XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)を徹底攻略!取引時間・スプレッド・レバレッジも解説

XMのゴールド(GOLD/金)

XMが扱っている商品の1つに、ゴールドがあります。

価格変動が激しく、短期間に大きな利益を狙える一方で、自己資金を一度に失ってしまう可能性もあるハイリスク・ハイリターンな商品です。

この記事では、ゴールド取引の経験が浅い方に向けて、ゴールドを取引する前に知っておくべきこと&ゴールド取引手順を詳しく解説していきます!

ゴールド取引するならXMの「スタンダード口座」!
XMのボーナスキャンペーン

ゴールド取引するのであれば、XMのスタンダード口座がおすすめです!XMであれば、業界最狭水準のスプレッドでゴールドを取引することができます。

さらに、今なら口座開設ボーナス13,000円&120%(100%+20%)入金ボーナスキャンペーンも開催中です!

初回入金額に応じて最大500ドル(約8万円)まで100%入金ボーナスを、500ドルを受け取り切った後の入金額に関しても最大10,000ドル(約160万円)まで20%入金ボーナスが付与されます。

つまり、8万円入金すると8万円がそのままもらえるので、合計16万円から取引を始めることができるのです。

100%入金ボーナスは最初の一度きりしか受け取れない特別なボーナスとなっているため、最低でも初回に500ドル(約8万円)入金することをおすすめします!

2024年6月30日までの期間限定キャンペーンとなっているので、資金を2倍以上に増やしたい方は今が大チャンスです!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

目次

XM(XMTrading)でゴールド(GOLD/金)取引を始める前に知っておくべきこと

XMにおけるゴールド取引を始めるにあたって、まずは前提となる基礎知識を押さえておきましょう。

ゴールド取引に関する基本的な知識は以下の通りです。

  • ゴールド取引の市場が開いている時間
  • 各口座タイプにおけるゴールド取引の平均スプレッド
  • ゴールド取引のスワップポイント
  • ゴールド取引にかけられる最大レバレッジ
  • ゴールド取引に必要な証拠金の計算方法
  • ゴールド取引での利益額(損失額)の計算方法
  • ゴールド取引における1ロット

それぞれ順番に確認していきましょう!

XM(XMTrading)でゴールド(GOLD/金)取引の市場が開いている時間

1つ目に紹介する基本的な知識は「ゴールド取引の市場が開いている時間」です。

そもそもゴールド取引の市場が開いていないと、ゴールドを取引することは不可能です。

まず、「XMでは平日に限りゴールドを取引できること」を覚えておきましょう。ただし、平日であっても一日中開場しているわけではありません。

期間別&曜日別の開場時間は以下の通りです。

曜日月~木
冬時間
(11月~3月)
08:05~
翌06:55
08:05~
翌06:50
サマータイム
(3月~11月)
07:05~
翌05:55
07:05~
翌05:50
ゴールド取引の市場が開いている時間

上の表から分かるように、平日でも早朝の1時間~2時間は市場が閉まっています。また、曜日や休日によっても開場時間が変化するので注意が必要です。

さらに、XMでは冬時期かサマータイムかによっても取引可能時間が変わるので、特に11月と3月は取引可能時間をチェックしておくようにしましょう!

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)の平均スプレッドを各口座タイプごとに解説

2つ目に紹介する基本的知識は「各口座タイプにおけるゴールド取引の平均スプレッド」です。

XMには様々な口座タイプがありますが、どの口座タイプを選ぶかによってスプレッドの狭さが変わります。

各口座タイプにおけるゴールド取引の平均スプレッドを見てみましょう。

口座タイプスプレッド
スタンダード口座平均3.5pips
KIWAMI極口座平均1.5pips
マイクロ口座平均3.5pips
ゼロ口座平均3.0pips (手数料込み)
各口座タイプにおけるゴールド取引の平均スプレッド

