海外FX法人口座おすすめ9選!海外FX法人化メリット&意味ない噂を検証

海外FX法人口座おすすめ

海外FXで多額の利益を出しているトレーダーの方の中には、法人口座を開設しようか迷っている方もいるでしょう。

法人口座には高い節税効果を期待できるというメリットもある一方で、注意点を正しく理解しておかないと、むしろ納税額が増えてしまうこともあります。

この記事では、法人口座を開設するメリット・デメリットを説明した上で、法人口座に切り替えるべきタイミングや法人口座を開設するのにおすすめの業者まで詳しく紹介していきます!

悩んでいる方はFXGTがおすすめ!
【当サイト限定】FXGTのボーナスキャンペーン

「どのFX業者で法人口座を開設するか悩んでいる」という方は、FXGTがおすすめです!

法人口座人気No.1を誇るFXGTは、出金拒否の噂が一切ないことはもちろん、豊富な銘柄を最大レバレッジ1,000倍で取引できるため、プロトレーダーから高い評価を得ています!

そんなFXGTでは、現在期間限定で口座開設ボーナス&入金ボーナスキャンペーンを開催しています!

  • 口座開設ボーナス:20,000円
  • 175%(100%+50%+25%)入金ボーナス【資金を2倍以上にできる】
    ・100%入金ボーナス:上限8万円
    ・50%入金ボーナス:2回目以降の入金は50%(上限15万円)
    ・25%入金ボーナス:3回目以降の入金は25%(上限120万円)

新規登録&本人確認を完了させることで、20,000円の口座開設ボーナスを受け取れます。

さらに、初回入金額に応じて最大8万円まで100%Welcome入金ボーナスを、2回目の入金額に関しては最大15万円まで50%入金ボーナスを、3回目以降の入金に関しても最大120万円まで25%入金ボーナスを受け取れるのです。

つまり、8万円入金すると8万円がそのままもらえるため、合計16万円から取引を始めることができるのです。

さらにさらに、今なら対象者にはもれなく、当サイト限定で現金10,000円もプレゼントしています!

現金10,000円キャッシュバックの獲得条件はこちらをクリックすると確認できます。

下記の手順を行うと、口座に現金10,000円がキャッシュバックされます!

  • 当サイト経由で新規口座を開設して、取引口座に8万円以上直接入金する。
    ※E-wallet経由の資金移動ではなく、MT4/MT5口座などの取引口座へ直接入金する必要があります。
  • 2024年8月9日6時59分59秒までに1GTロット(10万ドル)の取引をする。
    ※5分以上のポジション保有でキャッシュバックの対象となります。

100%Welcome入金ボーナスの上限額も8万円となっているため、8万円入金すると8万円がそのままもらえるだけでなく、現金10,000円もキャッシュバックされる激アツなキャンペーンとなっています!

上記すべてのキャンペーンは2024年7月14日15時59分59秒までの期間限定となっているので、今のうちに口座開設してまずは20,000円の口座開設ボーナスを使って無料体験してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

目次

【結論】海外FX法人口座おすすめランキング一覧表

最初に、海外FXでの法人口座開設におすすめの業者をランキング形式で紹介します。

海外FX業者特徴
FXGT豪華なボーナスキャンペーンの開催
AXIORY狭いスプレッド&日本語サポートの充実
TitanFXCFD商品のスプレッドが狭い
BigBoss最大ポジション数の制限なし
Exness21億倍のレバレッジ
HFM高い安全性とボーナスキャンペーン
TradersTrust最大レバレッジ&ボーナスの利用可能
ThreeTrader業界最狭のスプレッド
iFOREX担当者が法人口座開設を丁寧にサポート
海外FX法人口座おすすめランキング

他にも法人口座を開設できる海外FX業者は存在しますが、取引スペック・安全性などを重視するのであれば、上記の9社がおすすめです。

それぞれの詳細について知りたい場合は、海外FX法人口座おすすめランキング9選にスキップしてくださいね。

「一番おすすめの法人口座を開設したい!」という方はFXGTがおすすめです!

FXGTなら法人口座でも豪華なボーナスを受け取ることができます。今なら20,000円のボーナスを使って無料体験できるので、是非FXGTの法人口座を開設してみてくださいね。

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FXの法人口座とは

そもそも、海外FXにおける法人口座とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、法人口座についての特徴&ポイントを押さえていきましょう!

  1. 名義人が会社名となっている口座である
  2. 取引条件は個人口座と変わらない
  3. 法人口座・個人口座の最大の違いは税制

それぞれ順番に解説していきます。

名義人が会社名となっている口座である

法人口座とは、「口座名義人が会社名となっている口座」のことを言います。

法人とは:法律によって自然人と同じ権利・義務を認められた組織のこと。株式会社や合名会社などが法人に該当する。

会社名義の法人口座を開設することで、会社の財産と代表者個人の財産を分けて管理することが可能になります。

「個人事業主」は法人に含まれないため、法人口座を開設することはできません。

取引条件は個人口座と変わらない

名義人が会社名であるからといって、取引条件が個人口座と異なるわけではありません。

最大レバレッジに制限がかかることもありませんし、スプレッドの狭さもそのままです。取引ツールも「MT4」「MT5」が主流であり、個人口座とほとんど同じ環境でトレードすることができます!

海外FX業者によっては、法人口座もボーナスキャンペーンの対象となっています。

特に、FXGTは個人口座・法人口座でボーナスを共有するため、個人口座でボーナスを使い切っていなければ、法人口座でもボーナスの受け取りが可能です!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FXの法人口座は税金が安くなる可能性もある

それでは、個人口座と法人口座に違いはあるのでしょうか。

海外FXの法人口座と個人口座では、適用される「税制」や「税率」が大きく異なります。

個人口座を利用した取引の利益には「所得税」がかかります。一方、法人口座を利用した取引の利益にかかるのは、「法人税」です。

税制が異なると聞いて不安になる方もいるかもしれませんが、この税制の違いを活用しているトレーダーが多く存在します。この記事の中でも解説しているので、ぜひ参考にしてください!

海外FXの法人化は意味ない?個人口座との違いを比較

海外FXの法人口座と個人口座を比較したものがこちらです。

項目個人口座法人口座
税率15%~55%
※住民税10%を含む
22.4%~36.8%
※地方税・住民税を含む
経費にできるもの少ない多い
他事業との損益通算
損失の繰り越し10年分は可能
含み損益の所得計上
年間マイナスの場合税金はかからない法人住民税はかかる
その他コストなし法人設立費:10~30万円
税理士費用:年間30~100万円
必要書類本人確認書類
住所確認書類
本人確認書類
住所確認書類
登記簿謄本
株主名簿
法人の住所確認書類
会社の定款
履歴事項全部証明書など

ここでは、法人口座と個人口座の違いについて詳しく説明していきます。

法人口座と個人口座の違い①税率

1つ目の違いは「税率」です。

個人口座も法人口座も所得額によって税率は異なりますが、最大税率は個人口座の場合55%、法人口座の場合36.8%となります。そのため、所得税の多い人は法人化することで節税の恩恵を受けられます。

個人口座の税率

個人口座では「累進課税制度」が採用されており、FXでの利益が多ければ多いほど、多額の税金を支払う必要があります。具体的な税率は以下の通りです。

年間所得金額所得税率控除額
195万円未満5%0円
195万円以上~330万円未満10%9万7500円
330万円以上~695万円未満20%42万7000円
695万円以上~900万円未満23%63万6000円
900万円以上~1800万円未満33%153万6000円
1800万円以上~4000万円未満40%279万6000円
4000万円以上45%479万6000円
海外FXの個人口座における税率

例えば、所得が500万円の場合、500万×20%-9万7500円=90万2500円の税金がかかります。

なお、個人口座の場合はこの所得税に一律10%の住民税を加えたものが、最終的に納める税金となります。

法人口座の税率

法人口座にかかる税金「法人税等」は、法人税・法人住民税・法人事業税の3つから構成されています。

法人税(国税):法人が得た利益から経費を引いた分の所得に対してかかる税金のこと。
法人住民税(地方税):事業所のある地方自治体に対して納める税金のこと。
法人事業税(地方税):法人が事業を営むことで生じた負担を課すための税金のこと。

課税所得金額の区分400 万円以下400 万円超 800 万円以下800 万円超
法人税法人税15.00%15.00%23.20%
地方法人税1.55%1.55%2.39%
法人住民税法人住民税
(都道府県民税)
0.15%0.15%0.23%
法人住民税
(区市町村民税)
0.90%0.90%1.39%
法人事業税事業税3.50%5.30%7.00%
特別法人事業税1.30%1.96%2.59%
総合税率22.40%24.86%36.80%

法人口座の場合はかかる税金の種類が多い分、法人口座に課される税金は高くなりやすい傾向にあります。法人口座にかかる平均的な税率は、法人税・法人住民税・法人事業税を合わせて30%前後となるケースが多いようです。

しかし、「経費計上できる項目が多い」「複数の所得の利益と損失を合算して計算できる」「損失を最大10年間繰越可能」といったメリットを活用することで、個人口座よりも大幅に節税することが可能です。

法人口座と個人口座の違い②経費の範囲・損益通算&損失繰越の可否

2つ目の違いは「経費の範囲・損益通算&損失繰越の可否」です。

個人口座法人口座
経費計上できるものパソコンやスマホ代
Wi-Fi代
家賃の一部など
パソコンやスマホ代
Wi-Fi代
家賃の一部
役員報酬
生命保険料
損益通算できるものアフィリエイト
せどり
年金収入など
他事業
損失繰越不可10年間可能

法人口座は経費にできるものが個人口座よりも圧倒的に多く、上手に活用することで大きな節税効果を得られます。

また、個人口座では雑所得としか損益通算できないのに対し、法人口座は他事業と損益通算できるため、FXで多くの利益が出ても他事業への投資費用に回して節税することが可能です。

さらに、FXで損失が出た時は他事業の利益と相殺できるだけでなく、10年間の損失繰越も利用できるので、覚えておくと良いでしょう。

法人口座と個人口座の違い③法人設立・税理士費用などのコスト

3つ目の違いは「法人設立・税理士費用などのコスト」です。

法人化すると、法人設立費(合同会社で10~20万円、株式会社で20~30万円ほど)や、税理士費用(毎月1~2万円、決算時に10万円ほど)が発生します。

個人口座ではかからなかったコストが増えるだけでなく、会社を運営するために必要な雑務も生じるため、FXに回せる時間が減るか、事務を雇うかを選ばなければいけないでしょう。

このように、個人口座と法人口座のどちらが良いかはトレーダーによって異なります。違いを理解した上で、どちらの方が自分にプラスかを考えてみてくださいね。

FXGTで法人口座を開設すると、豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引することが可能です!

