プロが使うFX会社を海外の億トレーダーが厳選!重視すべきポイントも解説

プロが使う海外FX会社

専業トレーダーを含むFXのプロは、初心者とは違う視点で海外FX業者を選んでいます。

せっかくトレードスキルが成長し、より多くの利益をFXで狙いたいと思っても、業者・口座選びを間違ってしまうと本来の実力を発揮できません。

そこでこの記事では、プロトレーダーが業者・口座選びをする際に意識しているポイントや、実際に使っているおすすめFX業者について解説していきます!

「プロが使うFX会社を知りたい」「海外FXのプロトレーダーがどのような取引環境でトレードしているかを知りたい」という方は、是非参考にしてください。

なお、FX初心者~上級者まで幅広い方が満足に使えるFX業者を知りたい方は、海外FX業者おすすめ比較ランキングをチェックしてみてください。

目次

プロが使うFX会社【海外ランキング】

海外FXを行うにあたって、プロトレーダーはどこの業者を利用するのがいいのでしょうか。

ここでは、プロにおすすめの海外FX業者をランキング形式で解説します!

海外FX業者口座タイプ解説部分
XMKIWAMI極口座解説をチェック
Exnessプロ口座解説をチェック
AXIORYナノ・テラ口座解説をチェック
iFOREXエリート口座解説をチェック
FXGTプロ口座解説をチェック
ThreeTraderRawゼロ口座解説をチェック
TitanFXブレード口座解説をチェック
BigBossプロスプレッド口座解説をチェック
TradeviewMT4 X Leverage口座解説をチェック
HFMマイクロ口座解説をチェック
プロが利用するべき海外FX業者ランキング

第1位から順に説明していきます。

XMのKIWAMI極口座

XMのボーナスキャンペーン
XMのKIWAMI極口座
スプレッド0.6pips~
取引手数料無料
最大レバレッジ1,000倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルなし
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第1位は「XMのKIWAMI極口座」です。

業界トップクラスのトレーダー数を抱え、世界で最も審査の厳しいイギリスとキプロスの金融ライセンスを保有するXMは、2022年に新しく「KIWAMI極口座」をリリースしました。

「初心者でも使いやすい」というイメージが強いXMですが、KIWAMI極口座の取引条件はプロ仕様となっています。

KIWAMI極口座は狭いスプレッド&取引手数料ゼロと取引コストが抑えられているだけでなく、1,000倍という高いレバレッジを提供しており、非常に稼ぎやすい環境であると言えるでしょう。

さらに、今なら新規口座開設ボーナス13,000円を使ってXMを無料体験できます!KIWAMI極口座が自分に合っているかどうか確かめたい方は、この機会を是非活用してくださいね!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

Exnessのプロ口座

Exness
Exnessのプロ口座
スプレッド0.1pips~
取引手数料無料
最大レバレッジ無制限(実質21億倍)
ロスカット水準0%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルなし
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第2位は「Exnessのプロ口座」です。

Exnessは月間取引量3兆ドル・月間アクティブユーザー47万人の大手FX業者であり、世界で最も審査が厳しいイギリスとキプロスの金融ライセンスを保有しています。

そんなExnessの最大の魅力は「実質無制限のレバレッジ」&「業界最狭水準のスプレッド」&「ロスカット水準0%」です。

最大21億倍のレバレッジを利用できるだけでなく、証拠金が尽きるまで取引を続けられるので、いわゆる「爆益」を狙えるという点で、非常におすすめの業者であると言えるでしょう。

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

AXIORYのナノ・テラ口座

AXIORY
AXIORYのナノ・テラ口座
スプレッド0.2pips~
取引手数料1ロットにつき往復6ドル
最大レバレッジ400倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルなし
取引ツールMT4/MT5/cTrader
公式サイト公式サイトを開く

第3位は「AXIORYのナノ・テラ口座」です。

AXIORYはスプレッドの低さから10年以上トレーダーに愛用されています。

AXIORYはサポート体制が手厚いことでも有名で、「最も顧客主義のFXブランド」や「最高のカスタマーサービス」といった賞を受賞しています。

信託保全を採用している数少ない業者でもあるので、万が一のリスクを回避したいトレーダーにもおすすめです!

信託保全とは:トレーダーの資金を信託銀行と呼ばれる外部の金融機関に預け、外部の監査機関に管理を委託する資金管理方法のこと。

スプレッドの狭さを最重要視したいスキャルピングトレーダー、デイトレーダーは、業界最狭水準のスプレッドを誇るAXIORYで口座開設してみてくださいね!

