海外FXでスキャルピングと相性抜群のおすすめ業者を全195社で徹底比較!【2024年7月最新】

海外FXスキャルピング

スキャルピングとは、分単位・秒単位で売買を繰り返してコツコツ利益を出す取引手法のことを指します。

海外FXならではのハイレバレッジと組み合わせることで効率的に稼ぐことができますが、業者によって特徴や取引環境が大きく異なるため、「どの業者でスキャルピングをしたら良いのか分からない」という方もいるでしょう。

そこでこの記事では、日本人に人気の海外FX業者195社から厳選した、スキャルピングにおすすめの海外FX業者を紹介し、業者選びのポイント・スキャルピングのメリット&デメリット・注意点などについて詳しく解説していきます。

圧倒的No.1はXMのKIWAMI極口座!
XMのボーナスキャンペーン

「スキャルピングと相性抜群のFX口座を探している」という方には、XMのKIWAMI極口座がおすすめです!

日本人トレーダーのシェア率No.1を誇るXMは、取引量も世界TOP10入りを果たしており、他のFX業者と比べても安全性が断トツで違います!

そんなXMのKIWAMI極口座は他社よりもスプレッドが狭く、非常に人気があることから、いつ新規口座受付停止になるか分からない幻の超スーパー口座となっています!

今なら13,000円がもらえる口座開設ボーナスキャンペーンも開催しているので、KIWAMI極口座を開設できる今のうちに、13,000円を使ってXMを無料体験してみてくださいね!2024年8月1日までの期間限定キャンペーンとなっているので、ボーナスが欲しい方は今が大チャンスです!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

なお、スキャルピングも含めた総合的な海外FXおすすめ比較ランキングは、海外FXおすすめ総合比較ランキングで紹介しているので、是非参考にしてください。

この記事を読めば分かること
  • スキャルピング向きの口座タイプを選ぶ方法
  • 海外FXでスキャルピングをするメリット・デメリット
  • スキャルピングにおすすめの手法
  • スキャルピングの禁止事項や注意点
  • 海外FXのスキャルピングに関するよくある質問
この記事の監修者
監修者&ファイナンシャルプランナー 寺田 悟
ファイナンシャルプランナー 寺田 悟

【寺町 悟】

  • ファイナンシャルプランナー
  • ナショナルニュース公式日本語サイト記者(グラフィック・文化・歴史・自然・環境・動物・科学&宇宙などのジャンルを取材)

早稲田大学政治経済学部卒業後、日本FP協会認定国家資格「1級ファイナンシャル・プランニング技能士」や「CFP」の資格を取得。大手証券会社勤務の経験を活かして、海外FXトレードで合計8,573万円の利益を叩き出す。現在は、海外FXボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス)研究所の監修をしながら、ナショナルニュース公式日本語サイト(グラフィック・文化・歴史・自然・環境・動物・科学&宇宙など)の記者をしている。最近では、慢性的な不眠症の死亡率やイタリアで起きたラクイラ地震の目撃情報、未知の素粒子を発見したフェルミ研究所、ギニアでエボラ感染が拡大した原因と対策などを取材し、記事の執筆を行う。

目次

【海外FX業者全195社を独自調査】海外FXでスキャルピングと相性抜群のおすすめ業者

海外FXでスキャルピング向けなおすすめ業者一覧

海外FXでスキャルピングと相性抜群のおすすめ業者を選定するにあたり、以下の海外FX業者全195社を独自調査しました。

独自調査した海外FX業者195社【ABC順で掲載】

AAFXTrading / ACFX / Ahead / AlfaTrade / Angelo Forex / Anzo Capital / Atlas Forex / AXIORY / Bank of Trade / Banco Capital / Bebor / BidTopia / BigBoss / Binary 60 Options / Binary Cloud / Binary King 13 / Binary Monster / Binary Service Provider / Binary Tilt / Binaryfx

※21社目以降の海外FX業者はこちらです。

BinaryCM / BigOption / Binary99.com / Blackbird / Blackwell Global Japan / Blue Ocean Forex / BOBOX / Banc De Binary / Boss Capital / Brilliant One Forex / Cantor Exchange / Capital4C / Cedar Finance / CedarFX / CFD1000 / CherryTrade / CMC Markets / Connect / Dynamic Trade / Dakras / DashOption / Discovery FX / Easy-Getter / EBE Inc / EF Trader / Ec Markets / Eternal Option / eToro / ETX Capital / Ex-Option / Exness / FBS / Fast Binary / FXTG / Five Stars Markets / Five Stars Option / Focus Markets / Forex Express / Forex.com / ForexIn / Fox Forex / FX-Heart / FXBEST / FX-BEST / FXCC / FXCM / FXDD / FXGlobe / FXGT / FXMate / FXPRIMUS / FXPlayer / FXSuit / Future Make FX / GalaFX / GanaTrader / Galaxy Markets / Gbinarys / GKFX Prime / GL Speed FX / Global Investment Bank & Capital Trust / Globe Pro / Gold Pegasus Forex / HFM / High Trade FX / HotForex / iFOREX / IG Group / Infimarkets / InstaTrade / International Forex / IronFX / iTrader FX / JackpotBinary / Joy Forex / Joy Trade / JustForex / Kybalion FX / Land Prime / Lightning Forex / Lupin FX / MGK Global / Member Option / Millionaire Option / Milton Markets / Monkey Trade / Monte Carlo Binary / MYFX Markets / My-Trade / Next Word Technology Trade / Nextart / NRGbinary / O-Systems / Option-Free / Option99.com / OptionBit / OptionColor / OptionFair / OptionRally / Options XO / OptionTime / OptionTrader / Orbex / OloTrading / Pepperstone / Phoenix Trading / Pivot Markets / Platinum Option / Private Option / PRC Broker / RB Options / Real Invest Partners / ReturnPIP / RisLink FX / Riselink FX / Roger Templeton NY / Royal Option / RushBucks / S.O.L Forex / Sakura Forex / SENER / Saxo Bank / SimPop / SimpleFX / Sonic Option / Speed Option / SpeedMarket / SVOFX / Stockpair / Super Jet FX / Success / SwiftOption / Thames Capital Trading / Thrive Mode / Tickmill / Tier1FX / TitanFX / Titan Trade / Tip Option / TraderVC / Trading Forex / TR Binary Options / TritonFX / Utopia / Vantage / Victorius Binary Options / Visionary Traders / VPoption / Weike / WL / WinOptions / XGLOBAL / XM / Yadix / Ybinary / Zone Options / Zaix / 31FX / 55Finance / ギャラントFX etc…

ここからは、上記195社のレバレッジを徹底比較した結果判明した、おすすめ業者をランキング形式で紹介していきます!