最大1,000倍のレバレッジ&130種類以上の取り扱いペア&ゼロカットシステムなど、稼ぎやすい環境を整えているので、法人口座を開設する際はFXGTを検討してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FX法人化のメリット

法人口座の開設にはどのようなメリットが挙げられるのでしょうか。

  1. 所得700万円以上だと税金が安くなる
  2. 経費として申告できる項目が増える
  3. 損益通算ができる
  4. 損失の繰り越しができる
  5. 利益を別事業に投資できる

それぞれ順番に解説していきます!

海外FX法人化の損益分岐点である所得700万円以上だと税金が安くなる

1つ目のメリットは「所得700万円以上だと税金が安くなる」です。

ここまで見てきた通り、「法人口座にかかる税金を上回るほど稼げているトレーダーであれば、法人口座を開設した方が税金を抑えられる可能性が高い」と言えます。

それでは、いくら稼いでいると「法人口座にかかる税金を上回っている」と言えるのでしょうか。実際に、年間所得別で「個人口座にかかる税金」と「法人口座にかかる税金」を比較してみましょう。

条件
  • 年間所得に含まれるのは海外FXでの取引による利益のみとする。
  • 経費は計上しないものとする。
  • 法人口座の名義人となっているのは資本金1000万円以下の普通法人とする。
年間所得個人口座にかかる税金法人口座にかかる税金
100万円81,000円293,800円
200万円232,000円517,800円
300万円417,200円741,600円
400万円691,800円965,600円
500万円1,046,000円1,214,100円
600万円1,400,200円1,462,700円
700万円1,754,400円1,711,200円
800万円2,126,000円1,959,800円
900万円2,510,800円2,327,700円
1000万円2,948,800円2,695,700円
5000万円25,430,700円18,099,200円
1億円55,903,200円37,224,200円
海外FXにおける個人口座と法人口座の税金比較

上記の表の700万円の欄を見てください。個人口座にかかる税金が法人口座にかかる税金を上回っています。つまり、700万円以上稼げている場合、法人口座を利用した方が税金を抑えられるのです。

個人口座の場合、695万円以上の所得には合計33%の税率がかけられます。法人口座にかかる税金は平均30%なので、700万円以上の稼ぎがあるトレーダーは法人口座の開設を検討してみましょう!

しかし、所得税を10万円浮かせたとしても、法人設立費や税理士費用で10万円を超えるコストがかかってしまうなど、個人口座のままの方が良いケースもあります。

法人を運営する上でかかるコストを把握した上で、それでも法人口座に切り替えるメリットの方が大きいのかを検討するようにしてください。

なお、税額は都道府県や市区町村によって異なります。詳しくは国税庁の公式サイトを参照してください。

経費として申告できる項目が増える

2つ目のメリットは「経費として申告できる項目が増える」ということです。

法人口座で経費計上に対応しているもの
  • FXに使うパソコンの購入費
  • FXで利用する自動売買ソフトの購入費
  • FXについて学習するための参考書の購入費
  • FXに関するセミナーへの参加費・交通費
  • 家賃や水道代・光熱費の一部
  • 生命保険料や退職金

個人口座においても、FXに関する費用を「経費」として申告することができます。しかし、法人口座において、経費計上に対応している項目は個人口座よりもさらに多く、大幅な節税が見込めます。

書籍代やパソコン代だけでなく、家賃や光熱費、生命保険料に退職金まで税金の対象外にすることができるので、個人口座を利用するよりも税金の対象となる幅を狭めることが可能です!

損益通算ができる

3つ目のメリットは「損益通算ができる」ということです。

損益通算とは:複数の所得を持っている場合、利益のある所得と損失のある所得を合算して計算すること。

例を1つ挙げるので、一緒に考えてみましょう!

損益通算の例
STEP
海外FXで500万円の利益を稼いだ

法人口座で取引をし、海外FXで500万円の利益を稼ぎました。

通常であれば、この利益に対し法人税を納める必要があるはずです。

STEP
物販事業で失敗し、500万円の損失を出した

同じ法人内で物販事業を展開していましたが、失敗して500万円の損失を出してしまいました。

STEP
損益計算をする

このとき、損益通算をすることができます。

海外FXによる利益500万円から物販事業による損失500万円を引くと、合計の利益は0円となります。

したがって、0円の利益にかかる税金も0円です。もともと海外FXの利益分には法人税が課されるはずでしたが、損益計算によって納税を回避することが可能となったのです。

このように、同一の法人が複数の事業を展開している場合、それぞれの利益と所得を差し引きすることで、残った利益分だけに税金をかけることが可能になります。

個人口座で損益通算に対応しているのは仮想通貨のみになるので、法人口座の大きなメリットであると言えるでしょう。

同一の法人で複数の事業を行う場合は、定款に事業内容を記載しなければなりません。会社設立時に行政書士か税理士にお問い合わせください。

損失の繰り越しができる

4つ目のメリットは「損失の繰り越しができる」ということです。

海外FXの個人口座では、損失を翌年に繰り越すことができません。しかし、海外FXの法人口座では、損失を最大9年間繰り越しすることが可能です!

こちらも1つ例を挙げるので、実際に考えてみましょう。

損失繰越の例
STEP
前年、海外FXで500万円の損失を出した

去年、法人口座で取引した結果、海外FXで500万円の損失を出してしまいました。

STEP
翌年、海外FXで500万円の利益を出した

そして今年、同一の法人口座で取引を行い、海外FXで500万円の利益を出しました。

通常であれば、この500万円の利益には税金がかかるはずです。

STEP
損失を繰り越していた場合を考える

このとき、損失の繰り越しをしていたとします。前年度の損失分が今年に繰り越されていたため、差し引きすると今年度の合計の利益は0円となります。

したがって、今年度の利益にかかる税金は発生しません。

このように、損失の繰り越しをすると、それ以降に出した利益は繰り越した損失と打ち消しあい、納税を回避できるようになります。

海外FXの個人口座で利益を出すと、以前に損失を出したかどうかに関係なく税金がかかりますが、法人口座では、損失繰越を利用して「プラマイゼロ」で終わらせることが可能です!

利益を別事業に投資できる

5つ目のメリットは「利益を別事業に投資できる」ということです。

海外FXで稼いだ利益の運用先
  • 別の事業の立ち上げに利用する
  • 不動産の購入費にあてる
  • 高配当の株を購入する
  • 有望な事業に投資・出資する

上記のように、海外FXで得た利益をさらに運用することで、雪だるま式に利益を大きくしていけます!

同一の法人内で投資・出資を行えば、損益通算や資金の繰り越しも可能なので、個人口座よりも運用がしやすい状況であると言えるでしょう。

FXGTで法人口座を開設すると、豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引することが可能です!

最大1,000倍のレバレッジ&130種類以上の取り扱いペア&ゼロカットシステムなど、稼ぎやすい環境を整えているので、法人口座を開設する際はFXGTを検討してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FX法人化のデメリット

法人口座を開設する前に、法人口座を利用するデメリットを押さえておきましょう。

  1. 自由に出金することはできない
  2. 法人の設立・維持にはコストがかかる
  3. 赤字でも納税の対象となる
  4. 廃業時にも費用がかかる
  5. 含み益も課税対象となる

それぞれ順番に解説しています!