\ 業界トップクラスの低スプレッド! /

公式サイト:https://axiory.com/register

iFOREXのエリート口座

iFOREXとの限定タイアップキャンペーン
iFOREXのエリート口座
スプレッド0.7pips~
取引手数料無料
最大レバレッジ400倍
ロスカット水準0%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルあり
取引ツールFXnetView
公式サイト公式サイトを開く

第4位は「iFOREXのエリート口座」です。

2019年にリリースされてから、大幅な取引条件の改善によって多くのトレーダーに愛用されています。

iFOREXは運営歴が20年以上の老舗海外FX業者であることも有名で、安全性や信頼性の高さ、サポートの質の良さは群を抜いています。

CFD銘柄を数多く取り揃えている業者でもあるので、幅広い取引を安全に行いたいトレーダーにおすすめですよ!

\ 入金ボーナスが最大2,000ドルもらえる! /

公式サイト:https://www.iforex.jpn.com/

FXGTのプロ口座

FXGTのボーナスキャンペーン
FXGTのプロ口座
スプレッド0.5pips~
取引手数料無料
最大レバレッジ1,000倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルあり
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第5位は「FXGTのプロ口座」です。

2022年にリリースされてから、順調に利用者を伸ばし続けています。

FXGTのプロ口座は、特にビットコインなどの仮想通貨をトレードしたい方におすすめです。仮想通貨のスプレッドが非常に狭いだけでなく、仮想通貨にレバレッジ上限が設けられていないという他社にはないメリットがあります。

価格変動の激しい仮想通貨に高いレバレッジをかけて取引できるのは、FXGTのプロ口座だけです!仮想通貨取引を考えている方なら口座開設して損のない海外FX業者なので、迷ったら登録しておくことをおすすめします!

なお、プロ口座は対象外ですが、スタンダード+口座なら口座開設ボーナス15,000円を受け取れるため、プロ口座を開設する前にFXGTの取引環境を無料体験したい方におすすめです!

\ 15,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://fxgt.com/register

ThreeTraderのRawゼロ口座

ThreeTrader(スリートレーダー)
ThreeTraderのRawゼロ口座
スプレッド0.0pips~
取引手数料1ロットにつき往復4ドル
最大レバレッジ500倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルなし
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第6位は「ThreeTraderのRawゼロ口座」です。

ThreeTraderは、現在最も狭いスプレッドを提供している海外FX業者です。

ボーナスキャンペーンは全く実施しておらず、最大レバレッジも平均的な値です。しかし、これらのデメリットを上回るほどスプレッドが狭く、取引手数料も1ロットにつき4ドルしかかかりません。

また、ストップレベルも設定されていないため、スキャルピングトレーダーにとって最高の取引環境となっています。

ストップレベルとは:指値や逆指値といった注文を行う際に、現在価格から最低限離さないといけない値幅のこと。

「ボーナスよりも稼ぎやすい取引環境を優先したい」という方は、スプレッドの狭さに定評のあるThreeTraderを使ってみてくださいね!

\ 最狭スプレッドを誇る海外FX業者! /

公式サイト:https://threetrader.com/register

TitanFXのブレード口座

TitanFX
TitanFXのブレード口座
スプレッド0.0pips~
取引手数料1ロットにつき往復7ドル
最大レバレッジ500倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルなし
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第7位は「TitanFXのブレード口座」です。

TitanFXは、日本でのサービス運営歴も長く、入出金や取引環境に関する悪い口コミも見られないFX業者です。

また、高い約定力と狭いスプレッドを評価されていて、現在プロトレーダーを中心に注目が集まっています!

特にゴールドの平均スプレッドが業界最狭レベルなので、貴金属ペアなどのCFD銘柄を扱いたいならTitanFXがおすすめです!

BigBossのプロスプレッド口座

当サイト経由限定!BigBossのボーナスキャンペーン
BigBossのプロスプレッド口座
スプレッド0.2pips~
取引手数料1ロットにつき往復9ドル
最大レバレッジ1,111倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルあり
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第8位は「BigBossのプロスプレッド口座」です。

BigBossは、2013年に設立された海外FX業者で、セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンスを所持しています。

約定力の高さ&狭いスプレッドに定評があり、特にプロスプレッド口座はトータルの取引コストを抑えられると専業トレーダーからも人気です!さらに、取引に応じてBigBossポイントが貯まるので、取引するほどお得になります。

最大レバレッジは1,111倍と平均よりも高めで、追証なしのゼロカットシステムも採用しているため、証拠金不足による借金に悩まずにハイレバ取引したい方にもおすすめです!