海外FX業者口座タイプ解説部分
XMKIWAMI極口座解説を読む
Exnessプロ口座解説を読む
FXGTPRO口座解説を読む
AXIORYナノ口座解説を読む
TitanFXゼロブレード口座解説を読む
TradeviewILC口座解説を読む
HFMゼロスプレッド口座解説を読む
海外FXのスキャルピング口座おすすめ比較ランキング

海外FXでスキャルピングをするなら、上の口座がおすすめです!

スキャルピングでは注文を何度も繰り返すので、きちんと利益を出し続けるためには、スプレッドの狭さ、約定力の高さが非常に重要になります。

ここでは、海外FX業者でスキャルピングにおすすめの業者を8社紹介していくので、是非参考にしてみてください。

海外FXでスキャルピングする口座を迷っているのであれば、まずはXMExnessで口座開設してみましょう!複数の口座を使ってみて、自分に合ったものを見つけるのがおすすめです。

第1位 XM(KIWAMI極口座)

XMのボーナスキャンペーン
設立2009年
ライセンスセーシェル共和国
スプレッド【ドル円】0.9pips
【ユーロ円】1.4pips
【ユーロドル】0.8pips
【ポンドドル】1.0pips
【豪ドル】1.2pips
ボーナス【超レア】
口座開設ボーナス13,000円
通貨ペア数55種類
最大レバレッジ1,000倍
取引ツールMT4/MT5
最小取引量0.01ロット

第1位はXMのKIWAMI極口座です。

XMは2010年に設立された老舗の海外FX業者で、日本人トレーダーのシェア率No.1という圧倒的な実績を誇っています。

取引量も世界TOP10入りを果たしているため、他の海外FX業者と比べても安心感が断トツで違います。

そんなXMのKIWAMI極口座はドル円0.7pips、ユーロドル0.7pipsと、他社と比べてスプレッドが狭く非常に人気があることから、いつ新規口座受付停止になるか分からない幻の超スーパー口座となっています!※基本的に、他の海外FX業者はドル円のスプレッドが1.0pipsを超えています。

約定力が高く、管理画面も操作しやすいうえに世界No.1の安心感があるので、スキャルピングをするならXMといっても過言ではありません!

現在、XMでは口座開設ボーナス13,000円&220%(100%+100%+20%)入金ボーナスキャンペーンなどを開催しています!

XMのボーナスキャンペーン
  • 口座開設ボーナス:90ドル(13,000円)
  • 夏の100%入金ボーナス:上限500ドル(約8万円)
  • 通常の100%入金ボーナス:上限500ドル(約8万円)
  • 20%入金ボーナス:1,001ドル以降は上限10,000ドル(約160万円)
  • XMロイヤルティプログラム:現金やボーナスをポイントと交換できる
    【激アツ/当サイト経由限定】今ならGOLDランクからスタート可能!
  • お友達紹介ボーナス

XMでは、キャンペーン期間中に新規登録&本人確認を完了させることで、13,000円の口座開設ボーナスをもらえます!

さらに、初回入金額に応じて最大500ドル(約8万円)まで夏の100%入金ボーナスを、追加500ドルに対しても通常の100%入金ボーナスを受け取れ、1,000ドルを受け取り切った後の入金額に関しても最大10,000ドル(約160万円)まで20%入金ボーナスが付与されます。

ただし、夏の100%入金ボーナス(上限約8万円)と、通常の100%入金ボーナス(上限約8万円)を同時に受け取ることはできません。そのため、夏の100%入金ボーナスを約8万円まで受け取り切った後の入金で、通常の100%入金ボーナスを約8万円まで受け取ることになります。

つまり、初回で8万円入金すると夏の100%入金ボーナス8万円がそのままもらえるので、合計16万円から取引を始めることができるのです。

追加で8万円入金すると、通常の入金100%ボーナス8万円ももらえるので、初回入金額を合わせると合計32万円から取引を始められます。

KIWAMI極口座は口座開設ボーナスのみ受け取れ、初心者向けの「スタンダード口座」は口座開設ボーナスと入金ボーナスどちらも受け取れます。

そのため、まずはスタンダード口座とKIWAMI極口座どちらも開設して、スタンダード口座でボーナスを使ってXMの取引環境を確かめた後に、KIWAMI極口座を利用してみてはいかがでしょうか。

13,000円がもらえる口座開設ボーナスキャンペーンは2024年8月1日までの期間限定となっていますので、口座を開設するなら今が大チャンスです!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

第2位 Exness(プロ口座)

Exness
設立2008年
ライセンスセーシェル共和国
スプレッド【ドル円】 0.7pips
【ユーロ円】1.4pips
【ユーロドル】 0.6pips
【ポンドドル】0.8pips
【豪ドル】0.9pips
ボーナスなし
通貨ペア数98種類
最大レバレッジ無制限
(実質21億倍)
取引ツールMT4/MT5/ウェブターミナル
MultiTerminal/Exnessプラットフォーム
最小取引量1,000通貨

第2位はExnessのプロ口座です。

Exnessは世界中で取引量の多い海外FX業者で、取得難易度の高いセーシェル共和国の金融ライセンスを獲得しています。

Exnessの最大の特徴はレバレッジ無制限(実質21億倍)&ロスカット水準0%で、含み損にギリギリまで耐えるハイレバスキャルピングができます。

そんなExnessがプロトレーダー向けに提供しているプロ口座は、取引手数料が無料&低スプレッドで取引できる上に、「即時約定」という注文方式を採用しているので、リクエストしたレート以外の注文はすべて拒否されます。

注文の正確性が高く、快適にスキャルピングを行えるので、是非Exnessのプロ口座で口座開設してみてくださいね!

