BitTrade(ビットトレード)の評判や口コミを徹底検証!メリット・デメリットも【2024年最新版】

フォビジャパン(Huobi Japan)の評判や口コミ

BitTrade/ビットトレード(旧フォビジャパン/Huobi Japan)は、取引高が世界トップレベルのフォビグループが運営する日本向けの仮想通貨取引所です。

  • BitTradeで仮想通貨取引をしてみたいけど、その前にリアルな評判が知りたい!
  • BitTradeのメリットやデメリットは?

BitTradeについて、このように思っている方が多いのではないでしょうか。「仮想通貨をBitTradeで取引してみたいけど、あと一歩が踏み出せずに悩んでいる」という方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、仮想通貨歴10年以上になるMoney Agent編集長がBitTradeの評判や口コミについて徹底検証してみました。その結果、判明したメリット・デメリットやどんな人に向いているのかも併せてご紹介します。

この記事を最後までご覧になることで、ご自身がBitTradeを利用するべくかどうか判断いただけるようになるでしょう。それでは、BitTradeの評判や口コミが気になるところですが、まずは会社概要から解説していきます。

\ 取扱い銘柄数が豊富! /

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/register

目次

BitTrade/ビットトレード(旧フォビジャパン/Huobi Japan)の会社概要

BitTradeは、2013年から仮想通貨取引サービスを開始し、現在は130ヶ国以上のユーサーが利用する世界トップレベルの仮想通貨取引所に発展しました。

累計取引高は、1.2兆ドルを超えており、海外の仮想通貨市場ではフォビグループは非常に有名です。BitTradeは、日本向けの仮想通貨取引所となっており、日本でも人気が高まってきています。

また、BitTradeグループは創立以来、1度もハッキング流出などの金融犯罪が起こったことがなく、そのセキュリティの頑丈さには定評があります実際に、世界レベルの高水準なセキュリティが実装されており、信頼性が非常に高いです。

さらに、仮想通貨取引所では珍しい「沖縄首里城の復旧支援活動」に参加しており、対象の仮想通貨を支援金として寄付ができるようになっています。慈善活動にも参加しているとは驚きです。

\ 取扱い銘柄数が豊富! /

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/register

BitTrade(ビットトレード)の評判から判明したメリット【5個】

それでは早速、フォビグループの5個のメリットについて解説していきます!

取り扱い通貨が豊富【評判◯】

BitTradeで取り扱いのある通貨の種類は38種類もあります。他の仮想通貨取引所と比べてかなり多く揃っています。

新規取り扱い銘柄のアンケートをユーザー参加型で実施していることもあり、さらに新しく追加される可能性が非常に高いです。取り扱い通貨が多いのは、他にはない大きな魅力であると言えます。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • フォビトークン(HT)
  • ステラルーメン(XLM) 
  • ネム(XEM)
  • ビットコインSV(BSV)
  • ディープコイン(DEP)
  • アスター(ASTR)
  • コスプレトークン(COT)
  • ジャスミー(JASMY)
  • フレア(FLR)
  • エイダ(ADA)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • ボバネットワーク(BOBA)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • リスク(LSK)
  • オントロジー(ONT)
  • パレットトークン(PLT)
  • コスモス(ATOM)
  • イオス(EOS)
  • ドージコイン(DOGE)
  • シバイヌ(SHIB)
  • サンド(SAND)
  • アクシーインフィニティ(AXS)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • ポリゴン(MATIC)
  • ソーラー(SXP)

取引所形式の場合は、25銘柄を取引することができます。

ただし、販売所形式の場合はBTC・ETH・XRP・BCH・LTC・HT等の36種類、レバレッジ取引の場合はBTC/JPYのみが取引可能です。

独自トークン「HT(フォビトークン)」が購入できる【評判◎】

BitTradeでは、フォビグローバルで発行された独自のトークンである「HT(フォビトークン)」を取り扱っていますこのHTを取り扱う他社の仮想通貨取引所は、すでに30社程あります。

BitTradeでは、HTを保有・取引することで手数料が安くなる特別なサービスが提供されています。また、今後HTで決済できるサービスも始める予定となっており、HTを保有する様々なメリットがあります。

独自通貨であるHTを購入してみたいという方は、BitTradeで口座開設して取引を始めてみましょう!