\ 5,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

TradeviewのMT4 X Leverage口座

Tradeview
TradeviewのMT4 X Leverage口座
スプレッド0.2pips~
取引手数料無料
最大レバレッジ500倍
ロスカット水準100%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルなし
取引ツールMT4/MT5/cTrader
公式サイト公式サイトを開く

第9位は「TradeviewのMT4 X Leverage口座」です。

Tradeviewは業界最狭水準のスプレッドを提供している上に、取引に関する禁止事項がほとんどなく、自由度の高い取引ができる海外FX業者です。

MT4 X Leverage口座は62種類もの通貨ペアを取り揃えている上、6種類の仮想通貨で利益を狙うことも可能です!また、無数のインジケーター・EAを用意しているため、さまざまな機能を活用して理想的な取引を行えるでしょう。

ゼロカットシステム100%と海外FX業者の中では厳しい水準ですが、資金管理さえ気を付ければ有利に取引を進められる業者なので、是非口座開設してみてください!

\ 業界最狭クラスのスプレッド! /

公式サイト:https://tradeviewforex.com/

HFMのマイクロ口座

HFM
HFMのマイクロ口座
スプレッド1.0pips~
取引手数料無料
最大レバレッジ2,000倍
ロスカット水準10%
ゼロカットシステムあり
ストップレベルあり
取引ツールMT4/MT5
公式サイト公式サイトを開く

第10位は「HFMのマイクロ口座」です。

HFMは旧HotForexとして運営していた海外FX業者で、金融ライセンスはセントビンセント・グレナディーン諸島から取得しています。

そんなHFMの魅力は、1,000種類以上ある取り扱い銘柄数です。また、マイクロ口座なら最大レバレッジ2,000倍をかけられる&ロスカット水準10%と低めなので、資金効率を上げて取引したい方におすすめです。

さらに、透明性の高いNDD STP方式を採用しているため、理不尽な不正操作を避けたい方にもおすすめですよ!

\ 【期間限定】20%入金ボーナスがもらえる! /

公式サイト:https://www.hfm.com/

プロが使うFX会社(海外)の選び方

プロトレーダーが海外FX業者を選ぶ際、どのような点を重視しているのでしょうか。

重要となるポイントとして、以下の8つが挙げられます。

  1. 金融ライセンスの有無
  2. 資金管理方法
  3. 平均スプレッドの狭さ
  4. 最低入金額・最大ロット・ポジション数
  5. 追証リスク
  6. 約定方式
  7. 入出金にかかる時間
  8. レバレッジの高さ・制限

上から順に説明していきます!

金融ライセンスの有無

1つ目は「金融ライセンスの有無」です。

海外FX業者は日本の金融庁や法律に関わらず運営できるので、海外FX業者を利用する際は「トレーダーの自己責任」となります。つまり、トレーダー自身で海外FX業者の安全性・信頼性の高さを見極めなければいけません。

このとき、1つの指標となるのが「どこの金融ライセンスを保有しているか」です。取得難易度は、以下のように金融ライセンスによって異なります。

金融ライセンス取得難易度保有している海外FX業者
イギリス金融行動監視機構(FCA)非常に難しいExnessグループ, XMグループ
キプロス証券取引委員会(CySEC)非常に難しいExnessグループ, XMグループ
モーリシャス金融サービス委員会(FSC)標準TitanFXなど
バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)標準ThreeTraderなど
英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC)簡単iForexなど
セイシェル共和国金融庁(FSA)簡単日本人向けのExnessやXM
海外FX業者の金融ライセンス

たとえば、世界で最も審査が厳しいとされるイギリスの金融ライセンスは、会社の資本金・顧客の資金管理方法・サポート体制・外部機関による監査など、多くの条件をクリアしないと保有することができません。

もし金融ライセンスを持っていない、または見せかけの金融ライセンスのみ所持している業者で取引した場合、資金の持ち逃げや理不尽な出金拒否に遭う可能性もあります。本格的に稼ぎたい場合は、安全な業者のみを選びましょう。

資金管理方法

2つ目は「資金管理方法」です。

海外FX業者の資金管理方法は「信託保全方式」「分別管理方式」の2種類に分けられます。

これらは、利用しているFX業者が倒産した場合やハッキング被害で資金が流出した場合にトレーダーの資金を保護してくれる制度で、次のような違いがあります。

信託保全方式トレーダーの資金は信託銀行が管理し、資金補償義務もある
分別管理方式トレーダーの資金と業者の運営資金を別の場所で管理する

このように、信託保全形式の方が安心して自己資金を預けられます。海外FX業者で信託保全形式を採用しているところは数少ないものの、万が一の際にも自己資金を守りたいのであればAXIORYTradeviewを選ぶようにしましょう。