\ 最大レバレッジ無制限のハイスペック業者! /

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

第3位 FXGT(PRO口座)

【当サイト限定】FXGTのボーナスキャンペーン
設立2019年
ライセンスセーシェル共和国
スプレッド【ドル円】0.9pips
【ユーロ円】0.9pips
【ユーロドル】0.7pips
【ポンドドル】0.5pips
【豪ドル】0.6pips
ボーナスなし
通貨ペア数53種類
最大レバレッジ1,000倍
取引ツールMT4/MT5
最小取引量0.1ロット

第3位はFXGTのPRO口座です。

FXGTは2019年に設立された比較的新しい海外FX業者ですが、最大1,000倍のダイナミックレバレッジやスワップフリーの銘柄、仮想通貨FXの高いレバレッジなどで人気を集め、口座開設数を急激に伸ばしている業者です。

FXGTでスキャルピングをする場合には、スプレッドの狭いPRO口座がおすすめです。ドル円で0.8pipsと非常に低い上に、取引手数料が発生しないので、取引コストをとことん抑えられます。

また、1回につき最大2,000万通貨の取引が可能なため、資金に余裕のある上級者にとっても最高の取引環境でしょう。

レバレッジも最大1,000倍と高めなので、少額の資金でも大きく稼げる可能性は十分にあります。資金に余裕のあるスキャルピングトレーダーは、是非FXGTで取引してみてくださいね!

なお、PRO口座はボーナス対象外ですが、スタンダード+口座では口座を開設するだけで20,000円がプレゼントされます!

2024年7月14日15時59分59秒までの限定キャンペーンとなっていますので、PRO口座を開設する前にFXGTをお得に取引してみたい方は今が大チャンスです!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

第4位 AXIORY(ナノ口座)

AXIORYの独自画像
設立2011年
ライセンスベリーズ
スプレッド【ドル円】0.6pips
【ユーロ円】0.4pips
【ユーロドル】0.4pips
【ポンドドル】0.3~0.4pips
【豪ドル】0.6pips
ボーナス入金ボーナス
通貨ペア数61種類
最大レバレッジ1,000倍
取引ツールMT4/cTrader
最小取引量0.1ロット

第4位はAXIORYのナノ口座です!

AXIORYは2011年に設立された海外FX業者で、安心安全で信頼性が高いと日本人トレーダーからも人気を集めています。

そんなAXIORYには5つの口座タイプが用意されていますが、スキャルピングにおすすめなのがナノ口座です。スプレッドがドル円で0.6pips、ユーロ円で0.4pipsと非常に狭く、レバレッジも1,000倍と高いのが魅力です。

また、ECN方式を採用しているため、透明性と約定力も高いのが特徴です。取引手数料として1ロットあたり6ドルを支払う必要がありますが、値幅に換算すれば0.6pipsなので、スプレッドと合算しても取引コストはかなり抑えることができます。

取引コストが低い業者で、安心安全にスキャルピングをしたいのであればAXIORYがおすすめです!

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

第5位 TitanFX(ゼロブレード口座)

TitanFX
設立2014年
ライセンスバヌアツ共和国
スプレッド【ドル円】0.3pips
【ユーロ円】0.7pips
【ユーロドル】0.2pips
【ポンドドル】0.5pips
【豪ドル】1.5pips
ボーナスなし
通貨ペア数57種類
最大レバレッジ500倍
取引ツールMT4/TitanFXウェブトレーダー
最小取引量0.1ロット

第5位はTitanFXのゼロブレード口座です!

TitanFXは2014年に設立された比較的新しい海外FX業者で、バヌアツ共和国の金融ライセンスを所持しています。最近では他のFX業者から乗り換えるトレーダーが増えているほど人気の海外FX業者です。

TitanFXでスキャルピングをするのであれば、ゼロブレード口座がおすすめです。スタンダード口座よりも圧倒的に狭いスプレッドで取引できるので、繰り返し取引をしてもコストを抑えることができます。

特にCFD銘柄のスキャルピングが人気で、ゴールドの平均スプレッドは2.1pipsと業界内で最狭クラスを誇ります。

「為替だけでなく、色んな銘柄でスキャルピングをしたい」という方は、TitanFXを利用すると良いですよ!

\ 業界最狭水準のスプレッド&高約定力! /

公式サイト:https://jp.titanfx.com/

第6位 Tradeview(ILC口座)

Tradeview
設立2004年
ライセンスケイマン諸島
スプレッド【ドル円】0.9pips
【ユーロ円】0.9pips
【ユーロドル】0.2pips
【ポンドドル】0.7pips
【豪ドル】0.2pips
ボーナスなし
通貨ペア数71種類
最大レバレッジ200倍
取引ツールMT4/MT5/cTrader/CURRENEX
最小取引量0.1ロット

第6位はTradeviewのILC口座です。

Tradeviewは2004年に設立された老舗業者の1つで、ケイマン諸島の金融ライセンスを所持する信頼性の高い業者です。

そんなTradeviewでスキャルピングをする場合、スプレッドの狭いILC口座がおすすめです。ドル円0.85pips(取引手数料0.5pipsを含む)で取引できるため、繰り返しの注文によるコストを抑えることができます。

レバレッジは最大200倍と比較的低めですが、国内FX業者と比べれば遥かにハイレバレッジなので、スキャルピングでも十分に稼ぐことができます。

国内FXより大胆なスキャルピング取引をしたい方や証拠金に余裕がある方は是非、Tradeviewを使ってみてくださいね!