スプレッドの数値は取引にかかるコストを意味し、値が低ければ低いほど有利と言えます。

各口座タイプの中でもKIWAMI極口座は最も狭いスプレッドを誇り、平均1.5pipsとスプレッドの値が低いです

また、スタンダード口座・マイクロ口座は3.5pips、ゼロ口座は3.0pips(手数料込み)という値になっています。

スプレッドが広がるタイミングに注意

上手に取引をするためには、スプレッドが「平均以上」に広がってしまうタイミングを知っておく必要があります。

スプレッドが広がってしまうタイミングとして、以下のケースが挙げられます。

スプレッドが広がってしまうタイミング
  • 早朝や深夜など、取引が活発でない時間帯
  • 政治家や専門家による言及がなされたタイミング
  • 戦争や自然災害などの有事が発生したタイミング

最近では新型コロナウイルスやロシア・ウクライナ間の問題などが代表的です。

平常時ですら大きな価格変動が起きやすい商品なので、いつゴールドを取引するか、慎重に見極めましょう!

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)のスワップポイント

3つ目に紹介する基本的な知識は「ゴールドのスワップポイント」です。

スワップポイントとは、2カ国間の金利差によって発生する利息のことを指します。金利差を調整した際、得になるようであれば「プラススワップ」、損をするようであれば「マイナススワップ」と言います。

XMにおける最新のゴールドのスワップポイントは以下の通りです。

買いor売りスワップポイント(1ロットあたり)
買い-3,634円
売り2,906円
XMにおける最新のゴールドのスワップポイント

現在、XMにおけるゴールドの「買い」は、マイナススワップになっています。そのため、ゴールドの買いポジションを持っていると、金利差分の支払いをする必要があります。

反対に、XMにおけるゴールドの「売り」は、プラススワップになっているため、ゴールドの売りポジションを持っていると、金利差分の収益を受け取ることが出来ます。

XMでは、冬時間の午前7時(日本時間)・サマータイムの午前6時(日本時間)にスワップポイントの決済が行われます。

そのため、マイナススワップとなっているポジションを保持している場合、前日の夜までに取引を完了させてしまうことをおおすすめします。

また、マイナススワップのポジションを保持している場合、スワップポイントが3倍になる水曜日には、3倍分の金利差を支払わなければならないことも押さえておきましょう。

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)取引にかけられる最大レバレッジ

4つ目に紹介する基本的な知識は「ゴールド取引にかけられる最大レバレッジ」です。

基本的に、XMが設定している最大レバレッジは1,000倍です。ゴールド取引もその例に漏れず、1,000倍までのレバレッジをかけてトレードすることが可能です。

ただし、口座自体のレバレッジが最大500倍である「ゼロ口座」に関しては、ゴールド取引においても最大レバレッジが500倍となるので注意してください。

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)取引に必要な証拠金の計算方法

5つ目に紹介する基本的な知識は「ゴールド取引に必要な証拠金の計算方法」です。

ゴールド取引に必要な証拠金は、以下の計算式で出すことが可能です。

ロット数×取引単位×市場価格÷レバレッジ=必要証拠金

それでは、以下の取引条件のケースで必要証拠金を求めてみましょう。

口座タイプXMのスタンダード口座
ロット数5
取引単位100オンス
市場価格2,000ドル(仮定)
レバレッジ1,000倍
(例)ゴールドの取引条件

先ほど述べたように、取引に必要な証拠金は以下の計算式で出すことが可能です。

ロット数×取引単位×市場価格÷レバレッジ=必要証拠金

この計算式に、上記の取引条件を当てはめてみましょう。

5(ロット数)×100(取引単位)×2,000(市場価格)÷1,000(レバレッジ)=1,000ドル(必要証拠金)

こうして、5ロットでゴールドを取引するには、1,000ドル(約13,000円)の証拠金が必要であることが分かりました。

この条件の場合、1ロットで取引したければ、2,000ドル(約26,000円)の証拠金が必要になります。

なお、FXに回せる資金があまりないという方は、通貨単位が100分1であるマイクロ口座を利用しましょう。より少ない必要証拠金で取引することが可能になります!

オールインワン計算ツールを活用しよう

ここまで必要証拠金の計算方法を紹介しましたが、実際にはオールインワン計算ツールの利用がおすすめです。

公式サイトからオールインワン計算ツールを開き、情報を入力すれば、自動で必要証拠金を計算してもらえます。

入力する情報は以下の5つのみです。

  • 口座の基本通貨
  • 通貨ペア
  • レバレッジ
  • 口座タイプ
  • ロット数量

表示された必要証拠金が、エントリーするための最低口座金額を意味します。

自分で計算するよりずっと楽なので、ぜひ活用してみてください!