平均スプレッドの狭さ

3つ目は「平均スプレッドの狭さ」です。

プロトレーダーの中でも、特にスキャルピングトレーダーにとって最大のポイントとなるのが「取引コスト」です。

スキャルピングとは:数秒や数分単位での短期売買を繰り返し、小さな利益を積み重ねていく手法のこと。

何度も売買を繰り返し、小さな利益を積み上げていくためには、取引手数料を抑えなければいけません。

せっかく短期取引で稼げても、取引コストがかさんでしまっては手元に残る利益は少なくなってしまいます。そのため、特別な理由がなければ、なるべくスプレッドの狭い業者を選ぶようにしましょう!

ちなみに、下記の記事では各海外FX業者のスプレッドを口座タイプ・通貨ペア別に調査しています。スキャルピングをしたい方、できるだけ取引コストを抑えて取引したい方はぜひご覧ください。

最低入金額・最大ロット・ポジション数

4つ目は「最低入金額・最大ロット・ポジション数」です。

海外FX業者の最低入金額は500円~5,000円前後に設定されていることがほとんどです。

ローリスクで新しい海外FX業者を試したい方や、トレード戦略が有効かを確認したい方は、最低入金額の低い業者を選んだ方が良いでしょう。

また、大きな利益を狙うプロトレーダーであれば、一度にどのくらいの単位を注文できるか(最大ロット・最大ポジション数)も確認しておきましょう。

例えば、AXIORYはポジション制限がないため、大口トレーダーにもおすすめです。

追証リスク

5つ目は「追証リスク」です。

ゼロカットシステムを搭載している海外FX業者であれば、ロスカットに遭っても口座残高を超える損失額を補填してくれるため、追証リスクを気にせずに取引できます。ちなみに、国内FX業者は金融庁の規制により搭載できません。

また、「証拠金残高が何割減ったらロスカットが執行するか」を示すロスカット水準も重要です。ロスカット水準が低いほど一時的な損失にもギリギリまで耐えることができるため、プラスに転じる可能性を狙いやすくなります。

海外FX業者ロスカット水準
Exness0%
iFOREX0%
HFM10%
XM20%
FXGT20%
AXIORY20%
ThreeTrader20%
TitanFX20%
BigBoss20%
Tradeview100%
プロが利用するべき海外FX業者のロスカット水準ランキング

たとえば、ロスカット水準が100%の場合、証拠金維持率が100%を切ると損失額が大きいポジションから自動で決済されます。

この「ロスカット水準の低さ」はハイレバレッジと非常に相性の良い条件なので、しっかりチェックしておきましょう!

Exness・iFOREXのロスカット水準は0%、つまり証拠金が尽きるまでポジションを持ち続けることができます。

特にExnessは最大レバレッジ無制限&業界最狭水準のスプレッドと、プロが稼ぎやすい取引環境なので、迷ったら口座開設することをおすすめします!

公式サイト:https://www.exness.com/accounts

約定方式

6つ目は「約定方式」です。

プロトレーダーの多くは、高い透明性・公正性が魅力の「NDD方式」を採用する業者を選んでいます。

そもそもNDD方式とは「トレーダーの注文がインターバンク市場に直接流されて約定する方式」のことです。NDD方式によってトレーダーは理不尽な価格操作を受けることなく、利益をそのまま受け取れます。

XMFXGTAXIORYなどはNDD方式を採用しており、約定力も申し分ないので、是非使ってみてください。

入出金にかかる時間

7つ目は「入出金にかかる時間」です。

取引において、最も大切となるのが「タイミング」です。そのため、プロのトレーダーは一瞬一瞬の好機を逃さないように、常に注意を払っています。

海外FX業者入出金にかかる時間
XMとても速い
FXGTとても速い
AXIORYとても速い
iFOREXとても速い
ThreeTrader速い
TitanFX速い
Exness速い
BigBoss速い
Tradeview速い
HFM速い
プロが利用するべき海外FX業者の入出金スピードランキング

入出金の反映時間が短ければ短いほど、思った通りのタイミングで注文&決済ができるようになるため、「入出金にかかる時間はどれくらいか」ということも、業者選びのポイントの1つにすると良いでしょう。

レバレッジの高さ・制限

8つ目は「レバレッジの高さ・制限」です。

レバレッジが高ければ高いほど、少額の証拠金で大きな利益を狙えます。また、レバレッジが高いほど必然的に大きなポジションを保有することになるため、利益が出れば多額の資金が手に入ります。