\ 業界最狭クラスのスプレッド! /

公式サイト:https://tradeviewforex.com/

第7位 HFM(ゼロスプレッド口座)

HFM
設立2012年
ライセンスケニア共和国
スプレッド【ドル円】0.1pips
【ユーロ円】0.0pips
【ユーロドル】0.0pips
【ポンドドル】0.0pips
【豪ドル】0.0pips
ボーナス入金ボーナス
通貨ペア数54種類
最大レバレッジ2,000倍
取引ツールMT4/MT5
最小取引量0.1ロット

第7位はHFMのゼロスプレッド口座です。

HFMは、豊富な銘柄や豪華なボーナスキャンペーンで世界的に人気を集めている海外FX業者で、10年以上に渡って運営しています。

そんなHFMにはマイクロ口座・プレミアム口座・ゼロスプレッド口座などが用意されていますが、スキャルピングにおすすめなのはゼロスプレッド口座です。

最小スプレッド0.0pipsで取引が可能で、最大2,000倍のレバレッジをかけられます。ただし、取引手数料として片道3~4ドルかかることに注意が必要です。

現在期間限定で入金ボーナスキャンペーンを開催しているので、是非この機会に口座を開設して自己資金をお得に増やしてみてくださいね!

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

海外FXでスキャルピングに適した業者を選ぶポイント8選

続いて、海外FXでスキャルピングに適した業者を選ぶポイントを説明します。

海外FX業者によって取引環境やスペックが大きく異なりますが、最低でも以下の7つのポイントに注目するようにしましょう。

  1. スキャルピングが禁止されていない
  2. 約定力が高い
  3. 最大レバレッジが高い
  4. 取引コストが安い
  5. ECN方式を採用している
  6. ロスカット水準が低い
  7. 追証なし・ゼロカットシステムを採用している
  8. ストップレベルが狭い

それぞれ解説していきます。

スキャルピングが禁止されていない

1つ目は「スキャルピングが禁止されていない」ことです。

海外FX業者の中にはスキャルピングを禁止しているところもあるので、まずはスキャルピング行為を認めているかどうかについて、利用規約の禁止事項で確認してください。

利用規約で禁止しているのにも関わらず取引をしてしまうと、即座に口座凍結ペナルティを課せられる可能性があります。口座凍結にならなかったとしても、スキャルピングで稼いだ利益の全額没収は避けられないでしょう。

また、スキャルピングを禁止していない業者でも、制限を設けている場合があります。例えば「取引量が膨大になった時に一部制限」「一定の取引量を超えた場合には制限される」などの言い回しがよく使われています。

もし、スキャルピングについて規制・制限がない業者でスキャルピングをしたいのであれば、スキャルピングに関する制限が一切ないXMがおすすめです!公式サイトでもその旨がしっかり明記されているので、安心して取引できますよ。

約定力が高い

2つ目は「約定力が高い」ことです。

スキャルピングでは1分1秒のタイミングが利益に大きく影響するので、約定力の高さは非常に重要です。大きな利益が出るタイミングでスリッページやリクォートが発生したら、得られるはずだった利益を失ってしまいます。

もし約定力が公式サイトで公開されていたとしても、実際には数値が異なる場合があるので鵜呑みにしてはいけません。まずは、SNSやブログなどで信頼性の高い口コミ・評判を確認し、取引する海外FX業者の約定力をチェックしてみてください。

また、データサーバーも確認しておきましょう。各海外FX業者で使っているデータサーバーは異なりますが、その中でも「EQUINIX社」の約定力は高いことで知られています。

EQUINIX社は世界の金融機関も利用しているデータサーバーなので、約定力重視で口座を選ぶのであれば「EQUINIX社」を利用しているFX業者を選びましょう。

最大レバレッジが高い

3つ目は「最大レバレッジが高い」です。

スキャルピングは基本的にコツコツ利益を積み重ねていく手法ですが、レバレッジをかけるとより効率的に利益を増やすことができます。

国内FX業者は最大25倍までしかレバレッジをかけられませんが、海外FX業者はレバレッジの倍率に規制がなく、数百倍~数千倍で取引できるので、少ない証拠金でもロット数の引き上げることが可能です。

また、高いレバレッジをかければかけるほど、必然的に用意する証拠金の額も下がるため、自己資金に余裕が生まれて精神的にもストレスのない取引が可能になるでしょう。

なお、最大レバレッジは各海外FX業者によって異なりますが、口座タイプでも異なります。最大レバレッジが高い&スプレッドが狭い&取引手数料のない口座なら、スキャルピングで勝ちやすいですよ!

取引コストが安い

4つ目は「取引コストが安い」です。

FXで発生する取引コストは主にスプレッドと取引手数料ですが、国内FX業者ではどこもほぼ横並びのスプレッドを採用しています。

一方、海外FX業者のスプレッドにはかなりの開きがあるため、少しでも狭い数値の業者や口座を選ぶべきです。

特に、スキャルピングは短時間で何度も取引を繰り返すため、あまりにもスプレッドが広いと取引コストの負担が大きくなり、利益が出にくくなります。

また、どんなにスプレッドが狭かったとしても、取引手数料が高ければ意味がありません。海外FX業者や口座タイプによっては取引手数料が発生することがあるので、取引手数料がいくらなのかも確認してください。

取引手数料無料の業者や口座はスプレッドが広い場合が多く、スプレッドが最狭でも取引手数料が高い場合が多いので覚えておきましょう。

スキャルピングでスプレッドを重視すべき理由

低スプレッドだと手元に多くの利益を残せるのはもちろん、早く利確できて効率が良い、というメリットもあります。

海外FXのスキャルピングにおいて、もっとも避けたいのは手数料負けでしょう。せっかく利益が出ても、全て手数料に消えてしまっては意味がありません。

スキャルピングとスプレッドの関係

例えば、上記の画像のようにスプレッドが1.1pipsだった場合、最低でも利益が1.1pips以上にならないと利確できないのに対し、0.5pipsであれば利確するハードルも低く、取引の回転率も向上しますよ!