フォビAPIを公開している【評判◎】

BitTradeでは、APIが無料で利用できます。APIとは、アプリケーション プログラミング インターフェース の略称で、外部のサービスと連携するときに使えるデータ通信の仕組みのことです。

このAPIを使うことで、BitTradeの取引画面をわざわざ開かなくても売買ツールや情報取得ができる、とても便利な機能となっています。

BitTradeが提供しているAPIは下記の2種類となっています。

Rest API方式

マーケット情報や資産残高、注文履歴のデータ取得・注文及び注文取り消しができます。

Rest APIを利用する場合は、APIキーを取得しなければなりません。作成したAPIキーの公開鍵・秘密鍵のうち、秘密鍵だけは1度しか表示されないので、必ずメモを取りましょう。

必ず注意しなければならないのが、APIキーの管理です。APIキーを第三者に知られてしまった場合、不正に操作や取引が行われ大きな損害が発生してしまう危険性があります。APIキーの管理には注意しましょう。

Websocket方式

チャート情報・板情報・約定情報を確認できます。

プログラミングの知識がある方は、是非一度利用してみてくださいね。

世界最高水準レベルのセキュリティ対策【評判◎】

仮想通貨取引所を選ぶ上で、セキュリティの強度が気になるという方が多くいらっしゃいますよね。BitTradeでは、ユーザーの大切な資産を守るために世界最高水準レベルのセキュリティ対策が施されています

世界中のユーザーが安心して取引が行えるよう、さまざまな取り組みを日々実施しているため、BitTradeでは1度もハッキング流出などの金融犯罪が起こったことがありません。

≪BTCボックスのセキュリティ対策/顧客資産管理≫

  • マルチシグを導入
  • コールドウォレット管理
  • ホットウォレット管理
  • 二段階認証
  • SSL認証
  • スマホアプリの生体認証

マルチシグとは?
マルチシグネチャーの略語で、日本語訳では「複数の署名」という意味。複数の秘密鍵を必要とする技術のこと。
コールドウォレットとは?
仮想通貨保管する方法のこと。セキュリティレベルがとても高い保管方法の1つです。インターネットに接続されておらず、遮断されたウォレット。
ホットウォレットとは?
仮想通貨保管する方法のこと。インターネットに接続された環境にあるウォレット。

BitTradeでは、外部のインターネットから完全に遮断されたコールドウォレットでユーザーの大切な資産を守りつつ、インターネットに接続された環境にあるホットウォレットも導入しています。

そうすることで、いつでも資産を送れて、受け取れるという利便性も兼ね備えています。信頼性と安全性が高い仮想通貨取引所を選びたいという方には最適ですよ!

使いやすい取引専用のスマホアプリ【評判◎】

BitTradeには、iOSとAndroidに対応した取引専用のスマホアプリがあります。

ユーザーがより使いやすいように、2021年2月にデザインがリニューアルされたばかりとなっており、利便性には定評があります使いやすさを重視した仕様となっているので、初心者の方でも直感的に操作が可能です。

このアプリ1つで、口座開設や取引、入出金など全て行うことができるため、PCを開く手間が省け、効率良く利用できます。

さらに、約20分程で素早く入金反映するクイック入金の機能も追加されたので、外出先でも取引をしたいタイミングでスムーズに入金が可能です。

また、高機能チャートやリアルタイムのレートを確認することもできるので、分析をしながら本格的な取引ができます。

BitTradeでは、ユーザーにとっての利便性を常に追及しており、今後も新たな新機能が追加される可能性が高いです。普段はPCのみで取引をしている方も、この機会にスマホアプリもインストールしてみてはいかがでしょうか。