ただし、プロトレーダーの場合、「どれくらいまでレバレッジ倍率が制限されるか」や「どれくらいの間レバレッジが制限されたままなのか」も重視しないと、最大レバレッジをかけられなくなる可能性もあります。

具体的には、以下の条件でレバレッジ制限をかけられるケースが多いです。

海外FXにおけるレバレッジ制限
  • レバレッジ上限のある口座タイプ・取引ツールを利用している
  • レバレッジ上限のある銘柄を取引しようとしている
  • 証拠金残高が一定の金額を超えてしまった
  • 経済指標の発表前後である

上記の通り、経済指標の発表前後にはレバレッジが制限されます。しかし、このタイミングは値動きが大きくなる好機でもあるため、レバレッジが制限される時間が短い業者であるほど、プロトレーダーからの人気は高いです。

SNSや掲示板などを利用して、各業者のレバレッジ制限について調べてみることをおすすめします!

プロが使うFX会社(海外)の取引ツールおすすめ【MT4/MT5】

海外FXのプロトレーダーは、「MT4」「MT5」を使っている人がほとんどです。

ここでは、2つの取引ツールの特徴や違いについて解説していきます。

  • MT4
  • MT5

それぞれ見ていきましょう。

MT4(メタトレーダー4)

MT4の特徴
  • 公開されているカスタムインジケーターの種類が豊富
  • 利用できるEAの種類も豊富
  • ほとんどのFX業者がMT4に対応している

MT4は世界中に多くのユーザーを抱える取引プラットフォームです。その分、便利な使い方やトラブルの解決方法などの情報も見つけやすいので、FX初心者にありがちな疑問や不明点もすぐに解決できるでしょう。

最大のメリットはインジケーターや自動売買プログラムがMT5よりも充実していることにあります。今後数年間は、MT5にユーザー数を追い越される可能性は少ないため、集合知を活用したいのであればMT4がおすすめです。

MT5(メタトレーダー5)

MT5の特徴
  • 動作がスムーズ
  • 全体的にスペックが向上
  • チャートや注文機能が充実

MT5は、MT4の上位互換にあたる取引プラットフォームです。動作スピードを始め、時間足の種類や気配値ウィンドウなどもMT5の方が優れています。

MT5への移行はなかなか進まないのは、MT5用のカスタムインジケーターや自動売買システムの種類が少ないからだと考えられています。そのため、裁量トレードをメインにする方であれば、MT5を使うことをおすすめします!

「MT4とMT5のどちらを使おうか迷っている」「実際に使い勝手を確かめたい」という方は、両方使えるXMをおすすめします!

XMなら新規口座開設ボーナス13,000円を使ってMT4/MT5の使い勝手を無料で確かめることも可能です!今だけ受け取れる豪華なボーナスなので、早めに口座開設しましょう!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

プロが使うFX会社に海外も多い理由

プロのトレーダーは、なぜ国内FXではなく海外FXを利用しているのでしょうか。

主に以下の6つの理由が考えられます。

  1. ゼロカットシステム搭載で追証リスクを恐れる必要がない
  2. ハイレバで少額からでも大きな利益を狙える
  3. MT4/MT5を使ってFX取引できる
  4. キャッシュバックや口座開設ボーナスが豪華
  5. 最大ロット(取引量)・ポジション数(注文回数)が多い
  6. 数千万~億単位の出金実績がある

上から順に説明していきます!

ゼロカットシステム搭載で追証リスクを恐れる必要がない

1つ目の理由は、「ゼロカットシステム搭載で追証リスクを恐れる必要がない」です。

国内FXでは、損失によって口座残高が必要な保証金の額を下回った場合、不足分の保証金を追加で入金しなくてはなりません。これを「追証」と言います。

これに対し、ほとんどの海外FX業者は「ゼロカットシステム」を導入しています。相場の急変動が発生し、口座残高がマイナスになった際、そのマイナス分を会社が負担してくれるという制度です。

そのため、入金額以上の損をすることも、借金を負うこともありません。ゴールドのような値動きが激しい商品を扱っているプロトレーダーにとって、大きなメリットであると言えるでしょう。

ハイレバで少額からでも大きな利益を狙える

2つ目の理由は、「ハイレバで少額からでも大きな利益を狙えるです。

日本のFX業者は金融庁によって定められた規則を守ることで運営を許されており、この規則の1つに「レバレッジは最大25倍まで」というものがあります。

一方、日本の金融庁による規制を受けない海外FX業者はトレーダーに高いレバレッジを提供することができます。

海外FX業者最大レバレッジ
Exness実質無制限
HFM2,000倍
BigBoss1,111倍
XM1,000倍
FXGT1,000倍
AXIORY1,000倍
※マックス口座のみ
ThreeTrader500倍
TitanFX500倍
Tradeview500倍
AXIORY400倍
iFOREX400倍
プロが利用するべき海外FX業者のレバレッジランキング