自由に出金することはできない

1つ目のデメリットは「自由に出金することはできない」ということです。

法人口座に入っている証拠金・利益分のお金は、あくまで「会社のもの」となります。そのため、個人口座のように好きなタイミングで自由に出金することはできません。

個人的な用途でお金を使いたい場合、「毎月の役員報酬」という形で会社から個人にお金を移すことになります。ただし、年度の途中で報酬額を変更することは禁止されています。

また、個人の給料には社会保険料や源泉所得税がかかるため、会社にお金をプールしたまま法人税を支払った方が得するケースもあります。

「役員報酬分のお金がない」「もっと多く出金したい」「個人に給料を支払ったら多額の税金を納めることになった」ということがないように、細心の注意を払って役員報酬額を決める必要がある、ということを覚えておきましょう。

法人の設立・維持にはコストがかかる

2つ目のデメリットは「法人の設立・維持・解約にはコストがかかる」ということです。

当たり前ですが、個人のトレーダーが法人口座を開設するためには、法人の設立から始めなくてはなりません。

この時、法人の設立には合同会社で10~20万円、株式会社で20~30万円が必要になります。

その他、顧問税理士の雇用や会計ソフトの導入など、法人の維持にもお金がかかります。顧問弁護士を雇うと、毎月1~2万円、決算時期に10万円ほど支払う必要があるので注意してください。

赤字でも納税の対象となる

3つ目のデメリットは「赤字でも納税の対象となる」です。

法人を運営していると、決算が赤字になる年もあります。

しかし、赤字か黒字かに関係なく、資本金が1000万円以下の法人は7万円、それを超える法人は18万円を法人住民税として支払わなければいけません。

法人口座は海外FXで損失を出した時に損失繰越や損益通算ができる反面、決算赤字の時でも税金を支払う必要があるので、安定して利益を出せるようになってから法人化することをおすすめします。

廃業時にも費用がかかる

4つ目のデメリットは「廃業時にも費用がかかる」です。

先ほども述べた通り、法人設立や維持のためにはコストがかかります。

また、廃業する時にも費用はかかり、手続き完了までに最低でも7万円、税理士に依頼した場合はそれ以上の費用がかかると考えられています。

「なんとなく」で法人化してしまうと、思うように運営できなくなった時に後悔する可能性もあるので、十分に検討してから法人口座を開設するようにしてください。

含み益も課税対象となる

5つ目のデメリットは「含み益も課税対象となる」です。

海外FXの法人口座は含み益も課税の対象となるので、個人口座のように利確せずに年度を持ち越す、ということができません。

「税金を先延ばしして上手に調整したいと思っていたのに、法人口座ではできなかった」とならないように、このことを理解しておくようにしましょう。

FXGTで法人口座を開設すると、豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引することが可能です!

最大1,000倍のレバレッジ&130種類以上の取り扱いペア&ゼロカットシステムなど、稼ぎやすい環境を整えているので、法人口座を開設する際はFXGTを検討してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FX法人口座を開設するタイミングは?

個人口座では「累進課税制度」が採用されていて、FXで稼ぐほど税率は上がり、住民税と合わせると最大55%の税金を納めなくてはいけません。

一方、法人口座では「800万円のボーダー」があり、平均的な税率は30%前後であるとされているので、「法人口座にかかる税金を上回るほど稼げているトレーダーは、法人口座を開設した方が得なのでは」と考える人もいるでしょう。

先ほども述べた通り、FXによる年間所得が700万円を超えていれば、法人口座の恩恵を受け取ることが可能です。しかし、それは以下の要素を全く考慮せずに計算した結果となっています。

法人口座の開設前に考慮すべきこと
  • FXでの取引に関連する費用を「経費」とすることができる
  • 法人化することで税理士費用がかかる
  • 法人化すると雑務が発生する
  • 個人にお金を移動させると高い税金を納めることになる
  • 社会保険料が高額

700万円以上利益を出していたとしても、法人口座を開設するのが100%お得だとは限りません。むしろ、個人口座のまま、次のような節税方法を試すことで最終的な節税効果がより大きくなる可能性もあります。

個人口座で実践できる節税方法
  • 小規模企業共済で年間84万円を経費計上する
  • iDeCoで経費にする
  • 家賃や車の一部を経費計上する
  • 家族に給料を支払って経費にする

法人化とその維持には費用と時間がかかるため、早い時期に計画を立てておくことが重要ですが、まずは上記の方法を試して、それでも高い税金を納めなければいけない場合は法人化を検討した方が安全でしょう。

一般的に、海外FXで法人口座をして恩恵を受けられるのは、5年間続けて1000万円以上の利益が出せる&その中の1年間でも2000万円以上の利益を出せる人だと言われています。

なお、下記の記事では海外FXの税金や確定申告に関する情報をまとめて紹介しています。海外FXの税金について少しでも疑問点や不安なところがあればぜひ参考にしてくださいね。

海外FX法人口座おすすめランキング【9選】

ここからは、海外FXでの法人口座開設におすすめの業者をランキング形式で紹介します。

スクロールできます
海外FX業者スプレッド(ドル円)レバレッジレバレッジ制限入金ボーナス金融ライセンス
FXGT
(プロ口座)
0.5pips最大1,000倍30万ドル~:500倍
100万ドル~:200倍
最大143万円セーシェル金融庁(FSA)
AXIORY
(ナノ・テラ口座)
1.0pips最大1,000倍50万円~:400倍
1400万円~:300倍
2800万円~:200倍
金融サービス委員会 (FSC)
TitanFX
(ブレード口座)
0.3pips最大500倍バヌアツ金融サービス委員会
BigBoss
(デラックス口座)
1.0〜1.6pips最大2,222倍
※条件あり
1万ドルまで:2,222倍
1万1ドル~:1,111倍
2万ドル~:555倍
5万ドル~:200倍
10万ドル~100倍
最大205万円
※条件付き
セントビンセント・グレナディーン金融庁
Exness
(プロ口座)
0.7pips最大21億倍1,000ドル~:2,000倍
5,000ドル~:1,000倍
3万ドル~:500倍
Financial Conduct Authority(FCA) 
HFM
(プロ口座)
0.7pips最大2,000倍1万ドル~:1,000倍
5万ドル~:500倍
30万ドル~:75倍
最大78万円セーシェル金融庁(FSA)
TradersTrust
(プロ口座)
0.4pips最大3,000倍最大1,000万円
※条件付き
セーシェル金融庁(FSA)
ThreeTrader
(ゼロ口座)
0.47pips最大500倍バヌアツ金融サービス委員会
iFOREX
(エリート口座)
1.0pips最大400倍最大30万円英国領ヴァージン諸島
海外FX法人口座おすすめランキング

第1位から順番に解説していきます!

FXGT|ボーナスが豪華で勢いのある業者

【当サイト限定】FXGTのボーナスキャンペーン
総合:96点
設立2009年
ライセンスセーシェル共和国
ボーナス
(2024年7月現在)
・口座開設ボーナス20,000円
・条件達成ボーナス10,000円
・入金ボーナス(最大143万円)
・お友達紹介ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
取引ツールMT4/MT5
最小取引単位10通貨
FXGTの法人口座
ボーナス:5
取引コスト:4
安全性:5
入出金スピード:5
レバレッジ:5
サポート:5
ボーナス★★★★★
口座開設ボーナス20,000円
条件達成ボーナス10,000円
取引コスト★★★★☆
メイン通貨ペアが低コスト
安全性★★★★★
最大100万ユーロ補償
入出金スピード★★★★★
即時反映が評判
レバレッジ★★★★★
最大1,000倍
サポート★★★★★
日本語サポートが丁寧

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

おすすめの業者、第1位は「FXGT」です。

FXGTの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

FXGTの特徴

FXGTのおすすめポイント
  • 仮想通貨も最大レバレッジ1,000倍で取引できる
  • 資金の分別管理で出金申請に必ず対応してくれる
  • 豪華なボーナスを頻繁に開催している

FXGTの最大の特徴は「豪華なボーナスキャンペーンの実施」です。2024年7月現在は以下のボーナスキャンペーンを開催しています!

  • 口座開設ボーナス:20,000円
  • 条件達成ボーナス:10,000円
  • 175%(100%+50%+25%)入金ボーナス【資金を2倍以上にできる】
    ・100%入金ボーナス:上限8万円
    ・50%入金ボーナス:2回目以降の入金は50%(上限15万円)
    ・25%入金ボーナス:3回目以降の入金は25%(上限120万円)

FXGTで法人口座を開設した場合、ボーナスは個人口座・法人口座で共有となります。そのため、個人口座でボーナスを使い切っていなければ、法人口座でもボーナスの受け取りが可能です。

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

FXGTのメリット・デメリット

FXGTのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
仮想通貨も最大レバレッジで取引できる
豪華なボーナスを頻繫に開催
顧客資産の分別管理&賠償責任保険に加入
入出金の反映が速い
ゼロカットシステム搭載
仮想通貨・ゴールドがスワップフリー
最低5ドル入金で気軽に取引可能
公式サイトが見やすい
サポートは日本語完全対応&24時間365日受付
「スプレッドが広い」「スリッページが発生する」という噂もある
ロスカット水準が40%の口座もある

メリット・デメリットを踏まえた上で、FXGTをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • ハイレバで仮想通貨取引したい人
  • 出金拒否の噂がない業者を利用したい人
  • ボーナスの豪華さ重視でお得に取引したい人

特にボーナスが豪華な海外FX業者で取引を始めたい方にFXGTはおすすめです!

FXGTでは、新規口座開設した方限定で20,000円のボーナスを受け取ることができます!

また、初回入金額に応じて最大8万円まで100%Welcome入金ボーナスを、2回目の入金額に関しては最大15万円まで50%入金ボーナスを、3回目以降の入金に関しても最大120万円まで25%入金ボーナスを受け取れます。

つまり、8万円入金すると8万円がそのままもらえるため、合計16万円から取引を始めることができるのです。

なお、今なら対象者にはもれなく、当サイト限定で現金10,000円もプレゼントしています!

現金10,000円キャッシュバックの獲得条件はこちらをクリックすると確認できます。

下記の手順を行うと、口座に現金10,000円がキャッシュバックされます!