ECN方式を採用している

注文方式約定力スキャルピングの可否
DD方式 
STP方式  
ECN方式  

5つ目は「ECN方式を採用している」です。

海外FX業者ではNDD方式とDD方式の2種類があり、さらにNDD方式はSTP方式とECN方式に分かれます。NDD方式ではディーラーが仲介を行わず、トレーダーと市場が直接取引するため、不正操作の心配がなく、透明性の高い取引ができます。

スキャルピングメインで取引するのであれば、ECN方式を選びましょう。ECN方式は約定スピードが高くスプレッドも狭いため、取引コストを抑えながら約定力に優れた取引ができます。

スキャルピングで効率よく利益を出し続けるためにも、NDD方式のECN方式を採用する海外FX業者の中から取引する業者を探してみてくださいね。

ロスカット水準が低い

6つ目は「ロスカット水準が低い」です。

短期売買に初めて挑戦する方の中には、「スキャルピングだからロスカットは気にしない」と考えている方もいるでしょう。

確かに、スキャルピングは比較的ロスカット水準が低いと言われていますが、相場が大きく荒れた場合には含み損を抱えてしまうリスクがあります。

ロスカットが執行されると今まで積み上げてきた利益が水の泡になってしまうので、ロスカット水準が低い業者を選び、少しでもリスクを低めるようにしてください。

追証なし・ゼロカットシステムを採用している

7つ目は「追証なし・ゼロカットシステムを採用している」です。

海外FX業者は大きなレバレッジをかけて取引ができる点が魅力ですが、「ハイレバレッジは損失リスクも大きくなるのでは」と心配される方もいると思います。

しかし、海外FX業者の多くは、追証なしのゼロカットシステムを採用しています。このシステムがあることで、口座残高がマイナスになってしまった場合の損失分を業者側が補填してくれ、0の状態に戻してくれます。

つまり、ゼロカットシステムを採用している海外FX業者なら、低リスクでハイレバ取引に挑戦できます。

ゼロカットシステムは全ての海外FX業者でゼロカットシステムを採用しているわけではないので、必ず公式サイトを確認するようにしてください。

ストップレベルが狭い

8つ目は「ストップレベルが狭い」です。

ストップレベル:指値・逆指値注文などの予約注文を入れる際に、現在の価格から最低限離さないといけない値幅のこと。

ストップレベルが広く設定されていると、理想のタイミングで注文することができません。特に、スキャルピングは小さな値幅を狙って取引するので、ストップレベルが非常に重要になります。

海外FX業者や通貨ペアごとに数値が異なりますが、XM・AXIORY・TitanFX・Tradeviewは全通貨ペアでストップレベルがゼロなので、自由に注文することができますよ!

特にXMの約定率は非常に高いので、サクサク注文が通りますよ!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

海外FXでスキャルピングをするメリット

海外FXでスキャルピングをするメリットは、5つあります。

  • いつでもエントリーできて利益を狙える
  • ハイレバレッジとの相性が良い
  • 為替変動のリスクを軽減できる
  • ほとんどの業者でスキャルピングできる
  • ボーナスを使える

それぞれ見ていきましょう。

いつでもエントリーできて利益を狙える

1つ目は「いつでもエントリーできて利益を狙える」ことです。

スキャルピングは、どんな状況でもエントリーできるトレードスタイルなので、通常では利益も出しにくいレンジ相場・トレンド相場になった時にもポジションを保有できます。

また、海外FXの数百~数千倍のハイレバレッジと組み合わせてスキャルピングを行えば、相場の動きが小さな時でも大きな利益を狙えます!

このようにスキャルピングには、市場の状況に関係なくいつでもエントリーできて利益を狙える上に、レバレッジと取引量を調整しながらリスクを回避できるというメリットがあります。

ハイレバレッジとの相性が良い

2つ目は「ハイレバレッジとの相性が良い」です。

スキャルピングを使って利益を出す場合、コツコツと小さな利益を積み重ねて最終的に大きく稼ぎます。

数秒数分という短時間で為替相場が大きく揺れるケースはほとんどないため、必然的に1回あたりの利益は少なくなりますが、数百~数千倍のレバレッジをかければ、少ない自己資金でも一気に大きく稼げる可能性があります!

国内FXと海外FXの資金効率

例えば1ドル160円の場合、レバレッジをかけない(=1倍)と25倍・1,000倍では以下のように利益額が変わってきます。

レバレッジ1倍25倍1,000倍
通貨単位1万通貨25万通貨1,000万通貨
1pipsあたりの利益160円4,000円160,000円

国内FX業者の最大レバレッジは25倍なので、スキャルピングを禁止していなかったとしても、自己資金が少なければ大きく稼ぐことは難しいでしょう。

しかし、海外FX業者のハイレバレッジを活用すれば、スキャルピングでも一気に儲けられるチャンスがありますよ!

為替変動のリスクを軽減できる

3つ目は「為替変動のリスクを軽減できる」です。

為替相場は基本的にゆっくりと上下を繰り返しますが、短時間で大幅な値動きをする場合もあります。この時にデイトレードやスイングトレードでポジションを保有していると、大幅な値動きによって一瞬で大損してしまいます。

しかし、スキャルピングは数秒~数分で決済を続けるトレードスタイルなので、万が一の時でも為替変動のリスクを軽減できます。

もちろん、為替変動で損失が生じることもありますが、損切り設定をしつつ取引を続けるのがスキャルピングの一般的なスタイルなので、為替変動リスクは最小限に抑えられますよ。

ほとんどの業者でスキャルピングできる

4つ目は「ほとんどの業者でスキャルピングできる」です。

国内FX業者のほとんどはスキャルピングを禁止しているので、国内FX業者でスキャルピング取引をしたいのであれば、業者の選択肢がかなり狭められます。

しかし、海外FXではほとんどの業者がスキャルピングを認めているうえ、スキャルピングとの相性が良い低スプレッド口座を用意しています。そのため、自分の利用したい業者でスキャルピング取引を行い、利益を得ることができますよ!