高いレバレッジをかけるほど、少額の証拠金から大きなリターンを狙うことができるようになります。

そのため、プロのトレーダーは高いレバレッジを提供している海外FX業者を利用しているのです。

なお、下記の記事では195社の海外FX業者のレバレッジを比較して、おすすめの業者を紹介しています。ハイレバ取引に興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

MT4/MT5を使ってFX取引できる

3つ目の理由は、「MT4/MT5を使ってFX取引できる」です。

国内FX業者を利用する際、それぞれの会社が出している独自の取引ツールを使わなくてはなりません。

一方、多くの海外FX業者はMT4(MetaTrader4)」か「MT5(MetaTrader5)の2つを取引ツールとして採用しています。

MT4・MT5は高機能であるだけでなく、他社のMT4・MT5を同時に起動させたり、1つのMT4・MT5上に、同じ業者の別アカウント、または別の業者のアカウントを複数登録したりすることが可能です。

使い慣れた取引ツール一本で取引できるということも、海外FXならではの魅力です!

「MT4とMT5のどちらを使おうか迷っている」「実際に使い勝手を確かめたい」という方は、両方使えるXMをおすすめします!

XMなら新規口座開設ボーナス13,000円を使ってMT4/MT5の使い勝手を無料で確かめることも可能です!今だけ受け取れる豪華なボーナスなので、早めに口座開設しましょう!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

キャッシュバックや口座開設ボーナスが豪華

4つ目は「キャッシュバックや口座開設ボーナスが豪華」です。

キャッシュバックは取引量に応じて一定の金額がトレーダーに還元されるサービス、口座開設ボーナスは海外FX業者に登録するだけでトレード資金として使えるボーナスを受け取れるサービスのことです。

これらのキャンペーンはトレーダーに多くのメリットがあることから、FX初心者はもちろん、プロトレーダーにも好評です。

特にプロトレーダーは損失リスクを軽減して、利益を最大化するために活用することが多いようです。基本的に取引スペックの高い業者はこのようなサービスを提供していませんが、XMiFOREXなら両立しているのでおすすめです!

最大ロット(取引量)・ポジション数(注文回数)が多い

5つ目は「最大ロット(取引量)・ポジション数(注文回数)が多い」です。

海外FX業者の最大ロットは国内FX業者よりも圧倒的に大きく、最大1,000ロット(=1億通貨)取引できるところもあります。

大きなロットで取引すると、一度に得られる利益も大きくなるため、より多くの利益を狙いたいプロトレーダーにとって非常に魅力的な要素となるでしょう。

さらに、海外FX業者はポジション数も多く、さまざまな戦略を同時に試してリスク分散を図ったり、異なるトレードスタイルを採用したりすることも可能です。

このように、最大ロット・ポジション数の多い海外FX業者は、トレーダーが比較的自由に取引できる環境を整えていると評価できます。理想のトレードスタイルがある方は、是非海外FX業者で取引してみましょう。

数千万~億単位の出金実績がある

6つ目は「数千万~億単位の出金実績がある」です。

海外FX業者の中には、数千万~数億円の出金実績を公開しているところもあります。

高額出金を行えるということは、資金の流動性が高く、安定した運営をしているとも評価できます。また、高い信頼性・優れたサービスを提供していることの証明にもなります。

プロトレーダーの中には、数千万~数億円の利益を狙っている方も多いことでしょう。スムーズに高額出金できる業者なら安心して取引できるため、以下の記事などを参考に出金実績のある業者を選んでみてくださいね。

プロが使うFX会社(海外)で注意すべきこと

プロトレーダーが海外FXで取引を行う際、どのようなことに気をつけているのでしょうか。

プロは以下の5つの点に注意を払ってトレードをしています!

  1. ボーナスの条件を確認しておく
  2. 海外FX業者の最新情報・利用規約をチェックする
  3. 口座タイプは自分のトレードスタイルに合ったものを選ぶ
  4. ポジション保有中でも出金できるか確認する
  5. 最大ロット数を把握する

上から順に説明していきます!