  • 当サイト経由で新規口座を開設して、取引口座に8万円以上直接入金する。
    ※E-wallet経由の資金移動ではなく、MT4/MT5口座などの取引口座へ直接入金する必要があります。
  • 2024年8月9日6時59分59秒までに1GTロット(10万ドル)の取引をする。
    ※5分以上のポジション保有でキャッシュバックの対象となります。

100%Welcome入金ボーナスの上限額も8万円となっているため、8万円入金すると8万円がそのままもらえるだけでなく、現金10,000円もキャッシュバックされる激アツなキャンペーンとなっています!

口座開設ボーナスは2024年7月14日15時59分59秒までの期間限定となっているので、今のうちに口座開設してまずは20,000円の口座開設ボーナスを使って無料体験してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

FXGTの法人口座を開設する方法

FXGTの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

FXGTの法人口座
STEP
法人口座開設フォームに入力する

以下のボタンから、FXGTの法人口座開設フォームに移動します。

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

すると以下のような画面になるので、「法人」をクリックしてタブを切り替え、会社名やメールアドレスなどを入力していきます。

FXGTの法人口座開設フォーム

なお、項目ごとに入力内容をまとめたので、困った時の参考にしてください。

項目入力内容
会社名登録する会社(法人)の名前
※英語名で入力
メールアドレス有効なメールアドレスを入力
※個人口座とは別のメールアドレス
パスワード好きな文字列で設定する
法人設立国会社(法人)を設立した国を選択
電話番号代表者か法人で登記されている電話番号を選択
STEP
必要書類を提出する

続いて、法人の住所・登記簿謄本をアップロードします。

法人口座を開設するために必要な書類は以下の通りです。

FXGTで法人口座を開設するために必要な書類
  • 法人名義の銀行取引明細書
  • 登記簿謄本
  • 定款
  • 取締役会決議書(テンプレートあり)
  • 最終受益者申告書(テンプレートあり)
  • 口座管理人全員分の身分証明書と住所証明書

なお、テンプレートの後半ページには日本語での説明・例も記載されているので、初めて海外FXの法人口座を開設する方でも安心です!

STEP
法人口座情報が記載されたメールを受け取る

口座開設が完了すると、FXGTから法人口座のログイン情報が送られてきます。

大切な情報になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

FXGTは他社に比べて提出しなければならない書類も多いですが、作成が難しい書類にはテンプレートが用意されています。

また、個人口座と同様、他社の法人口座と比較しても業界トップクラスに豪華な口座開設ボーナスを提供しています!ボーナスキャンペーンの恩恵を受けたい方には、FXGTをおすすめします!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

AXIORY|約定率99.9%で滑りにくい

AXIORYの独自画像
総合:87点
設立2011年
ライセンスベリーズ
ボーナス
(2024年7月現在)
開催終了
最大レバレッジ2,000倍
※マックス口座のみ
取引ツールMT4/MT5/cTrader
最小取引単位1,000通貨
AXIORYの法人口座
ボーナス:3
取引コスト:4
安全性:5
入出金スピード:5
レバレッジ:4
サポート:5
ボーナス★★★
不定期開催
取引コスト★★★★☆
スプレッドは業界最狭水準
安全性★★★★★
信託保全形式を採用
入出金スピード★★★★★
少額からOKな点も魅力
レバレッジ★★★★
最大2,000倍(マックス口座のみ)
サポート★★★★★
迅速に対応してくれる

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

おすすめの業者、第2位は「AXIORY」です。

AXIORYの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

AXIORYの特徴

AXIORYのおすすめポイント
  • 取引コストが安い
  • 約定率99.9%と優秀
  • 信託保全形式を採用している

AXIORYは、ベリーズの金融ライセンスを所持する海外FX業者で、2011年に設立してから10年以上に渡って信頼と実績を築き上げています。また、NDD方式を採用しており、透明性の高い取引をしたい方にもおすすめです。

最大の特徴は約定力の高さで、約定率99.9%と業界トップクラスを誇ります!約定データもサイト上で公開してくれるため、信頼性は抜群です。

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

AXIORYのメリット・デメリット

AXIORYのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
スプレッドの狭さは業界トップクラス
約定率99.9%でスリッページの心配不要
信託保全採用
紛争解決機関に加盟
ストップレベル0でスキャルピング向き
ゼロカットシステム採用で追証リスクなし
出金は24時間以内の着金がほとんど
短期売買特化型の「cTrader」も利用可能
サポートは日本語&365日24時間対応
ボーナスキャンペーンに消極的
口座残高30万円以上でレバレッジ制限

メリット・デメリットを踏まえた上で、AXIORYをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • スキャルピングをメインに考えている人
  • 資金管理体制がバッチリな業者を利用したい人
  • 取引コスト重視で業者を選びたい人

約定率が高く、スプレッドの狭いAXIORYなら有利にスキャルピングを進められるので、是非口座開設してみてくださいね!

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

AXIORYの法人口座を開設する方法

AXIORYの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

AXIORYの法人口座
STEP
法人口座開設フォームを入力する

AXIORYの公式サイトに移動し、「法人口座」にタブを切り替えた後「法人のお客様向けリアル口座を開設」を選びます。

AXIORYの法人口座を開設する画面

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

その後は、画面の指示に従って必要項目を入力していきましょう。

STEP
必要書類を提出する
AXIORYの法人口座必要書類を提出する画面

個人の本人確認書類・住所確認書類をアップロードした後、法人の住所・登記簿謄本をアップロードします。法人口座を開設するために必要な書類は以下の通りです。

AXIORYで法人口座を開設するために必要な書類
  • 履歴事項全部証明書
  • 法人現住所確認書類
  • 全取締役それぞれのご本人様確認書類
  • 全取締役それぞれの現住所確認書類
  • 取締役決定書
  • 株式名簿
  • 定款
STEP
法人口座情報が記載されたメールが届く
AXIORYの法人口座フォーム送信画面

口座開設が完了すると、上記のような画面になります。

その後、AXIORYから法人口座のログイン情報が送られてくるので、忘れないようにメモしておきましょう。

必要書類をあらかじめ準備しておくことで、口座開設~取引開始まで約1時間で終わらせることができます。

日本人サポートの充実を重視したい方には、AXIORYをおすすめします!

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

TitanFX|CFD商品にハイレバをかけられる

TitanFX
総合:84点
設立2014年
ライセンスバヌアツ共和国
ボーナス
(2024年7月現在)
なし
最大レバレッジ1,000倍
※Zeroマイクロ口座のみ
取引ツールMT4/TitanFXウェブトレーダー
最小取引単位1,000通貨
TitanFXの法人口座
ボーナス:2
取引コスト:5
安全性:4
入出金スピード:5
レバレッジ:4
サポート:5
ボーナス★★
不定期開催
取引コスト★★★★
とことん抑えられる
安全性★★★★
透明性の高い運営
入出金スピード★★★★★
安心かつストレスフリー
レバレッジ★★★★
最大1,000倍(Zeroマイクロ口座のみ)
サポート★★★★★
満足度96.28%(2023年6月~7月 TitanFX調べ)

\ 業界最狭水準のスプレッド&高約定力! /

公式サイト:https://jp.titanfx.com/

おすすめの業者、第3位は「TitanFX」です。

TitanFXの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

TitanFXの特徴

TitanFXのおすすめポイント
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供
  • CFDにハイレバをかけて取引できる
  • 約定率が高い

TitanFXの最大レバレッジは500倍と平均的ですが、マイクロ口座を使えば最大1,000倍のレバレッジで取引できます。また、ゴールド取引やCFD取引でも最大レバレッジをかけられるため、理想のトレードを実現しやすい業者です。

さらに、低スプレッドかつ約定力の高い環境でもあるので、特にスキャルピングやデイトレードに有利です。取引コストを抑えつつ、ストレスフリーに取引したい方は是非TitanFXの口座を開設してみてください!

\ 業界最狭水準のスプレッド&高約定力! /

公式サイト:https://jp.titanfx.com/

TitanFXのメリット・デメリット

TitanFXのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
NDD方式採用で透明性が高い
ゼロカットシステム採用
口座残高によるレバレッジ制限がない
業界最狭水準のスプレッドを提供
資金管理の安全性が高い
約定力が高い
スキャルピングOK
取り扱い銘柄が豊富
完全日本語対応でサポートを利用できる
ボーナスキャンペーンは不定期開催
金融ライセンスの信頼性が低い

メリット・デメリットを踏まえた上で、TitanFXをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • スプレッドの狭い環境を探している方
  • 自動売買を利用したい方
  • 資金管理を徹底している業者で取引したい方

TitanFXは狭いスプレッドと高い約定力が魅力の海外FX業者なので、スキャルピングに有利な業者で取引したい方は是非口座開設してみてくださいね。

\ 業界最狭水準のスプレッド&高約定力! /

公式サイト:https://jp.titanfx.com/

TitanFXの法人口座を開設する方法

TitanFXの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

TitanFXの法人口座
STEP
法人口座開設フォームを入力する

法人口座を開設するために、まずはTitanFXの口座開設ページで「法人取引口座」を選択し、画面の指示に従って新規登録を行いましょう。

口座開設フォームを入力する

\ 業界最狭水準のスプレッド&高約定力! /

公式サイト:https://jp.titanfx.com/

STEP
必要書類を提出する
法人情報が記載された書類を提出する

TitanFXの法人口座は、日本法人を設立するか、海外法人を設立するかで必要な書類も異なります。有効期限が設定されている書類もあるため、必ず事前に公式サイトを確認しておきましょう!