オールインワン計算ツールの使い方
STEP
オールインワン計算ツールのページを開く

まずは、XMの公式サイトに飛んで、オールインワン計算ツールのページを開きましょう。

STEP
必要事項の選択

必要事項は以下の5つのみです。

  • 口座の基本通貨
  • 通貨ペア
  • レバレッジ
  • 口座タイプ
  • ロット数量

自分の取引条件に当てはまるものを選択してください。

ゴールド取引の場合、「通貨ペア」の欄では「GOLD」を選択します。

STEP
「計算する」をクリック

緑のボタン、「計算する」をクリックして完了です。

すぐに必要証拠金や最新のスワップポイントが表示されます!

ゴールド取引での利益額(損失額)の計算方法

6つ目に紹介する基本的な知識は「ゴールド取引での利益額(損失額)の計算方法」です。

ゴールド取引の利益額(損失額)は、以下の計算式で求めることができます。

取引量×(決済時の価格-エントリー時の価格)×決済時のドル円レート=利益額(損失額)

こちらでも例を1つ挙げるので、以下の取引条件のケースで利益額を求めてみましょう。

口座タイプXMのスタンダード口座
エントリー買い
取引量100オンス(1ロット)
エントリー時の価格100ドル
決済時の価格101ドル
決済時の価格-エントリー時の価格1ドル
1ドル160円(仮定)
(例)ゴールドの取引条件

先ほど述べたように、ゴールドの取引の損益は、以下の計算式で求めることができます。

取引量×(決済時の価格-エントリー時の価格)×決済時のドル円レート=利益額(損失額)

この計算式に上記の取引条件を当てはめてみましょう。

100(取引量)×1(決済時の価格-エントリー時の価格)×160(決済時のドル円レート)=13,000(利益額)

つまり、上記の取引条件の場合、ゴールドの値段が1ドル上がっただけで、16,000円の利益が発生したということになります。

ゴールドは値段の変動が大きい商品なので、その分大きいリターンを狙うことができるでしょう!

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)取引における1ロット

7つ目に紹介する基本的な知識は「ゴールド取引における1ロット」です。

各口座タイプでのゴールドの1ロットの単位は、以下の通りです。

口座タイプ1ロット
スタンダード口座100オンス
マイクロ口座1オンス
ゼロ口座100オンス
KIWAMI極口座100オンス
各口座タイプでのゴールドの1ロットの単位

XMのスタンダード口座における1ロットは100オンスです。

仮にゴールドが1オンスあたり2,000ドルとすると、スタンダード口座での1ロットの価値は100オンス×2,000ドルの200,000ドルであることが言えるでしょう。

なお、マイクロ口座は通貨単位が100分の1なので、上記の条件の場合、1ロットの価値は2,000ドルになります。

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)でゴールド(GOLD/金)を取引する手順

では実際に、XMでゴールドを取引してみましょう!

XMでのゴールド取引手順
STEP
公式サイトから口座を開設

XMの公式サイトに飛んで、口座を開設するところから始めましょう。

スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座・KIWAMI極口座の4口座が選べますが、どの口座タイプを選択しても、ゴールドの取引が可能です。

13,000円分の口座開設ボーナスを利用すれば、自己資金を削ることなく、ゴールドの取引を始められます!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

STEP
取引ツールをダウンロード

高機能な取引ツール「MT4」・「MT5」のどちらかを公式サイトでダウンロードしてください。

PC・タブレット・スマートフォンに対応しています。

ダウンロードが終わったら、取引ツールを開きましょう。

STEP
ゴールドのチャートを開く

画面左上の「気配値表示」の欄にある「GOLD」を右クリックします。

その後、表示されたタブの一番上、「チャート表示」をクリックしてください。

STEP
ゴールドの取引を開始

ゴールドのチャートが開くので、画面左上の「▼」ボタンをクリックしましょう。

注文のバーが表示されたら、ワンクリックで注文を出すことができます!