ボーナスの条件を確認しておく

1つ目は「ボーナスの条件を確認しておく」です。

先ほども述べた通り、海外FX業者はトレーダーを惹きつけようと多くのボーナスを提供していますが、その内容や獲得条件は業者によってさまざまです。

例えば、クッション機能がない場合はトレード資金として使えないため、高額ボーナスであっても活用することは困難です。また、有効期限が短い場合、自分のしたい取引に活かしにくいと感じるでしょう。

さらに、海外FXで受け取ったボーナスそのものは出金できません。取引して得た利益は出金できますが、取引量や入金実績、ポジション保有を満たさないと出金手続きを行えないため、事前にボーナス規約を確認しておいてください。

海外FX業者の最新情報・利用規約をチェックする

2つ目は「海外FX業者の最新情報・利用規約をチェックする」です。

プロトレーダーの多くは業者の公式SNSなどで、最新ニュースや提供サービスの更新、重要な規制情報などの発表がされていないかをこまめにチェックしています。

また、全ての海外FX業者が取引にルールを定めていますが、これに違反した取引を行うと、口座凍結・利益没収・出金拒否などの甚大な被害を被ることになります。

そのため、プロは利用規約のチェックを厳重に行ってからトレードを開始しています。

実際に多くのFX業者が禁止している取引として、以下のようなものが挙げられます。

海外FX業者が禁止している行為の例
  • 複数アカウントの作成によるボーナスの不正受給
  • アービトラージ(裁定取引)
  • 複数口座・複数業者の口座を使った両建て取引
  • 遅延やレートエラーを狙った取引
  • 経済指標発表時のみを狙ったハイレバレッジ取引
  • ボーナスを悪用した両建て取引
  • 窓開けのみを狙ったハイレバレッジ取引

悪意の有無に関わらず、利用規約の違反にはペナルティが課されます。新しいFX業者を利用する際は、必ず利用規約を読むようにしましょう!

口座タイプは自分のトレードスタイルに合ったものを選ぶ

3つ目は「口座タイプは自分のトレードスタイルに合ったものを選ぶ」です。

ほとんどの海外FX業者が「STP口座」と「ECN口座」の2つの口座タイプに対応しています。

STP口座とは:「インターバンク市場に提示された複数の価格の中から、トレーダーにとって最も有益な価格を自動的に選択して、売買を成立させる」という方式(STP方式)を採っている口座のこと。

ECN口座とは:「インターネット上に取引所があり、直接市場参加者同士が取引によって売買を行う」という方式(ECN方式)を採っている口座のこと。

STP口座とECN口座の具体的な違いは、以下の通りです。

口座タイプSTP口座ECN口座
レバレッジ 高い 低い
最低入金額 少ない 多い
ボーナスキャンペーン あり なしの口座が多い
スプレッド 広い 狭い
取引手数料 なし あり
約定拒否・スリッページ 少ない少ない
STP口座とECN口座の比較

STP口座には「ハイレバレッジ」「豪華なボーナスキャンペーン」というメリットを持つ反面、スプレッドが広く、プロトレーダーからはあまり好まれません。

一方、ECN口座のスプレッドは狭く、取引手数料を含めても取引コストを抑えられるため、多くのプロトレーダーに利用されています。

短期トレードと長期トレードのどちらをメインにするかでも適切な口座タイプは変わってくるので、自分の取引スタイルを確立しているのであれば、それに合った口座タイプを選ぶようにしましょう。

ポジション保有中でも出金できるか確認する

4つ目は「ポジション保有中でも出金できるか確認する」です。

「ポジション保有中に出金できる」ということは、トレーダーにとって大きなメリットになります。

1つ例を挙げるので、一緒に考えてみましょう。

ポジション保有中に出金するメリット
STEP
30万円を入金して取引した

30万円を口座に入金し、取引を行ったとします。

STEP
20万円の利益を出した

20万円の利益を出したため、入金額の30万円と合わせて口座の金額が50万円になりました。

STEP
30万円出金する

このとき、業者によってはポジション保有中でも出金することができます。

入金額の30万円を引き出しておくことで、今後どれだけの損失が出てしまっても「最悪プラマイゼロ」の損害で済ませることができるようになります。

上記の例のように、ポジション保有中にお金を引き出すことで、取引の途中でも利確できます。

ハイレバレッジをかけて取引する際、出金できるかできないかで立ち回りが大きく変わってくるため、プロトレーダーは必ずこの点を確認しています。

海外FX業者出金の条件
Exnessいつでも出金可能(条件なし)
XM証拠金維持率が150%を下回らない範囲でなら可能
FXGT証拠金維持率が110%を下回らない範囲でなら可能
海外FX業者ごとのポジション保有中の出金

実際にポジション保有中の出金が可能な業者として、上記の3社が挙げられます。特にExnessは自由に出金できるので、利益をすぐに引き出したい方にもおすすめです!