日本法人の場合】TitanFXで法人口座を開設するために必要な書類
  • 法人の登記簿謄本
  • 取締役・実質的支配者全員分の顔写真付き身分証
  • 取締役・実質的支配者全員分の現住所証明書
  • 取締役・実質的支配者の証明書
海外法人の場合】TitanFXで法人口座を開設するために必要な書類
  • 取締役一覧が記載されたCompany Statement
  • Certificate of Incorporation
  • 取締役・実質的支配者全員分の顔写真付き身分証
  • 取締役・実質的支配者全員分の現住所証明書
  • 取締役・実質的支配者の証明書
STEP
法人口座情報が記載されたメールが届く
口座開設手続きの完了

口座開設が完了すると、TitanFXから法人口座のログイン情報が送られてきます。大切な情報になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

必要書類が揃っていれば、最短10分で法人口座を開設することができます。

ゴールド・シルバーなどの貴金属ペアを低スプレッドで取引したい方には、TitanFXがおすすめです!

\ 業界最狭水準のスプレッド&高約定力! /

公式サイト:https://jp.titanfx.com/

BigBoss|最大ポジション数の制限なし

当サイト経由限定!BigBossのボーナスキャンペーン
総合:83点
設立2013年
ライセンスセントビンセント
グレナディーン諸島
ボーナス
(2024年7月現在)
口座開設ボーナス5,000円
条件達成ボーナス10,000円【当サイト経由限定】
100%入金ボーナス(最大10万円)
BigBossポイント
最大レバレッジ2,222倍
※デラックス口座のみ
取引ツールMT4/MT5/BBQ/ウェブトレーダー
最小取引単位1,000通貨
BigBossの法人口座
ボーナス:4
取引コスト:4
安全性:4
入出金スピード:4
レバレッジ:5
サポート:4
ボーナス★★★★
口座開設ボーナス5,000円
条件達成ボーナス10,000円
取引コスト★★★★
スプレッドは狭め
安全性★★★★
出金拒否トラブルの噂なし
入出金スピード★★★★
出金は1~5営業日で反映
レバレッジ★★★★
最大2,222倍(デラックス口座のみ)
サポート★★★★
国際的な賞も受賞!

\ 5,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

おすすめの業者、第4位は「BigBoss」です。

BigBossの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

BigBossの特徴

BigBossのおすすめポイント
  • 個人口座と同じ条件で取引できる
  • レバレッジ制限が厳しくない
  • 最大ポジション数の制限がない

2013年に設立したBigBossは、セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンスを所持する業者です。最大レバレッジ2,222倍(※デラックス口座のみ)が最大の魅力で、効率良く利益を狙いたいトレーダーから人気を集めています。

また、2023年には「World Business Outlook Awards 2023」で3つの賞を受賞し、世界的にも優れた業者として認められた実績もあります。高品質なサービスや信頼性の高さを重視する方は、是非BigBossで口座開設してください。

デラックス口座の最大レバレッジは、アイテムの「デラックスヘッドセット+5」を装備すると、1,111倍から2,222倍に引き上げることができます。

2024年7月現在、「デラックスヘッドセット+5」は初期装備されているため、デラックス口座を開設した方なら誰でも、最大2,222倍のハイレバ取引が可能です。

\ 5,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossのメリット・デメリット

BigBossのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
最大レバレッジ2,222倍※デラックス口座のみ
約定力が高い
低スプレッド
キャッシュバック制度がお得
スキャルピング公認
ゼロカットシステム採用で追証リスクなし
仮想通貨の取引環境も優秀
最大ポジション数の制限なし
自然な日本語
高頻度取引をするEAは利用不可
ECN口座の手数料が高い
ゼロカットルールが特殊

メリット・デメリットを踏まえた上で、BigBossをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • 豪華なボーナスを受け取りたい人
  • 最大2,222倍のレバレッジでダイナミックな取引を楽しみたい人
  • 世界的に評価されている海外FX業者を使いたい人

BigBossの法人口座は他社よりもレバレッジ制限が厳しくなく、500万円未満なら比較的ハイレバで効率良く利益を狙えます!

期間限定で開催中のボーナスキャンペーンを活用すればさらに利益を得やすくなるので、口座開設するなら今が大チャンスです!

現在、BigBossでは5,000円がもらえる口座開設ボーナスキャンペーンを開催しています!さらに、30日以内に取引量5ロットを達成した方にはもれなく、当サイト限定で条件達成ボーナス10,000円もプレゼントしています!

是非この機会に口座開設してボーナスを使ってBigBossを無料体験してみてはいかがでしょうか。

\ 5,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossの法人口座を開設する方法

BigBossの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

BigBossの法人口座
STEP
法人口座開設フォームを入力する

BigBossの公式サイトに移動し、「法人のお客様はこちら」をクリックします。

BigBossの法人口座開設ページ

\ 5,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

STEP
必要事項を入力する
BigBossの法人口座開設フォーム
BigBossの法人口座開設フォーム

切り替わった後の画面で、取引口座の設定や会社情報を入力します。

その後、入力したメールアドレスに届くID・パスワードを使ってマイページにログインしてください。

STEP
必要書類を提出する

マイページにログインした後、画面の指示に従って必要書類をアップロードしましょう。

BigBossで法人口座を開設するために必要な書類
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書) ※発行から3ヵ月以内
  • 法人の住所証明書
  • 取締役の方全員の身分証明書(免許証又はパスポート)
  • 取締役の方全員の現住所確認物
  • 株主の方全員の身分証明書(免許証又はパスポート)
  • 株主の方全員の現住所確認物

なお、今すぐ取引を始めたい方は必要書類の提出を後回しにしても問題ありません。BXONEからの入金や利益の出金ができない方は、口座開設した流れで必要書類も提出することをおすすめします。

BigBossは最大ポジション数の制限がないうえ、口座残高によるレバレッジ制限もそれほど厳しくありません。そのため、会社のお金を効率良く運用するのに非常に適したFX業者だと言えます!

現在、BigBossでは口座開設ボーナス5,000円+30日以内に取引量5ロットを達成した方にはもれなく、当サイト限定で条件達成ボーナス10,000円もプレゼントしています!お得にBigBossを始めるなら今が大チャンスです!

\ 5,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

Exness|最大21億倍のレバレッジで取引できる

Exness
総合:81点
設立2008年
ライセンスセーシェル共和国
ボーナスなし
最大レバレッジ無制限(実質21億倍)
取引ツールMT4/MT5/ウェブターミナル
MultiTerminal/Exnessプラットフォーム
最小取引単位1,000通貨
Exnessの法人口座
ボーナス:1
取引コスト:4
安全性:5
入出金スピード:5
レバレッジ:5
サポート:4
ボーナス☆☆☆
ボーナスなし
取引コスト★★★★
業界最狭水準
安全性★★★★
取得難易度の高いライセンス
入出金スピード★★★★
即時反映の方法多数
レバレッジ★★★★
最大レバレッジ無制限
サポート★★★★
チャットサポートが迅速

\ 最大レバレッジ無制限のハイスペック業者! /

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

おすすめの業者、第5位は「Exness」です。

Exnessの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

Exnessの特徴

Exnessのおすすめポイント
  • 最大レバレッジ21億倍と圧倒的
  • ロスカット率0%で含み損に耐えられる
  • 取得難易度の高いライセンスを保有

Exnessは最大レバレッジ無制限を採用している海外FX業者で、低スプレッド&ロスカット率0%と組み合わせると効率良く資金を増やせます!

また、イギリス・キプロスの金融ライセンスを取得しており、安全性にも定評があります。

\ 最大レバレッジ無制限のハイスペック業者! /

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

Exnessのメリット・デメリット

Exnessのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
取得難易度の高いライセンスを取得
紛争解決機関に加盟
透明性の高い運営
レバレッジ無制限で取引できる
ロスカット率0%
ゼロカットシステム採用
5つの口座タイプを提供
スワップフリー
通貨ペアは127種類と豊富
レバレッジ無制限で取引するには条件がある
ボーナスキャンペーンはほとんどない

メリット・デメリットを踏まえた上で、Exnessをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • 業界トップクラスのハイレバをかけて取引したい人
  • 信頼性の高い業者で取引したい人
  • 低スプレッド・スワップフリー・ロスカット率0%に魅力を感じる人

Exnessなら法人口座を検討している上級者でも満足に取引できる環境が整えられているので、是非是非口座開設してみてくださいね!

\ 最大レバレッジ無制限のハイスペック業者! /

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

Exnessの法人口座を開設する方法

Exnessの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

Exnessの法人口座
STEP
Exnessの個人口座を作成して実績を積む

まだExnessで個人口座を開設していない場合、個人口座を最初に作成して3ヶ月~6か月ほど取引実績を積む必要があります。

Exnessの口座開設フォーム

\ 最大レバレッジ無制限のハイスペック業者! /

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

上記の口座開設フォームから登録手続きを済ませた後、以下の条件を達成しましょう。

Exnessで法人口座を開設するための条件
  • Exnessの個人口座で取引を行っていること。
  • Exnessの取引で累計入金額10万ドル&3ヶ月の取引量が2,000ロット以上を満たしていること。(=シグネチャー会員であること)
STEP
サポートに法人口座開設を依頼する

法人口座開設の条件を満たしたら、Exnessのサポートに法人口座を開設したい旨を伝えてください。その後は、サポートからの指示に従って手続きを進めていきます。

STEP
必要書類を提出する

個人の本人確認書類・住所確認書類をアップロードした後、法人の住所・登記簿謄本をアップロードします。法人口座を開設するために必要な書類は以下の通りです。

Exnessで法人口座を開設するために必要な書類
  • 法人口座の申し込み書
  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の現住所確認書類
  • 法人の住所確認書類
  • 登記簿謄本
  • 会社の定款
  • 株主名簿
  • 株主名簿
STEP
法人口座情報が記載されたメールが届く

口座開設が完了すると、Exnessから法人口座のログイン情報が送られてきます。大切な情報になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

Exnessの法人口座を開設する条件を達成するのはかなり難しいため、普通のトレーダーがExnessで法人口座を開設するのは限りなく不可能に近いです。

しかし、取引環境はこれ以上ないくらい優秀なので、上級者のトレーダーは是非Exnessの法人口座を開設してみてください!

