年に2度政策金利の値上げを実施して以降、再度政策金利は落ち込むものの、2021年後半から政策金利が回復傾向にあり、現在では政策金利8.25%になっています。

このように政策金利の動向によって南アフリカランドの価格も変動していくので、南アフリカの政策金利には、しっかりアンテナを張っておくようにしましょう。

南アフリカランドを買うといくらもらえますか?

南アフリカランドを売買した際の利益は、為替レートや保有ポジション数によって異なります。

FX会社が提供しているスワップカレンダーなどを参考にしてみましょう。

南アフリカランドの取引で利益を出すコツを教えてください。

南アフリカランドの取引で利益を出すには、上昇すると思えば買い、下落すると思えば売るという「為替差益で稼ぐ方法」と、長期間ポジションを保有する「スワップポイント狙い」の取引が有効でしょう。

南アフリカランドは高金利通貨であり、低金利の日本円と合わせると高いスワップポイントを得ることができます。

そのため、南アフリカランドでは、スワップ狙いの取引が人気となっています。

南アフリカランドで為替差損が発生した時の対処法を教えてください。

南アフリカランドで為替差損が発生したら、一度高い時期に買った南アフリカランドの一部を決済し、再度安値で南アフリカランドを購入、反発したら売るを繰り返すようにしましょう。

南アフリカランドは基本的に下落する通貨ですので、一時反発が起きて上昇します。

これを狙い、トレードしてくのがおすすめです。

南アフリカランドをお得に買う方法はありますか?

南アフリカランドをお得に買うには、高いレートで買った買ポジションを一部決済した後、安くなったら買い戻し、購入額の低下を狙う方法がおすすめです。

上昇すると思えば買い、下落すると思えば売るという為替差益を狙い、安くなったから買い戻すなどの金利収入をもらうことで、2倍の利益が期待できるでしょう。

南アフリカランドは爆死って本当ですか?

「南アフリカランド円で爆死」「南アフリカランド円で地獄を見た」などネットで投稿を目にして心配になるトレーダーも多いと思います。

これは、一時的な南アフリカランドの下落で大きな為替差損を被ってしまったトレーダーが、このような意見を投稿していると考えられます。

南アフリカランドは、下落する通貨であり、反発などで上昇することもあるので、それを友好的に活用すれば利益を得ることが可能です。

長期取引と短期取引の両方に資産を分けておく方がリスク管理もできて爆死することも少なくなるでしょう。

南アフリカランドのAI予想を教えてください。

南アフリカランド/円の今後の見通しは、短期的にも長期的にも大きく上昇することが期待できないことが予想されています。

南アフリカランドは政策金利が据え置かれることになり、電力不足や失業率の上昇などの影響から経済成長率が減速、アメリカの利上げも落ち着きを見せていることから、国内情勢が落ち着かないと反転する機会は薄いと考えられるでしょう。

ただし、資源価格の高騰により大幅な下落も可能性として低いと考えられています。

まとめ

南アフリカランドは、高金利通貨ペアとしてスワップポイント狙いの通貨として多くのトレーダーから注目されている通貨でもあります。

しかし、新興国通貨と言うこともあり、流動性が低く、非常に不安定な値動きをすることから、取引する難易度も高い通貨と言えるでしょう。

また、この変動性の高い通貨では、今後の見通しを立てておくことも大切です。

実際に南アフリカランドでは、政策金利以外にも経済成長率や世界の経済状況、資源価格などあらゆる影響を受けて価格が変動していきます。

つまり、南アフリカランドで取引するならテクニカル分析だけでなく、ファンダメンタル分析などの要素も必要で、少ない情報をしっかり集めて取引していく必要があります。

そのため、FX会社を選ぶ時には、スワップポイントやスプレッドの狭さだけでなく、ニュース指標や取引ツールの利便性、マイナススワップの値段などにも注目しながら選ぶようにしましょう。

総合的に評価した上で南アフリカランドの取引におすすめなのは、「GMOクリック証券」です!

GMOクリック証券は南アフリカランドのスプレッドが業界最狭水準なだけでなく、スワップポイントも増加中です。そのため、短期取引でも長期取引でも利益を狙えます!

今なら最大55万円のキャッシュバックを受け取れるので、是非GMOクリック証券で南アフリカランドの取引を始めてみてください!

\ 最大550,000円キャッシュバック! /

公式サイト:https://www.click-sec.com/

目次