XMでのゴールド取引手順の流れは以上になります。

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

なお、XMの口座開設方法について詳しく知りたい方は、XMの口座開設方法&手順にまとめているので是非参考にしてくださいね!

XM(XMTrading)でゴールド(GOLD/金)取引ができない原因

XMでゴールドが取引できない場合は、以下の原因が考えられます。トラブルが発生した時のために押さえておきましょう。

  1. 取引可能時間外である
  2. 祝日のため市場が休場している
  3. メンテナンス中である
  4. 取引ツールで選択するシンボルを間違えているため

それぞれ順番に解説していきます。

取引可能時間外である

1つ目は「取引可能時間外である」ケースです。

繰り返しになりますが、「XMにおけるゴールドの取引可能時間は平日のみ」であることを覚えておきましょう。

XMにおけるゴールドの取引可能時間は以下の通りです。

曜日月~木
冬時間
(11月~3月)
08:05~
翌06:55
08:05~
翌06:50
サマータイム
(3月~11月)
07:05~
翌05:55
07:05~
翌05:50
ゴールド取引の市場が開いている時間

上の表から分かるように、平日でも早朝の1時間~2時間はゴールドを取引することはできません。また、金曜日は他の曜日に比べて、取引可能時間が5分早まるので注意してください。

まずは今が取引可能時間であるかどうかを確認しましょう。

祝日のため市場が休場している

2つ目は「祝日のため市場が休場している」ケースです。

取引可能時間内であるはずなのに、ゴールドの取引ができない場合、祝日のため市場が休場している可能性が考えられます。

イースター・クリスマスがその代表例です。両日とも市場が終日休場となり、平日であっても一日中ゴールドを取引することができません。

祝日によっては取引可能時間が短縮されることもあるので、こまめに公式サイトをチェックしてみてください。

メンテナンス中である

3つ目は「メンテナンス中である」ケースです。

不具合の改善やアップデートのため、不定期でメンテナンスが行われることがあります。

メンテナンスは原則取引可能時間外に行われますが、緊急を要する事態が起こった場合には、取引可能時間でもメンテナンスが始まります。

取引時間内にメンテナンスが行われた場合、XMからメールが届きます。取引可能時間内であればメールボックスから確認してみましょう!

原因④MT4・MT5での表示を間違えている

4つ目は「MT4・MT5での表示を間違えている」ケースです。

MT4・MT5では、各口座タイプ特有のシンボル表記を選ぶ必要があります。

口座タイプシンボル
スタンダード口座GOLD
マイクロ口座GOLDmicro
ゼロ口座GOLD.
KIWAMI極口座GOLD#
口座タイプ別のシンボル表記

これらの微妙に異なる表記から、自分の利用している口座タイプのものを選ばなくてはならないため、ゴールド取引をする多くの人がこのミスを経験しています。

XMでゴールド取引をする際には、口座タイプとゴールドの表記が合致しているかを絶対にチェックしてください!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)でゴールド(GOLD/金)を取引するときの注意点

実際にXMでゴールドを取引するにあたって、注意すべきことがあります。

その中でも特に重要な注意点は以下の3つです。

  1. ゴールドは価格変動が激しい
  2. XMにおけるゴールドのスプレッドは狭くない
  3. 少額から取引したいならマイクロ口座を利用する

それぞれ順番に解説していきます。

ゴールドは価格変動が激しい

1つ目は「ゴールドは価格変動が激しいこと」です。

XMが扱っている商品の中でも、圧倒的に価格変動が大きいのがゴールドです。1年間で30%以上価格が変動することもあるので、ハイリスクな商品だといえるでしょう。

ゴールドの価格変動が激しくなるタイミングは以下の通りです。

  • アメリカの指標・雇用統計の発表前後
  • 週末に近い木曜日と金曜日

一方で、価格変動の激しさは「短期間で大きな利益を狙うことができる」ことを意味します。

また、XMはゼロカットシステムを採用しているため、急な相場変動で口座残高がマイナスになれば、そのマイナス分を会社が負担してくれるというメリットがあります。

資金管理・レバレッジ管理に細心の注意を払いつつ、ハイリターンを狙いましょう!