\ 最大レバレッジ無制限のハイスペック業者! /

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

HFM|取り扱い銘柄数が業界トップクラス

HFM
総合:79点
設立2012年
ライセンスセントビンセント
グレナディーン諸島
ボーナス
(2024年7月現在)
20%入金ボーナス
最大レバレッジ2,000倍
取引ツールMT4/MT5
最小取引単位1,000通貨
HFMの法人口座
ボーナス:3
取引コスト:2
安全性:5
入出金スピード:5
レバレッジ:5
サポート:4
ボーナス★☆☆
入金ボーナス20%
取引コスト★★☆☆
全体的に高め
安全性★★★★
顧客資金500万ユーロを補償
入出金スピード★★★★
速いと好評
レバレッジ★★★★
最大レバレッジ2,000倍
サポート★★★★
日本語が自然

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

おすすめの業者、第6位は「HFM」です。

HFMの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

HFMの特徴

HFMのおすすめポイント
  • 取扱銘柄数が多い
  • 業界賞を60以上受賞している
  • 5つの口座タイプから自分に合ったものを選べる

HFMは53種類の通貨ペアを含む1,000種類以上の銘柄を取引できます。つまり、他社よりも稼げるチャンスが多い業者です!

HFMは透明性の高いNDD STP方式を採用しており、理不尽な不正操作を心配することなく取引できます。

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

HFMのメリット・デメリット

HFMのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
出金拒否の噂がない
取得難易度の高い金融ライセンスを保有
賠償保険に加入済み
レバレッジ2,000倍
世界中のトレーダーをコピーできる
VPS・ウェビナーなどを無料で使える
MT4・MT5を利用できる
サポートが日本語に対応している
ゼロカットシステム採用
取引コストは割高
日本語はやや不自然
ストップレベルは3.0pipsに設定

メリット・デメリットを踏まえた上で、HFMをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • 最大レバレッジ2,000倍をかけて取引できる
  • 透明性の高い業者で取引したい人
  • 利益チャンスを増やしたい人

さまざまな銘柄でハイレバ取引したい方は、是非HFMで口座開設してみてくださいね!

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

HFMの法人口座を開設する方法

HFMの法人口座を開設する方法は、以下の通りです。

HFMの法人口座
STEP
法人口座開設フォームを入力する

HFMの公式サイトに移動し、「企業」にタブを切り替えます。

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

HFMの法人口座開設フォーム

次に、会社名やメールアドレスなどを画面の指示に従って入力していきましょう。

STEP
必要書類を提出する
HFMの法人口座に必要な書類の提出画面

個人の本人確認書類・住所確認書類をアップロードした後、法人の住所・登記簿謄本をアップロードします。法人口座を開設するために必要な書類は以下の通りです。

HFMで法人口座を開設するために必要な書類
  • 登記簿謄本
  • 株主名簿
  • 定款
  • 登録株主・取締役全員分の身分証明書と住所証明書
STEP
法人口座情報が記載されたメールが届く
HFM法人口座のログイン情報

口座開設が完了すると、HFMから法人口座のログイン情報が送られてきます。大切な情報になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

HFMは350万以上の口座を抱えており、60個以上の賞を受賞している信頼性の高い業者です。

ボーナスの受け取りも可能なので、是非法人口座を開設してみてくださいね。

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

TradersTrust|最大レバレッジ&ボーナスの利用可能

TradersTrustのボーナス
総合:74点
設立2018年
ライセンスセーシェル金融庁
ボーナス入金ボーナス(不定期開催)
最大レバレッジ3,000倍
取引ツールMT4/cTrader/ウェブトレーダー
最小取引単位1,000通貨
TradersTrustの法人口座
ボーナス:3
取引コスト:3
安全性:4
入出金スピード:3
レバレッジ:5
サポート:4
ボーナス★☆☆
初回入金ボーナス100%
取引コスト★★☆☆
スプレッドは平均的
安全性★★★★
14年の長い運営歴
入出金スピード★★☆☆
VIP口座の最低入金額に注意
レバレッジ★★★★
最大レバレッジ3,000倍
サポート★★★★
高品質な日本語サポート

\ 【期間限定】100%入金ボーナスがもらえる /

公式サイト:https://traders-trust.com/

おすすめの業者、第7位は「TradersTrust」です。

TradersTrustの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

TradersTrustの特徴

TradersTrustのおすすめポイント
  • 最大レバレッジ3,000倍
  • スキャルピングOK
  • 透明性の高いNDD方式を採用

TradersTrustは最大レバレッジ3,000倍を提供する海外FX業者で、ハイレバトレーダーを中心に現在注目を集めています。

また、スキャルピング・自動売買の制限が一切ないことや、ダイナミックレバレッジを採用していて口座残高によって最大レバレッジを引き下げられることがないなど、比較的自由な取引を行える点も魅力となっています。

TradersTrustのメリット・デメリット

TradersTrustのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
最大レバレッジ3,000倍
口座残高によるレバレッジ制限がない
NDD方式を採用している
スキャルピング・自動売買OK
入出金手数料が無料
日本語サポートが高品質
長い運営歴を誇る
ゼロカットシステムを採用
ボーナスキャンペーンに消極的
最低入金額の高い口座タイプもある
スリッページの噂
スプレッドは平均的

メリット・デメリットを踏まえた上で、TradersTrustをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • ハイレバ取引で効率良く稼ぎたい人
  • スキャルピングや自動売買をメインに考えている人
  • 運営歴や日本語サポートの品質を重視したい人

TradersTrustの法人口座なら、最大レバレッジ3,000倍をかけてダイナミックに取引できます!

2024年7月31日までに口座開設&入金すると、初回入金100%ボーナスを受け取って取引可能なため、法人口座を開設しようか悩んでいる方は今のうちに口座開設することをおすすめします!

\ 【期間限定】100%入金ボーナスがもらえる /

公式サイト:https://traders-trust.com/

TradersTrustの法人口座を開設する方法

TradersTrustの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

TradersTrustの法人口座
STEP
ユーザー登録を行う

TradersTrustの口座開設ページに移動したら、「法人口座へ切り替え」を選択します。

TradersTrustの法人口座

\ 【期間限定】100%入金ボーナスがもらえる /

公式サイト:https://traders-trust.com/

その後、以下の項目を入力してください。

項目説明
法人名半角英数字で入力
メールアドレスTradersTrustの法人口座に使うメールアドレスを入力
※個人口座とは別のメールアドレスを使う
居住国代表者の居住者を選択
電話番号連絡の取れる携帯電話番号を入力
※「日本+81」と表示されている場合、最初の「0」は省略
TradersTrustの法人口座開設フォーム

その後、サインアップをクリックします。

STEP
個人情報を入力する
TradersTrustのマイページ

上記の画面に切り替わったら、「アップロード」を押し、個人情報・雇用の詳細・取引経験・FATCAに関する質問に答えてください。

TradersTrustに身分証明書をアップロードする画面

その後、身分証明書をアップロードします。

STEP
法人情報を入力する

続いて、個人情報の入力・身分証明書のアップロードと同じ流れで、法人情報を入力していきます。

法人情報として必要なのは「全取締役の氏名」「全株主の氏名」「代表者名」「第二担当者(該当する場合)」です。また、法人必要書類は以下の通りです。

法人必要書類
  • 全部事項証明書類
  • 会社定款
  • 財務諸表(1年以上継続して営業している法人)
  • 口座開設・口座運営に関する決議書
  • 法人住所証明書類(発行後6ヵ月以内)
  • 会社役員全員分の身分証明書類
  • 会社役員全員分の住所証明書類(発行後6ヵ月以内)
STEP
口座の情報を設定する

最後に、口座種別・口座の種類を選択し、問題がなければ法人口座を開設できます。

現在期間限定で入金ボーナス100%キャンペーンも実施中なので、この機会に口座開設&入金することをおすすめします!

TradersTrustでは、5万円以上の資金移動額に対して、100%入金ボーナスを最大1,000万円まで受け取ることができます。つまり、10万円入金したらそのまま10万円がもらえるので、合計20万円から取引を始めることができるのです。

もらったボーナスは最大1,000万円まで出金可能ですが、ボーナスを出金するためには下記の条件を満たさなければいけません。

100%クレジットボーナスを出金する条件
  • 口座開設後、1,000万円クレジットボーナスの申請をする
  • ウォレットに入金後、5万円以上を取引口座に資金移動する
  • 100%入金ボーナス獲得後、受け取ったボーナス500円につき1ロットの取引をする

例えば、10万円を入金して10万円を受け取った場合、200ロット(10万円÷500円)の取引をすれば、10万円分のボーナスを出金することができるのです。

条件付きではあるものの、100%入金ボーナスが最大1,000万円までもらえるキャンペーンはなかなかありません!是非キャンペーン期間中の今のうちに口座開設して入金ボーナスをもらってくださいね!