ボーナスを使える

5つ目は「ボーナスを使える」です。

海外FX業者では、口座開設時や入金時にボーナスがもらえ、証拠金として取引に使えます。

自己資金以上の証拠金で取引できれば、より大きなロットでハイリターンを狙ったスキャルピングに挑戦できるため、稼げる可能性がアップするでしょう。

海外FXでスキャルピングをするデメリット

続いて、デメリットについて紹介していきます。

  • 取引コストがかかる
  • 相場分析が欠かせない

それぞれ見ていきましょう。

取引コストがかかる

1つ目は「取引コストがかかる」です。

スキャルピングは、1日に何十回何百回と取引を繰り返すため、その都度スプレッドによる取引コストがかかります。

例えばデイトレードでスプレッド1pipsだったと仮定すると、その時に発生する取引コストは、1日に1回取引するなら1pipsで済みますが、100回取引するなら100pipsになります。

スキャルピングは取引コストの影響が大きくなるので、着実に利益を積み重ねていくためには、とにかく狭いスプレッドの海外FX業者を選ぶ必要があります。

しかし、低スプレッドの業者・口座タイプは取引手数料がかかる場合があり、トータルの取引コストはほとんど変わりません。少しでも取引コストを抑えたい場合には、デイトレードやスイングトレードを検討しましょう。

相場分析が欠かせない

2つ目は「相場分析が欠かせない」です。

スキャルピングは短時間で何度も取引を繰り返す手法なので、相場分析が欠かせません。

もしFX初心者でスキャルピングをしたいのであれば、まずは短時間取引に慣れることを目標にしましょう。

海外FX業者のデモ口座を開設してひたすら取引を繰り返すのも有効ですが、口座開設ボーナスを使ってリアルな相場での取引を無料体験することもおすすめです。

海外FXのスキャルピングにおすすめの手法

海外FXのスキャルピングをする際におすすめの手法は以下の通りです。

  1. ボリンジャーバンド×スキャルピング
  2. 移動平均線×スキャルピング
  3. RSI×スキャルピング

それぞれ見ていきましょう。

ボリンジャーバンド×スキャルピング

1つ目は「ボリンジャーバンド×スキャルピング」です。

ボリンジャーバンド:価格変動が起こりそうな範囲を事前に予測し、チャート上に表示される指標のこと。

そもそもボリンジャーバンドというのは、レンジ相場の状況ではバンド幅が狭くなり、トレンド相場となった場合にはバンドが開きます。このバンドが開く際に「バンドウォーク」と呼ばれる動きが発生します。

このバンドウォークの動きに乗り、エントリーを続けるのがボリンジャーバンド×スキャルピングの基本的な手法となります。

ただし、短期売買ですので欲張りすぎず、ある程度のところで早めに利確するか、損切りを決断するようにしましょう。

移動平均線×スキャルピング

2つ目は「移動平均線×スキャルピング」です。

移動平均線:一定期間の価格平均を線で繋げたもの。

移動平行線を見れば、現在のトレンドがどんな方向に向かっているのか、そしてトレンドの強さを判断することが可能です。

具体的には、ゴールデンクロスやデッドクロスなどの2本の移動平均線から構成される箇所、またはパーフェクトオーダーといった3本の移動平均線が順番に同じ方向を向いた状況などで、トレンドを判断します。

移動平均線は順張りに適しており、トレンドを掴むことに成功した後はその方向に沿って「押し目買い」「戻り売り」を何度も繰り返すことで、コツコツと利益を積み重ねていくことができます。

RSI×スキャルピング

3つ目は「RSI×スキャルピング」です。

RSI:為替相場が現在「買われすぎ」の状態にあるのか、それとも「売られすぎ」の状態にあるのかを、わかりやすく数値化された指標のこと。

基本的に上部70%以上を示している場合には「買われすぎ」の状況で、必然的に売りのサインとなります。逆に下部30%以下を示している場合には「売られすぎ」の状況で、買いのサインです。

FX初心者でも簡単に使いこなせる指標ですが、RSIが強みを発揮するのは、一定の値幅で行ったり来たりを繰り返しているレンジ相場だということを覚えておきましょう。

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

海外FXでスキャルピングをする時の禁止事項・注意点

続いて、海外FXでスキャルピングする際の禁止事項・注意点を紹介します!

  1. 最大レバレッジが低い業者は利用しない
  2. スプレッドが広い業者は利用しない
  3. 経済指標発表前や窓あけのタイミングでは取引しない
  4. 複数口座・複数業者間の両建て行為をしない
  5. 裁定取引(アービトラージ)をしない

それぞれ見ていきましょう。

最大レバレッジが低い業者は利用しない

1つ目は「最大レバレッジが低い業者は利用しない」です。

海外FX業者が提供しているレバレッジは国内FX業者よりも圧倒的に大きいですが、業者によって最大レバレッジは400倍~5,000倍と大きく異なります。

スキャルピングは少ない値幅でも利益確保に繋がりますが、資金効率を上げるためには最大レバレッジが低い業者は避けた方が良いでしょう。

可能であれば、最大1,000倍以上のレバレッジで取引できる海外FX業者の中から選ぶことをおすすめします。

また、実際に取引する際のレバレッジの倍率はトレーダー自身で自由に設定できるので、相場の状況によって倍率の変更を行ってください。

スプレッドが広い業者は利用しない

2つ目は「スプレッドが広い業者は利用しない」です。

スキャルピングは短時間で何度も繰り返し取引をする手法なので、スプレッドが広いと取引コストが増え、手元に残る利益が少なくなってしまいます。

海外FX業者は比較的低スプレッドなところが多いですが、中にはかなり広いスプレッドを採用している業者もあります。

コツコツと稼ぐスキャルピングにとってスプレッドの広さは致命的なので、少しでも狭いスプレッドで取引できる海外FX業者で口座を開設しましょう。

また、スプレッドだけを確認するのではなく、取引手数料も含めてチェックするようにしてくださいね。

経済指標発表前や窓あけのタイミングでは取引しない

3つ目は「経済指標発表前や窓あけのタイミングでは取引しない」です。

経済指標発表前や窓あけのタイミングというのは相場が大きく動きやすいため、ピンポイントで取引すると大きく稼げるチャンスがある反面、逆に大きな損失を抱えるリスクもあります。