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)のスプレッドは狭くない

2つ目は「XMにおけるゴールドのスプレッドは狭くない」ということです。

各海外FX業者が設定するゴールドの平均スプレッドをまとめた結果が、以下になります。

海外FX業者ゴールドの平均スプレッド
XM3.5 pips
AXIORY3.2 pips
ThreeTrader1.3 pips
Exness2.0 pips
海外FX業者が設定するゴールドの平均スプレッド

上記の表を見れば分かるように、XMにおけるゴールドの平均スプレッドはさほど狭くありません。

日本人からの人気が高いExnessと比較しても、1.5pipsの開きがあります。

事実、スプレッドが狭ければ狭いほど、低コストでの取引が可能です。しかし、ゴールドに関しては、価格変動が激しいため、このくらいのスプレッドの差はあまり関係ないとも言えるでしょう。

スキャルピングをしたい方などスプレッドの狭さが重要でない限り、XMでゴールドの取引をしても、それほど問題にはなりません。

XMのKIWAMI極口座なら、平均1.5pipsとスプレッドの値が低いため、スプレッドが気になる方におすすめです!

少額から取引したいならマイクロ口座を利用する

3つ目は「少額から取引したいならマイクロ口座を利用する」です。

一瞬で自己資金を失うリスクを恐れ、少額からゴールド取引を始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、1万円からスタートできる「マイクロ口座」をおすすめします。

1ロットあたりの単位が小さいマイクロ口座であれば、スタンダード口座に比べて損益の変動額が小さくなります。そのため、ゴールド取引に慣れるところから始めたい初心者の方や、あまりFXに回せる資金がない方におすすめです!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XM(XMTrading)のゴールド(GOLD/金)取引に関するQ&A

XMでゴールドは取引可能ですか?

可能です。XMはゴールドを商品として扱っています。

XMのゼロ口座を持っているのですが、ゴールドは取引できますか?

できます。XMでは、どの口座タイプでもゴールド取引が可能です。

ゴールド取引の経験がないのですが、どの口座タイプがおすすめですか?

XMのマイクロ口座がおすすめです。少額の1万円から取引を始めることができるので、リスクを抑えて取引することが可能です。

XMのゴールド取引では、どの口座タイプのスプレッドが一番狭いですか?

KIWAMI極口座が最も狭いスプレッドを誇る口座タイプで、その平均スプレッドは1.5pipsです。

クリスマスや年末年始の取引可能時間は普段と変わりますか?

日によって終日取引不可・短縮が考えられます。毎年変わるので、公式サイトで確認してください。

XMのデモ口座でもゴールド取引を始められますか?

始められます。リアル口座・デモ口座に関わらず、ゴールド取引が可能です。

必要証拠金やスワップポイントを自分で計算するのが面倒です。

オールインワン計算ツールを活用しましょう。簡単な情報の入力だけで一瞬&自動で計算することができます。

ゴールド取引で失敗したときの追証が怖いです。

XMはゼロカットシステムを導入しています。ゴールド取引もゼロカットシステムの適用対象なので、追証が発生することはありません。相場が急変動した際、口座のマイナス分はXMが負担してくれます。

XMにおけるゴールドのスワップポイントはいくらですか?

最近の傾向として、買いが-2,000円~-3,000円、売りが1,000円~3,000円で変動しています。スワップポイントは毎日変動するので、オールインワン計算ツールでチェックしてみてください。

XMにおいてゴールドの1pipsはいくらですか?

XMにおけるゴールドの1pipsは0.1ドルです。

XM(XMTrading)でゴールド(GOLD/金)取引を始めるまとめ

この記事では、XMでゴールドを取引する前に知っておくべき基本的な知識&実際の取引手順を解説してきました。

ゴールドは、価格変動が激しく、短期間に大きな利益を狙える一方で、自己資金を一度に失ってしまう可能性もあるハイリスク・ハイリターンな商品です。

ぜひ13,000円の口座ボーナスを元手にしたり、少額から始められるマイクロ口座を利用したりして、リスクを抑えながら大きな利益を狙ってください!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

目次