2024年7月31日23時59分59秒までの期間限定キャンペーンとなっているので、ボーナスが欲しい方は今が大チャンスです!

\ 【期間限定】100%入金ボーナスがもらえる /

公式サイト:https://traders-trust.com/

ThreeTrader|業界最狭水準のスプレッドを提供

ThreeTrader(スリートレーダー)
総合:73点
設立2021年
ライセンスバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
ボーナスなし
最大レバレッジ500倍
取引ツールMT4
最小取引単位1,000通貨
ThreeTraderの法人口座
ボーナス:2
取引コスト:5
安全性:4
入出金スピード:3
レバレッジ:4
サポート:4
ボーナス☆☆
なし(2024年7月現在)
取引コスト★★★★
圧倒的に狭いスプレッド
安全性★★★★
TMGMのホワイトラベル
入出金スピード★★☆☆
即時~最短20分で反映
レバレッジ★★★★
最大レバレッジ500倍
サポート★★★★
平日20時までチャットOK

\ 最狭スプレッドを誇る海外FX業者! /

公式サイト:https://threetrader.com/register

おすすめの業者、第8位は「ThreeTrader」です。

ThreeTraderの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

ThreeTraderの特徴

ThreeTraderのおすすめポイント
  • 取引コストが安い
  • 約定率99.9%と優秀
  • 信託保全形式を採用している

ThreeTraderは、2021年に日本でのサービス提供を開始した海外FX業者です。運営歴は短いものの、スプレッドの狭さで人気を誇っており、近年は中~上級者を中心に利用するトレーダーも増えてきています。

また、ThreeTraderで1000万円以上を入金すると、1口座あたりの最大ロット数が80ロット→100ロットに引き上げられます。さらに、ThreeTraderは口座残高によるレバレッジ制限を受けないため、高額運用する方におすすめです。

\ 最狭スプレッドを誇る海外FX業者! /

公式サイト:https://threetrader.com/register

ThreeTraderのメリット・デメリット

ThreeTraderのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
スプレッドが業界最狭水準
全銘柄のストップレベルがゼロ
口座残高によるレバレッジ制限がない
キャッシュバック
入出金手数料が無料
日本人スタッフによるサポート
TMGMのホワイトラベル
EAを利用した取引がしやすい
運営歴が浅い
MT5が利用できない
サーバーが不安定
ボーナスがない

メリット・デメリットを踏まえた上で、ThreeTraderをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • スキャルピングをメインに考えている人
  • 高額運用したい人
  • キャッシュバックを受け取りたい人

ThreeTraderは低スプレッドを始めとする、取引スペックが好条件な海外FX業者だと言えます。運営的はまだ浅いものの、高額運用を考えている方は是非使ってみてくださいね。

\ 最狭スプレッドを誇る海外FX業者! /

公式サイト:https://threetrader.com/register

ThreeTraderの法人口座を開設する方法

ThreeTraderの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

ThreeTraderの法人口座
STEP
個人口座を開設し、サポートデスクに問い合わせる

ThreeTraderで法人口座を開設するには、まず個人口座を開設する必要があります。

ThreeTraderの個人口座開設画面

\ 最狭スプレッドを誇る海外FX業者! /

公式サイト:https://threetrader.com/register

STEP
法人サポートデスクに問い合わせる

個人口座の開設後、日本語に対応している法人のサポートデスクに「法人口座を開設したい」と問い合わせましょう。

ThreeTraderのサポートからの返信

すると、ThreeTraderのサポートから上記のような返信が来るので、指示に従って開設の手続きを行ってください。

STEP
法人口座情報が記載されたメールが届く

口座開設が完了すると、ThreeTraderから法人口座のログイン情報が送られてきます。

大切な情報になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

ThreeTraderの最大の魅力は業界最狭のスプレッドで、日本人が利用できる業者の中でもトップクラスの狭さを誇ります。

どの業者よりも取引コストを抑えられるため、多くのプロのスキャルピングトレーダー・デイトレーダーがThreeTraderで法人口座を開設しています!スプレッドの狭さを最優先したい方には、ThreeTraderがおすすめです!

\ 最狭スプレッドを誇る海外FX業者! /

公式サイト:https://threetrader.com/register

iFOREX|担当者が法人口座開設を丁寧にサポート

iFOREXとの限定タイアップキャンペーン
総合:72点
設立1996年
ライセンス英国領ヴァージン諸島
ボーナス
(2024年7月現在)
・口座開設ボーナス15,000円
・125%入金ボーナス
・ペンディングボーナス
最大レバレッジ400倍
取引ツールFXnetView
最小取引単位750通貨
iFOREXの法人口座
ボーナス:4
取引コスト:3
安全性:5
入出金スピード:3
レバレッジ:3
サポート:4
ボーナス★★★★
口座開設ボーナス15,000円
取引コスト★★☆☆
スプレッドは業界最狭クラス
安全性★★★★
海外FXの老舗業者
入出金スピード★★☆☆
スムーズに手続き可能
レバレッジ★★★
最大レバレッジ400倍
サポート★★★★
担当者が徹底サポート

おすすめの業者、第9位は「iFOREX」です。

iFOREXの法人口座における特徴・メリットとデメリットは以下の通りです。

iFOREXの特徴

iFOREXのおすすめポイント
  • 海外FXの老舗業者で信頼性&安全性が抜群
  • 取得難易度の高い英国領バージン諸島の金融ライセンスを保有
  • 担当者が必要書類や法人口座開設手順を徹底的にサポートしてくれる

iFOREXは1996年に設立&英国領バージン諸島の金融ライセンスを取得しており、安全性・信頼性がトップクラスの老舗業者となっています。

実際に、当研究所編集部がiFOREXを利用したことのある478人に独自アンケート調査を実施したところ、「ボーナスが豪華」「ペラペラな日本語を話すオペレーターが丁寧に電話でサポートしてくれた」といった口コミが多くみられました。

iFOREXのメリット・デメリット

iFOREXのメリット・デメリットをまとめたものがこちらです。

メリットデメリット
通貨ペアの種類が豊富
出金拒否の噂がない
ゼロカットシステムを採用
最大レバレッジの制限なし
安全性トップクラス
日本語に完全対応
ロスカット水準が0%
ボーナスキャンペーンが豪華
スプレッドが狭い
担当者が丁寧にサポート
スキャルピング禁止
自動売買が禁止

メリット・デメリットを踏まえた上で、iFOREXをおすすめできる人の特徴をまとめました。

おすすめな人の特徴
  • 幅広い商品に投資したい人
  • 安全性を最優先に海外FX業者を選びたい人
  • 入金ボーナスを活用してお得に取引したい人
  • スプレッドが狭い業者で取引したい人
  • 【iFOREXならではの魅力】
    開設や取引で困ったことがあった時に日本語で何でも聞けるパートナーが欲しい人

海外FX業者選びで悩んでいるのであれば、まずはiFOREXで口座開設してみることをおすすめします。当サイト経由限定の15,000円ボーナスを使うことで、ノーリスクで取引を体験できます!

また、iFOREXは一人ひとりに担当者が付くため、分からないことや不安なことをすぐに解決したい方も是非申し込んでみてくださいね!

現在、iFOREXでは個人口座は開設できますが、新規で法人口座は開設できません。そのため、今すぐ法人口座を開設して取引を始めたい方は法人口座人気No.1のFXGTを開設するといいでしょう。

今ならFXGTで口座開設すると20,000円がもらえるので、まずはボーナスを使って無料体験してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

iFOREXの法人口座を開設する方法

iFOREXの法人口座を開設する方法は以下の通りです。

iFOREXの法人口座
STEP
社長が個人名義で申し込む

iFOREXの公式サイトに移動し、画面右上にある「登録」ボタンを押します。移動先の画面で社長の氏名とメールを入力&パスワードを設定し、個人口座を開設します。

STEP
iFOREXからメールが届く

iFOREXからメールが届くため、そのメールに「法人口座を開設したい」と返信してください。

STEP
必要書類を提出する

iFOREXの法人口座開設に必要な書類は資本金や会社形態によって異なります。

担当者が丁寧に教えてくれるので、その指示に従って必要書類を提出してください。

iFOREXで法人口座を開設する際は、社長が会社名義ではなく、個人名義でまず申し込みする必要があります。個人口座開設後、登録したメールアドレス宛に、iFOREXの担当者からメールが送られてくるので、そのメールに折り返す形で「法人口座を開設したい」旨を伝えましょう。

現在、iFOREXでは個人口座は開設できますが、新規で法人口座は開設できません。そのため、今すぐ法人口座を開設して取引を始めたい方は法人口座人気No.1のFXGTを開設するといいでしょう。

今ならFXGTで口座開設すると20,000円がもらえるので、まずはボーナスを使って無料体験してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FXの法人化に関する注意点

実際に海外FXで法人口座を開設するにあたり、気を付けるべきポイントがいくつか存在します。

海外FXの法人口座に関する注意点は、以下の5つです。

  1. 会社を設立しなければならない
  2. 海外FXの税金に詳しい税理士を雇用する
  3. 納税分の金額はあらかじめ引き出しておく
  4. 利用規約を再度チェックする
  5. 個人口座を法人口座として利用できるかは要確認

それぞれ順番に解説していきます!