\ 取扱い銘柄数が豊富! /

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/register

BitTrade(ビットトレード)の評判から判明したデメリット【2個】

ここまでで、BitTradeのメリットについて解説してきました。ここからは、BitTradeのデメリットについても包み隠さずご紹介します。

取引高がやや少なめ

海外では超有名なフォビグループですが、国内ではまだ知名度が低めであるため、取引量もやや少なめです。

ただし、日本版としてリリースされてからまだ日が浅いので、今後さらに人気が高まることが予想されます。

出金制限がかかる場合がある

BitTradeでは、セキュリティの観点により、パスワードを変更してから24時間の間は出金に制限がかかります。

少し不便に感じることもあるかもしれませんが、ユーザーの資産を確実に守るための施策なので、納得できますね。

\ 取扱い銘柄数が豊富! /

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/register

BitTrade(ビットトレード)をおすすめできる人

BitTradeは、以下のような方におすすめです。

セキュリティ対策が行き届いている環境で安心して取引したい人

仮想通貨取引所を選ぶ上での重要事項として選ばれることの多いセキュリティ対策。BitTradeでは、世界最高水準レベルの行き届いたセキュリティが完備されています。

その実績として、BitTradeは創立以来、一度もハッキングや資産流出などの犯罪が起こったことがありません。信頼性の高さは、フォビグループの世界シェア率が証明しています。

BitTradeは、大切な資産を守ってくれる環境で安心して取引がしたいという人には最適となっています

世界的に有名なグループの仮想通貨取引所で取引してみたい人

BitTradeは、世界的に有名なフォビグループが運営する仮想通貨取引所です。現在BitTradeは、130ヶ国以上もの多くのユーザーが利用しており大人気となっています。

BitTradeも、海外版フォビの優れた要素が存分に活かされた仕様となっているので、実際に使った人しかわからない魅力が目白押しです。世界的に人気が高い仮想通貨取引所が気になる、使ってみたいという方には非常におすすめできます!

これから仮想通貨取引を始める初心者の人

BitTradeでは、ユーザーにとっての使いやすさを最重要とし、仮想通貨取引をしたことがない初心者の方でも、スムーズに取引ができる環境が提供されています。

特に、専用のスマホアプリは非常にシンプルで直感的なデザインとなっているため、使い勝手が良くすぐに使い慣れることができます。スマホで本格的な取引が気軽にできるのが、BitTradeの魅力の1つです。

もし、BitTradeを使っているうえで不明点があった場合は、BitTrade公式HPにあるお問い合わせから相談ができます。多くのユーザーから寄せられる質問はFAQにもまとめてあるので、参考にしてみてください。

このように、BitTradeでは、仮想通貨取引に不安を感じる初心者の人でも安心して利用できるよう、最大限の配慮が行き届いた環境が提供されています

\ 取扱い銘柄数が豊富! /

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/register

まとめ

BitTradeは、世界シェア率トップクラスのフォビグループが運営している仮想通貨取引所ということもあり、信頼性は抜群に高いと言えます

新規銘柄追加のアンケートや定期的なリニューアルなど、ユーザーファーストな様々な取り組みを多く行っており、機能性と利便性はトップレベルです。

ほかの仮想通貨取引所よりも新規銘柄や新機能などの発表が多く、ユーザーにとっての使いやすさを追求している姿勢がうかがえます。

また、初心者の方が取引と仮想通貨の勉強を同時に進行できるようBitTradeの公式ブログやYouTubeにて基礎知識等に関する情報発信もしています。とてもわかりやすく、勉強になるので気になる方はチェックしてみてくださいね。

この機会に、是非BitTradeで仮想通貨取引を始めてみましょう!

\ 取扱い銘柄数が豊富! /

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/register

目次