そもそも、経済指標発表前や窓あけのタイミングを狙った取引はほとんどの海外FX業者で禁止しているので、利益を得たとしても出金を拒否されたり、口座凍結のペナルティを課せられたりする恐れがあります。

海外FX業者でスキャルピングし続けるためにも、経済指標発表前や窓あけのタイミングでの取引は避けるようにしてください。

複数口座・複数業者間の両建て行為をしない

4つ目は「複数口座・複数業者間の両建て行為をしない」です。

多くの海外FX業者では、以下のような両建て行為を禁止しています。

禁止されている両建て行為の例
  • 口座Aでドル円のロング、口座Bでドル円のショートを保有
  • 業者Aでドル円のロング、業者Bでドル円のショートを保有

上記のような行為を行うと、片方の口座で損失が発生してもゼロカットシステムが発動して入金額以上に損することはない一方で、もう一つの口座で利益を得ることができます。

このような行為は禁止されており、ゼロカットシステムの悪用として出金拒否や利益没収・口座凍結される可能性があるので行わないようにしましょう。

裁定取引(アービトラージ)をしない

5つ目は「裁定取引(アービトラージ)をしない」です。

裁定取引:複数の通貨の価格差を利用して利益を得ること。例えば、複数業者の間で流れるレート配信の遅れを使えば利益が確実に生じる。

このように、裁定取引はほぼ確実に利益をゲットできるので、ほとんどの海外FX業者で禁止されています。

また、スワップポイントの差を利用する裁定取引や、3つの通貨ペアの価格差を利用する「トライアングルアービトラージ」などがあります。

これらも出金拒否・利益没収・口座凍結の可能性があるので、行わないようにしましょう。

海外FXのスキャルピングに関するQ&A

最後に、海外FXのスキャルピングに関するよくある質問に回答します。

海外FXでスキャルピングを禁止している業者はどこですか?

海外FX業者でスキャルピングを禁止している業者として代表的なのは、iFOREXです。

iFOREXは低スプレッド&最大レバレッジ400倍&豪華なボーナスキャンペーンなど、スキャルピングにとって最高の条件が揃っていますが、利用規約にもしっかり禁止と明記されているため、スキャルピングを行ってはいけません。

ルールに違反すると、利益没収・出金拒否・口座凍結などの重いペナルティが課せられるので、絶対に禁止事項を行わないようにしましょう。

海外FXのスキャルピングには何の通貨ペアがおすすめですか?

「狭いスプレッド」「通貨取引量が多い」を満たす通貨ペアで取引しましょう。

スキャルピングは数秒~数分という超短時間で何度も取引を繰り返す手法なので、スプレッドの影響が非常に大きいです。

デイトレードやスイングトレードなど中長期取引の場合は、スプレッドの広さをそこまで気にする必要はありませんが、スキャルピングのように1日に何十回~何百回と取引をする場合はスプレッドが狭い方が有利です。

また、通貨取引量にも注意が必要です。通貨取引量が多いほど、全世界で買いと売りが頻繁に行われているため、約定しやすい&スリッページも比較的少ないというメリットがあります。

これらの条件に見合った通貨ペアは「ドル円」「ユーロ円」などです。ドル円やユーロ円は全ての海外FX業者で取り扱っているので、低スプレッドのFX業者を選んでスキャルピングに挑戦してみてください。

海外FXのスキャルピングに最適な取引ツールは何ですか?

「約定しやすい」「板情報の閲覧可能」「ワンクリック決済対応」などが揃った取引ツールがおすすめします。

スキャルピングに最適なのは「cTrader」です。cTraderはTradeviewが取り扱う取引ツールで、スキャルピングをするにあたって最適な環境・機能です。

また、cTraderを導入するTradeview自体もスキャルピングにおすすめの海外FX業者です。スプレッドの狭さ&約定力の高さで人気があり、特に短期売買のプロトレーダーから支持を集めています。

驚異的な激狭スプレッドは海外FX業者の中でも断トツで、取引コストを最小限に抑えながら取引できます。金融ライセンスも所持しており、口コミ・評判でも悪評がほとんどない優良業者なので、安心して使えますよ。

不当な理由で出金拒否や口座凍結されるなどの噂も一切ありませんので、取引だけに集中できます。

「海外FXはスキャルピングがおすすめ」と言われている理由を教えてください。

海外FX業者は透明性の高いNDD方式が多い&スプレッドも比較的狭い&レバレッジの倍率が高いことから、おすすめだと言われています。

NDD方式は、トレーダーと市場の間に業者が介入しないため、不正操作をされる可能性がなく、約定力も高くなります。

また、海外FX業者では比較的狭いスプレッドを採用しているところが多く、大量取引回数時のコストを抑えられます。取引コストが抑えられれば、その分手元に残る利益が増えるので、スキャルピングにとって最適な環境です。

さらに、レバレッジは国内FX業者は最大25倍にしか設定できないため、少しの値動きでコツコツと利益を得るスキャルピングにはどうしても不向きです。一方、海外FX業者なら数百~数千倍のレバレッジをかけて、一気に稼ぐことができます。

海外FX業者はスキャルピングを認めているところがほとんどなので、スキャルピングをしたいのであれば海外FX一択ですよ!

XMはスキャルピングに向きですか?