会社を設立しなければならない

1つ目の注意点は「会社を設立しなければならない」ということです。

法人口座とは「口座名義人が会社名となっている口座」のことを言います。そのため、名義人となる会社をあらかじめ設立しておかなければなりません。

さらに、法人口座の開設には登記簿謄本などの各種証明書も必要となります。時間も費用もかかるので、十分な見通しを持って会社を設立するようにしましょう!

会社を設立する際は、マネーフォワードクラウドの活用や、税理士・行政書士などの専門家による指示を仰ぐことをおすすめします。

海外FXの税金に詳しい税理士を雇用する

2つ目の注意点は、「海外FXの税金に詳しい税理士を雇用する」ということです。

たしかに、会社の設立や決済業務などの手続きを自力でクリアすることは可能です。しかし、海外FXという特殊なビジネスを行う上で、専門家の協力は必要不可欠です。

専門家に頼らずに銀行口座に関する手続きや納税などの作業を進めると、非常に時間と手間がかかってしまいます。

脱税などのリスクを回避するためにも、ネット上などで海外FXの税金に詳しい税理士を探しておきましょう!

納税分の金額はあらかじめ引き出しておく

3つ目の注意点は、「納税分の金額はあらかじめ引き出しておく」ということです。

個人口座と同様に、今年度の利益にかかる税金は翌年に支払うことになります。そのため、多額の利益を出した翌年に大きく資金を失ってしまうと、最悪「税金が払えない」という状況に陥ってしまいます。

想定される最悪のケースを考えてみましょう。

税金が支払えなくなる最悪のケース
STEP
前年、海外FXで5,000万円の利益を出した

500万円を証拠金として取引し、5,000万円の利益を出しました。

このとき、法人口座内の残高は5,500万円となりました。

今年出した利益分の税金は、来年支払う必要があります。

STEP
翌年、資金をすべて失ってしまった

税金として支払う予定の金額を出金せずに取引をした結果、口座内の資金をすべて失ってしまいました。

STEP
昨年度分の税金を払えない

しかし、去年FXで出した利益分の税金は納めなくてはなりません。

口座内に資金はないので、個人から貸し付けるなどしてお金を捻出する必要があります。

このように、納税分の金額をあらかじめ引き出しておかないと、相場の急変動といった緊急事態に対処することができません。

納税額が確定した時点で、その分の額は出金しておくことをおすすめします。

利用規約を再度チェックする

4つ目の注意点は、「利用規約を再度チェックする」ということです。

どの海外FX業者も、利用規約で禁止事項や取引に関するルールを定めています。具体的な例として、以下のようなものが挙げられます。

海外FX業者が定めている禁止事項
  • 複数口座間(別口座間)での両建て取引
  • 他社口座を使った両建て取引
  • 複数人のグループで行う両建て取引
  • 窓埋めのみを狙った取引
  • 経済指標発表時のみを狙ったハイレバレッジでのトレード
  • アービトラージ(裁定取引)
  • 接続・サーバー・レートエラー時の取引
  • ボーナスの不正取得・不正利用
  • 自己アフィリエイトによる取引

出金拒否や口座凍結・利益没収といったリスクを防ぐためにも、法人口座開設時には、必ず利用規約を読み直すようにしてください!

個人口座を法人口座として利用できるかは要確認

5つ目の注意点は、「個人口座を法人口座として利用できるかは要確認」ということです。

日本人からの人気が高い海外FX業者の1つに、「XMTrading」があります。

しかし、XMは法人口座に対応しておらず、「XMの個人口座を法人口座として利用できるか?」という問題については、専門家でも見解が分かれています。

どうしても個人口座を法人口座として利用したいなら、雇用している専門家の意見を仰いでからにしましょう!

FXGTで法人口座を開設すると、豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引することが可能です!

最大1,000倍のレバレッジ&130種類以上の取り扱いペア&ゼロカットシステムなど、稼ぎやすい環境を整えているので、法人口座を開設する際はFXGTを検討してみてくださいね!

\ 20,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

海外FXの法人口座に関するよくあるQ&A

海外FXで法人口座を開設することはできますか?

はい。法人口座に対応している業者のもとでなら、海外FXで法人口座を開設することが可能です。

トレーダーが法人化するメリットは何ですか?

海外FXで法人口座を開設するメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  • 所得700万円以上だと税金が安くなる
  • 経費として申告できる項目が増える
  • 損益通算ができる
  • 損失の繰り越しができる
  • 利益を別事業に投資できる
海外FXで法人化するデメリットは何ですか?

海外FXで法人口座を開設するデメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  • 自由に出金することはできない
  • 法人の設立・維持にはコストがかかる
  • 赤字でも納税の対象となる
  • 廃業時にも費用がかかる
  • 含み益も課税対象となる
海外FXでは、どのようなタイミングで法人化するのが望ましいのでしょうか?

「法人口座の方が税金を安く抑えられる」と言えるのは、年間所得が700万円を超えてからです。

ただし、これはあくまで税金の話なので、経費計上や法人運営に必要な費用などを踏まえて検討することをおすすめします。

海外FXの法人口座にかかる税率は平均何パーセントですか?

法人口座にかかる平均的な税率は、法人税・法人住民税・法人事業税を合わせて30%前後となるケースが多いようです。

海外FXで法人口座と個人口座を使い分けることはできますか?

法人口座と個人口座を別々に利用することはできますが、個人口座で得た利益を法人口座に付け替えると脱税となります。担当の専門家に確認してから利用しましょう。

法人口座の取引条件は個人口座と変わりますか?

法人口座の取引条件は個人口座と同じです。最大レバレッジに制限がかかることもありませんし、スプレッドの狭さもそのままです。また、個人口座と同様に、取引ツールも「MT4」「MT5」が主流です。

海外FXの法人口座に付与されたボーナスも税金の対象ですか?

いいえ。キャッシュバックなどのそのまま出金できるボーナスでない限り、法人口座に付与されたボーナスが税金の対象になることはありません。

海外FXの法人口座では、どのようなものを経費として申告することができますか?

法人口座において経費として申告することができるものとして、以下の項目が挙げられます。

  • FXに使うパソコンの購入費
  • FXで利用する自動売買ソフトの購入費
  • FXについて学習するための参考書の購入費
  • FXに関するセミナーへの参加費・交通費
  • 家賃や水道代・光熱費の一部
  • 生命保険料や退職金
海外FXの法人口座でも口座開設ボーナスが受け取れるところはありますか?

「FXGT」は口座開設ボーナスを実施しているので、まだFXGTで個人口座を開設していない場合、法人口座を新規開設した時に口座開設ボーナスを受け取れます。

海外FXの法人化はサラリーマンも可能ですか?

サラリーマンなどの会社員であっても法人口座を開設することができます。ただし、必ず事前に就業規則をチェックするようにしてください。

海外FXにおいてマイクロ法人として法人口座を開設することはできますか?

はい。ただし、所得税や住民税、社会保険料が割り引かれない場合もあるので、事前に税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

海外FX法人で税理士にいくらかかるか教えてください。

FXで稼いでいる利益の額によりますが、税理士を雇用すると月額1万円~2万円の費用がかかります。

海外FXで法人化した際、車は経費として申告できますか?

法人の事業内容に必要であると認められれば、車を経費として申告することができます。経費として申告したい場合、まずは雇用している税理士の意見を仰ぐことをおすすめします。

海外FXの法人化で意味ないケースを教えてください。

所得が700万円以下の場合や、利益が毎年安定しない場合は、法人化することで税理士費用など余分なコストが増え、かえって損する可能性もあります。

海外FXで法人化したら役員報酬は経費で落とせますか?

はい、役員報酬を経費で落とすことは可能です。その他、家族や社員への給与、保険料も経費計上できます。

海外FXの法人化の損益分岐点はいくらですか?

税率で考えた場合、年間利益700万円が個人口座との損益分岐点になります。しかし、法人設立や税理士費用を考慮するのであれば、1000万円ほどになるでしょう。

FX法人口座でレバレッジ400倍かけることは可能ですか?

海外FXのレバレッジは法人口座・個人口座で変わらず、業者ごとに上限値を設定しています。そのため、400倍以上のレバレッジをかけることも可能です。

海外FX法人口座はXMでも開設できますか?

XMでは法人口座を開設できません。どうしても法人化したいのであれば、個人口座で代用するか、他の海外FX業者を利用する必要があります。

海外FX法人口座おすすめ【まとめ】

海外FX法人口座のおすすめランキングについて紹介してきました。

海外FX業者特徴
FXGT豪華なボーナスキャンペーンの開催
AXIORY狭いスプレッド&日本語サポートの充実
TitanFXCFD商品のスプレッドが狭い
BigBoss最大ポジション数の制限なし
Exness21億倍のレバレッジ
HFM高い安全性とボーナスキャンペーン
TradersTrust最大レバレッジ&ボーナスの利用可能
ThreeTrader業界最狭のスプレッド
iFOREX担当者が法人口座開設を丁寧にサポート
海外FX法人口座おすすめランキング

法人口座を利用することによって、かかる税金の額を抑えたり、節税の機会を増やしたりすることができます。しかし、一定以上の利益を出していない限り、個人口座にはない費用や手間が増えるだけで、恩恵は受けられません。

所得が1000万円以上で安定しており、年によっては2000万円以上稼ぐこともある方なら、是非上記の海外FX業者で法人口座を開設してみてくださいね!

目次