最大ロット数を把握する

5つ目は「最大ロット数を把握する」です。

最大ロット数とは1回の注文でエントリーできるロット数の上限のこと。

多額の証拠金を使って取引したいとき、最大ロット数の値が大きいと、より少ない回数の注文で完結することができます。

そのため、プロは事前に各FX業者の最大ロット数を把握してからトレードを開始しています。

海外FX業者最大ロット数
AXIORY1,000ロット
ThreeTrader800ロット
Exness200ロット
FXGT200ロット
TitanFX100ロット
Tradeview75ロット
XM50ロット
iFOREX50ロット
BigBoss50ロット
HFM7ロット
プロが利用するべき海外FX業者の最大ロット数ランキング

利用する海外FX業者によっては、特定の時間帯において最大ロット数に上限を設けられる場合があります。詳しくは公式サイトやSNSの口コミなどを参考にしましょう。

本記事で紹介した海外FX業者のうち、最も大きなロット数で取引できるのはAXIORYです!多額の証拠金を使って取引する予定の方は、AXIORYで口座開設することをおすすめします。

海外FX業者のロット比較結果を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

プロが使うFX会社(海外)に関するよくあるQ&A

プロが使う海外FX業者はどこでしょうか?おすすめを教えてください。

XMのKIWAMI極口座」や「Exnessのプロ口座」などがおすすめです。安全性・信頼性だけでなく、それぞれの取引コスト・レバレッジ・ロスカット水準などを比較して、利用する業者を決めましょう。

プロが利用している海外FX業者にはどのような共通点がありますか?

主に以下のような共通点が挙げられます。

  • 安全性・信頼性に優れている
  • 入出金の反映が早い
  • スプレッドが狭い
  • 高いレバレッジを利用できる
  • ロスカット水準が低い
なぜプロは海外FX業者を利用しているのですか?

海外FX業者を利用すると、以下のようなメリットがあるからです。

  • 高いレバレッジをかけることができる
  • 追証のリスクを恐れる必要がない
  • 高機能な取引ツールを使うことができる
プロになるためには海外FX業者でいくら稼ぐ必要がありますか?

一概には言えませんが、継続的に年間1,000万円を稼げるようになれば、専業としてプロトレーダーになることを検討できるようになるでしょう。

海外FXのプロはどのような取引環境でトレードしていますか?

海外FXのプロトレーダーの多くは、MT4またはMT5を利用しています。これらの違いをまとめたものがこちらです。

項目MT4MT5
動作スピード遅い早い
時間足9種類21種類
気配値ウィンドウ少ない多い
モバイルアプリ少ない多い
板情報なしあり
標準搭載のインジケータ30種類38種類
カスタムインジケータ・EAの数豊富少ない
対応しているFX業者ほぼ対応一部のみ
プロが海外のFX会社を選ぶ際に見ているポイントを教えてください。

海外FXのプロトレーダーは「信頼性」「資金の管理方法」「平均スプレッドの狭さ」などをチェックしています。

プロの使う海外FX業者を利用するリスクはありますか?

プロの使うFX会社を利用する際は、ボーナスの条件や業者の最新情報、口座タイプなどをチェックすることでリスクを回避できます。

プロが使うFX会社海外ランキング【まとめ】

この記事では、業者&口座タイプ選びのポイントからプロトレーダーにおすすめの業者まで詳しく解説してきました。

プロとして海外FXで稼ぐには、初心者よりも慎重かつ徹底的に業者ごとの特徴を比較しなければなりません。

公式サイトやSNSで事前に情報を収集したり、実際に複数の口座を試してみたりして、自分に最適な業者&口座タイプを見つけましょう!

最後に、プロにおすすめする海外FX業者の一覧を再度載せておきます。

海外FX業者口座タイプ解説部分
XMKIWAMI極口座解説をチェック
Exnessプロ口座解説をチェック
AXIORYナノ・テラ口座解説をチェック
iFOREXエリート口座解説をチェック
FXGTプロ口座解説をチェック
ThreeTraderRawゼロ口座解説をチェック
TitanFXブレード口座解説をチェック
BigBossプロスプレッド口座解説をチェック
TradeviewMT4 X Leverage口座解説をチェック
HFMマイクロ口座解説をチェック
プロが利用するべき海外FX業者ランキング

なお、現在XMでは口座を開設するだけで13,000円分のボーナスがもらえるキャンペーンを開催しています。是非この機会にXMで口座を開設して、ボーナスを利用した取引を体験してみてくださいね!

\ 13,000円のトレード資金が必ずもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

目次