XMのKIWAMI極口座は、スキャルピングに向いています。

XMでは「スキャルピングを認めています」とはっきり明記しており、取引回数にも制限がないので、短期売買をして出金拒否されてしまうことがありません。

さらに、自動売買ツールを使ったスキャルピングも認めていますので、忙しくて日中にFXできない方にもおすすめです。

ただし、XMのKIWAMI極口座・ゼロ口座以外はスプレッドが広く、取引コストが膨大になってしまいます。スプレッドだけを見るとゼロ口座の方が安いですが、KIWAMI極口座の方がトータルの取引手数料は抑えられます。

何より、今ならKIWAMI極口座に新規口座開設すると13,000円分のボーナスがもらえます!無料でスキャルピング取引を体験するチャンスなので、是非この機会にKIWAMI極口座を使ってみてくださいね!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

海外口座でFXのスキャルピングが可能なところはありますか?

たくさんの海外FX業者でスキャルピングを認めていますが、おすすめはXMです。

XMが2022年にリリースしたKIWAMI極口座は業界最狭水準のスプレッドを提供しているため、スキャルピングとの相性が抜群です!

さらに、KIWAMI極口座を開設すると、口座開設ボーナス13,000円分がもらえるので、KIWAMI極口座でのスキャルピングを無料体験するなら今がチャンスですよ!

スキャルピングに最適なFX会社は海外だとどこがおすすめですか?

スキャルピングに最適なのは、業界最狭水準のスプレッドを提供しているXMのKIWAMI極口座です。

また、資金に余裕のあるトレーダーは、Exnessのプロ口座もおすすめです!ボーナスはもらえませんが、最大レバレッジ無制限&ロスカット水準0%なので、ギリギリまで含み損に耐えたハイレバスキャルピングを行えます。

もし、海外FX業者でスキャルピングをする場合には、XMのKIWAMI極口座もしくはExnessのプロ口座で口座開設してみてください!

どちらも追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、デイトレードやスイングトレードにも向いていますよ。

海外FXのスキャルピングは取引コストが高いって本当ですか?

海外FX業者の中には「最低スプレッド0.0pips」と表記しているところもありますが、実際に0.0pipsで取引できる業者はほとんどありません。また。ECN口座は低スプレッドでも取引手数料が別途発生します。

取引コストだけを見ると国内FXよりも海外FXの方が高額になりますが、海外FXには豪華なボーナスやハイレバレッジ、ゼロカットシステムなど、トレーダーが有利に取引できるサービスがたくさんあります。

サービスにかかるコスト分を取引コストでまかなっているため、どうしても国内FXよりも取引コストが高くなってしまうことを覚えておきましょう。

マイナンバー通貨ペアのスプレッドが広がりやすいのはなぜですか?

マイナー通貨はメジャー通貨ペアよりも取引している人が少ないので、必然的にボラティリティが小さく、買いたいトレーダーと売りたいトレーダーをマッチングさせるのに時間がかかってしまいます。

そのため、スプレッドが広がりやすく、スキャルピングには不向きです。スキャルピングで勝ちたいのであれば、ドル円やユーロ円など、メジャー通貨ペアで取引するようにしましょう。

EA(自動売買ツール)でのスキャルピングもできますか?

ほとんどの海外FX業者はEAを使ったスキャルピング取引を認めています。

自動売買ツールを上手く活用すれば、チャートを追えない時間や早朝・深夜でも自動で取引してくれるので、取引チャンスを逃しません。

しかし、EAにもともと設定されているロジックに利用規約違反行為が含まれていないかは必ず確認するようにしてください。

海外FXでスキャルピングするのに向いていない時間帯はありますか?

海外FXでスキャルピングをしたい場合、経済指標発表の前後や早朝は避けるようにしましょう。

これらは通常の数倍~数十倍にスプレッドが広がるので、負けてしまう可能性が高くなります。

初心者にスキャルピングは難しいですか?

初心者トレーダーがスキャルピングで稼ぐことは簡単ではありません。

初心者の場合は自分に向いている取引スタイルが分からなかったり、FXに関する知識・経験が乏しかったりするので、それらを解決してからスキャルピングを行っても遅くはないでしょう。

とはいえ、デモ口座を利用したり口座開設ボーナスを利用したりすれば、ノーリスクでスキャルピングを体験できるため、「どうしてもスキャルピングに挑戦したい」という方は是非チャレンジしてみてください!

フルレバスキャルはリスクが高いですか?

高いレバレッジをかければかけるほどリスクは高まりますが、ルールを守っていれば問題ありません。

「損切を必ず設定する」「自分の資金量以上の取引をしない」の2点を意識すれば、ローリスクで利益を狙えますよ。

海外FXのスキャルピング口座を選ぶ際のポイントを教えてください。

海外FXのスキャルピング口座を選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

スキャルピング口座を選ぶ際のポイント
  • スキャルピングが禁止されていない
  • 約定力が高い
  • 最大レバレッジが高い
  • 取引コストが安い
  • ECN方式を採用している
  • ロスカット水準が低い
  • 追証なし・ゼロカットシステムを採用している

これらに基づいた結果、スキャルピングに1番おすすめなのはXMのKIWAMI極口座です!

XMが2022年にリリースしたKIWAMI極口座は、業界最狭スプレッドを提供しているため、スキャルピングとの相性が抜群ですよ!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

海外FXスキャルピングと相性抜群のおすすめ業者を徹底解説!まとめ

海外FXスキャルピングと相性抜群のおすすめ業者を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

スキャルピングを行うときは、スキャルピングを認めている海外FX業者を利用する必要があります。その中でも、低スプレッドで取引コストが安い・ECN口座を使える・最大レバレッジが高いところを選ぶと良いでしょう。

最後に、おすすめのスキャルピング口座を載せておくので、迷った方は是非この中から選んで取引してみてくださいね!

海外FX業者口座タイプ解説部分
XMKIWAMI極口座解説を読む
Exnessプロ口座解説を読む
FXGTPRO口座解説を読む
AXIORYナノ口座解説を読む
TitanFXゼロブレード口座解説を読む
TradeviewILC口座解説を読む
HFMゼロスプレッド口座解説を読む
海外FXのスキャルピング口座おすすめ比較ランキング
目次